犬がマウンティング、相手に覆いかぶさるのはどういう意味?


今回のテーマは、

犬がマウンティング、相手に
覆いかぶさるのはどういう意味?

について紹介します。

雄犬はよく人間のひざを抱えて
マウンティングをする事があります。

特に女性の愛犬家が
雄犬に狙われやすいです。

ここを勘違いして、

雄犬は人間の女性のにおいに
性欲が刺激されるのだ

と思い込んでいる人もいますが、

これは違います。

確かに犬はその体臭から
人間の男性と女性の区別を
知っている事でしょうが、

人間の女性に欲情する
という事はあり得ません。

では犬がマウンティング
相手に覆いかぶさる仕草を
する理由や意味は何なのでしょうか?

スポンサーリンク

犬のマウンティングはどういう意味?

通説は二つあり、

「少しでも優位に立とう
とする支配性を示すため」

「性的に興奮しているため
(この場合は腰も振る)」

というのが犬がマウンティングを
する意味だと言われています。

イギリスの獣医師である

ブルース・フォーグルは

『ドッグズ・マインド』の中で

「子犬にとってマウンティングは
単なる支配的行動である」

と言っています。

しかし実際にはもう少し深い意味があり、

マウンティングには次の
三つの意味があると言います。

1.力の誇示

2.性愛の表現

3.遊びとコミュニケーション

犬が相手に覆いかぶさる理由とは?

1.の力の誇示の場合、

お互いの顔に緊張が走ります。

上になっている犬は
可能な限り相手を抑え込もうと
ムキになる事もあります。

相手の犬に横から近づき、
その動きを止めるようにのしかかるのは、

「支配的行動」と言っても良いでしょう。

特に相手の背の上に
アゴを載せけん制する時には

「どうだ俺の言う事を聞くか?」

という意思表示と思われ、
顔つきも厳しくなります。

2.の性愛の表現は、
いわばセッ○スの前戯のようなものです。

マウンティング自体は
交尾行動ではありません。

3.の遊びコミュニケーションの
手段としてのマウンティングには

一般には知られていませんが、

放し飼い状態の犬の群れの中では
かなり頻繁に行われ、

普通同性間で見られます。

メス同士もやりますし、
親子同士でする事もあります。

このタイプのマウンティングは
穏やかな表情になります。

ちょっとした軽い感覚で行う、
親愛の儀式のつもりなのかもしれません。

欲求不満のはけ口としてのマウンティング

また、幼犬がマウンティングする際は、

支配関係の確認ではなく、
成犬の真似をしていて遊んでいると
考えられます。

以前、母と娘のシェバードが
マウンティングをする
所を見かけた事がありますが、

二匹の発情期はほぼ同じで、

この時期には珍しくない
光景だと言います。

そして覆いかぶさる方は
必ず優位の犬だそうですが、

そのシェパードの例では、

尻から抱えたのが母犬で、
抱え込まれていたのが娘犬でした。

また、抱えるのがメス犬で
抱え込まれるのがオス犬という例もあります。

犬の社会でのランクづけは
原則としてオスが上になり、

群れの仲に同胎犬がいれば、
同胎でもオスの方が上になります。

また多少年齢が下でも
オスはメスより上になる事が多いです。

ところが母と子ほどの差になると、
メスがオスよりも上位になる事もあります。

特にオス犬が人間の
膝にマウンティングをするのは、

欲求不満のケースも多いです。

どこからともなくメスの
発情臭が匂ってくると、

人の膝にも覆いかぶりたくなる
衝動を覚えるそうです。

最近の雄犬のケースでは
結婚せず一生童貞のまま
終わるケースも多いです。

そして交尾行動が制限される
飼育状況の中で、

マウンティングは「自慰行為」の一つとして
性欲の処理やフラストレーションの吐け口
としても行われる事もあります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>