犬の歯のトラブル、歯石、虫歯、歯周病などの原因と対策方法

犬の歯のトラブル、歯石、虫歯、歯周病などの原因と対策方法
今回のテーマは、

犬の歯のトラブル、歯石、虫歯、
歯周病などの原因と対策方法

について紹介します。

犬の歯は、
人間ほど虫歯になりません。

しかし

「家庭犬の約8割が
何らか知らの歯のトラブルを抱えている」

と言う報告があります。

一体どうしてでしょうか?

一方で、犬の歯は、
人間以上に歯周病や歯肉炎になりやすい

という特徴があります。

歯の汚れと歯周病は
同じではありません。

歯が汚れていなくても、
歯周病が悪化する事も多いのです。

歯周病になると、

歯と歯肉の間の歯周ポケットができ、

外からは見えない顎の中が
腐っていくという恐ろしい病気で、

多くの犬にとっても
リスクとなります。

スポンサーリンク

犬の歯のトラブルの原因と対策方法

3歳以上の犬の8割以上が
歯周病にかかっていると言われています。

この原因は犬と人との唾液の違いにあります。

人間の唾液は酸性です。

酸には歯を溶かす作用があるので、
人間は虫歯になりがちです。

一方で、犬の唾液はアルカリ性なので、

虫歯菌は繁殖しにくい半面、
歯石が付きやすくなります。

歯周病や歯肉炎は、
歯石が原因になって起こる症状です。

また犬の歯によく起こるトラブルが、
もう一つあり、

それが歯のかみ
合わせがうまくいかない

不正交合(ふせいこうごう)です。

これは乳歯から永久歯への
歯の生まれ変わりがスムーズに
いかないのが原因とされ、

(遺伝的な要素もあるそうですが)

歯石が付きやすくなります。

歯周病にかかりやすい犬種は
歯の構造からはっきりしています。

パグ、シーズー、フレンチブルドック、
ボストンテリアなどの短頭種、

またチワワなど顎の小さい小型犬です。

あごが小さいと歯が密接し、
歯垢がたまりやすく、

不正交合が起こりやすいからです。

虫歯、歯石は臓器のトラブルを生む

歯石は、歯周病や歯肉炎、虫歯の
原因になるだけではありません。

内臓にとってもトラブルメーカーで、

そもそも歯石は
食べカスが蓄積した
バイ菌の塊です。

このバイ菌の塊が消化器官に入ると、
下痢やおう吐を誘発します。

血中やリンパ節に入れば
心臓、腎臓、肝臓などの
臓器障害を引き起こす事もあるので

注意しなければいけません。

また、歯周病になれば、
歯根の周囲の内側の骨が減り、

鼻腔内に歯周病による
膿がたまるケースが見られます。

こうした場合の症状は、

慢性的なくしゃみがほとんどで、
風邪やアレルギーと間違え、

飼い主さんにとっても
歯のトラブルとは思わず、

見逃してしまう事があります。

歯のトラブル、歯周病のメカニズム

犬の歯周病は以下のような
メカニズムで起こります。

食べる

歯に歯垢(食べカスを
養分にする最近の塊)がつく

(唾液中の無機質やカルシウムが付着する)

たまった歯垢が石灰化して歯石ができる
(歯石が溜まりやすいのは上顎の臼歯)

歯肉炎、歯周病

歯周病の症状として
まず現れるのは

口臭や腐敗臭です。

犬の口臭が普段より
きつくなったら要注意です。

歯石が溜まってしまった場合は、
獣医師に相談しましょう。

早期の対策が重要です。

遅くなってしまえば、

麻酔下での歯の掃除や
研磨が必要な事もあります。

歯周病の見た目の状態は、

歯肉が腫れたり、
歯周ポケットから臭い歯石、歯垢
や膿が出る程度なので、

見落としがちです。

飼い主の多くは、歯周病が
さらに進行し、

歯がぐらついて始めて気づくようです。

歯のトラブルの対策と乳歯の生え変わる時期

最近では、デンタルケア用の
玩具やおやつも売られています。

確かに清潔な口腔環境の維持に
こうした対処方法は役立つでしょう。

ただし歯周ポケットの
中の歯垢を除去するのはやはり

歯ブラシでの正しい
ブラッシング、

歯磨きを定期的にしてあげる事です。

今後犬の歯磨き法も
紹介していきますが、

犬は生後7カ月までに
乳歯から永久歯に生え換わります。

この時期までに抜けない乳歯を
放っておくと汚れがたまりやすくなります。

永久歯の生えた後も
乳歯が抜けずに残ることがあります。

歯が二重に生えている状態が
二週間以上続くと、

不正交合の原因になりがちです。

後から生えた永久歯の向きによっては、
抜歯が必要な事もあります。

7か月齢を過ぎても
乳歯が抜けない場合には

獣医さんの診断を受けましょう。

犬の歯のトラブルを避けるためにも、
しっかりと対策をしてあげましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>