犬が草を食べる、そして吐く理由と危険な観葉植物、中毒植物

犬が草を食べる、そして吐く理由と危険な観葉植物、中毒植物
今回のテーマは、

犬が草を食べる、そして吐く理由
と危険な観葉植物、中毒植物

について紹介します。

犬と散歩していると
犬がそのあたりに生えた草を
食べている光景に出会う事があります。

またその後すぐに吐く
こともあるのですが、

その姿を見て心配する
飼い主さんがいます。

犬が草を食べる行為自体
基本的に問題ないですが、

また犬が食べると危険な
観葉植物もあるので注意しましょう。

これは安心していい部分と、
安心できない部分があるので、

その理由と対策について
解説します。

スポンサーリンク

犬が草を食べる理由と吐く理由

まず散歩している途中に
草を食べる理由ですが、

それは草そのものではなく、
草の汁を求めているからです。

人間が健康のために
青汁を飲むのと同じように、

犬も肉ばかりの食事で
ビタミン不足を感じると、

草の汁から補おうとするようです。

ビタミン不足を本能的に補う為に、

葉を含まれる葉酸を
摂取する為と言うのです。

犬が草を食べて吐く理由は
諸説あるのですが、

またもう一つの理由は
胃の調子が悪く消化不良を
起こしているのを

治そうとしているというものです。

草を食べ、その後に犬は
たいてい吐いてしまいます。

これは草の繊維質を利用して
本能的に楽になろうとしているのです。

犬は、もともと内臓の
構造や食べ方から、

比較的吐く事が多い動物です。

胃の調子が悪くて吐き気を
催したときや胸焼けを
起こしたときに、

草を食べてその刺激で
吐くという事です。

人間で言うと、

胃酸過多で胃がムカムカする
ような状態のとき、

犬は胃を刺激する草を食べるのです。

草を食べる事で、

胃の中の未消化の食物や
余分な胃酸を吐き出すのです。

草を食べて吐くというのは、

犬が事故の体調を管理するため、
自然に身につけているのでしょう。

犬と猫が草を食べる理由の違い

猫も草を食べる事は
よく知られています。

ペットショップなどには、

猫用の草の鉢植えが
売られています。

部屋に置くと猫は自由に食べます。

これはイネ科の先の
尖った草を食べて、

毛繕いをして身体を
舐めたときに抜けた毛を飲み込み、

それが胃の中に
溜って毛玉になります。

そのため毛玉を草と一緒に
吐き出す為です。

猫の場合、毛玉を
上手く吐き出せないまま、

胃の中に毛玉が
溜ってしまうと、

最悪のときは、
食べる事ができなくなり、

衰弱してしまいます。

しかし犬の場合、

猫の世に毛繕いをして
身体を舐める習性はあまりありません。

草を食べるのは、

猫のように毛玉を吐くために
する為ではないようです。

犬に危険な観葉植物、中毒植物

つまり、犬が草を食べる
行為自体は、

それほど神経質になる
必要はないでしょう。

ただ、この行為が
頻繁に見られるようであれば、

胃炎などの場合も考えられます。

その場合、

獣医師の診断を受けると
よいでしょう。

むしろ注意すべきなのは、

庭などで育てている
観葉植物の中には

犬が食べてしまうと
中毒症状を引き起こす
恐れがあるものもあるので

気を付けてあげましょう。

誰でも一般的に良く知っている
植物の中にも以下のものは注意しましょう。

スズラン、
ヒヤシンス、
シクラメン、
ラッパズイセン、
アマリリス、
ツツジ、
サツキ、
シャクナゲ

などは、見ている分には
美しい植物ですが、

犬にとってはよくありません。

中毒植物なのです。

またポインセチア、ヤドリギ
も中毒の危険といます。

散歩の途中で気づかないうちに
これらの植物を食べてしまって、

家に帰った途端、
嘔吐や下痢などの症状が現れた場合、

中毒の可能性も高いので
すぐに獣医さんの所に連れて行きましょう。

夏場は特に除草剤が
散布される可能性は高いので、

くれぐれも注意をしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>