犬の太り過ぎは病気の原因にもなる、犬の肥満度のチェック方法

犬の太り過ぎは病気の原因にもなる、犬の肥満度のチェック方法
今回のテーマは、

犬の太り過ぎは病気の原因にも
なる、犬の肥満度のチェック方法

について紹介します。

ペット産業はますます
隆盛を極め、

犬の食生活も豊かさを増すばかりです。

そんな中で、

最近の犬にも太りすぎの
肥満が増えています。

しかし犬の太り過ぎは
病気の原因にもなるので注意が必要です。

「自分も人のこと言えないし、、
お腹も出てきたし…」

と犬の肥満を許すのは、

結局愛犬の寿命を
縮める事になるだけです。

「肥満は万病の元」

である事は、

人間にとっても、犬にとっても同じです。

単に「見た目がかっこ悪い」

だけでは済まされない、

と様々な弊害が出てくるのです。

肥満によって、
犬の体内の脂肪が増すと、

様々な病気にかかる
リスクが高まります。

骨や関節などに
負担をかける他、

呼吸器、肝臓、心臓などの
病気も引き起こす可能世があります。

さらには糖尿病などの
生活習慣病にかかる
リスクも増やします。

スポンサーリンク

犬の太り過ぎは病気の原因にもなる

肥満が身体に与える影響について、

一部ですが詳しく見ていきましょう。

まずは、

骨や関節への負担ですが、

体重が増えすぎる事が原因で、

関節炎や、前十字靭帯断裂
などを引き起こす事もあります。

特に太りすぎの犬は
暑い季節がとても辛く、

ハアハアと喘ぐことが多くなります。

さらには腰がふらついたり、

歩き方がおかしいと言ったような
症状を表す椎間板疾患を
引き起こしやすくなります。

次に危険なのが高血圧、
肝機能低下などが挙げられます。

身体が大きくなれば、

必要とする血液量も増える為、

より多くの血液を要求しようと
心臓に負担がかかります。

また脂肪によって、

脂肪を分解する働きを
している肝臓には

許容量以上の脂肪が
送られるため、処理できず、

肝臓に溜め込んでしまい、
体中の機能を低下させます。

それにより、

免疫力が低下してしまい、

心肺機能の低下、皮膚病、
膀胱や甲状腺の異常、脳梗塞、
呼吸困難、腫瘍の発生、
バクテリア、ウィルス感染性
高脂血症など、

様々な病気にかかるリスクが高まります。

また人間同様、
犬も太り過ぎは糖尿病の
原因にもなり、

そこから派生する様々な病が、
大切な愛犬の寿命を縮めることにも
つながっていくのです。

可愛い自分の愛犬を
そんな目に会わせないためにも

肥満が気になるようになったら
即刻、ダイエットをさせることが
飼い主の役目なのです。

肥満のサインを見極めるチェック方法

では、自分の飼い犬が
肥満だというサインは

どこで決めればいいのでしょうか?

まずは脂肪のつき具合で
判断して見ましょう。

犬を立たせてみて、
あばら骨に手を当ててみます。

骨が触れるようであれば
まずは大丈夫です。

骨の感触がちょっと分からない場合は、
脂肪が付き始めた証拠で、要注意です。

さらに、肉の感触しかないなら
あなたの愛犬は完全に肥満と言う事です。

また日ごろから、
犬の体重を計っておき、
記録しておくと言うものも大切なことです。

犬の肥満度のチェック方法として
最も簡単な方法です。

体重を計る方法は色々ありますが、

小型犬や子犬なら
あなたが犬を抱いて

体重計に乗って、
あなたの体重を引くのが一番手軽です。

またあなた自身の体重の
チェックにもなるので一石二鳥です。

犬の太り過ぎの対策を始めましょう

もちろんベスト体重は
個体差が大きく、

同じ犬種でも、
体格が違えば異なりますが、

体重は太り過ぎかどうかの
目安になります。

標準体重が分かっている場合なら、

それを10%超えれば、
太り過ぎ、肥満の始まりです。

15%も超えるなら
早速真剣にダイエットが必要です。

とにかく犬の太り過ぎを避けるため、
定期的な体重測定は

肥満対策だけでなく
健康チェックの一つとしても有効なので
しっかりと実践しましょう。

最近では、動物病院を訪れる
犬の2匹に1匹が肥満と
言われているそうです。

愛犬が健やかに
長生きする為にも、

飼い主の心がけは非常に重要です。

そんな様々な病気の原因となる
肥満の主な原因は、

食べ過ぎ、栄養バランスの偏り、
運動不足などが考えられます。

中でも肥満の防止の為には、
きちんとした食事管理が必要です。

次回はそんなダイエットと
食事の関係について、

詳しく紹介していきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>