モテる男のオーラルケアと舌磨き、綺麗で白い歯の手入れ方法


今回のテーマは、

モテる男のオーラルケアと舌磨き、
綺麗で白い歯の手入れ方法

について紹介します。

私が相談を受けた、
女性と縁がなかったエンジニアの彼に

「絶対した方が良い!」

と勧めたことの一つが、

歯医者に行って歯垢を取ってもらう事です。

歯と言うのは顔を印象を大きく変えます。

特に歯の黄ばみや、歯垢には
注意が必要です。

歯の黄ばみは「ステイン」と
呼ばれる歯の色素沈着が原因で、

これはコーヒーやタバコなど
嗜好品を好む人に多く見られます。

もしあなたがここ半年ほど
歯医者に言っていないならば、

今すぐ予約を取って下さい。

そしてしっかりと
歯垢を取り除いてもらうべきです。

なぜ白い歯の男はモテるのか?

余裕があれば、

歯並びなども治した方が、
確実に顔の印象は変わります。

が、最低でも歯垢は取り、

毎日、歯磨きした磨きをして
オーラルケアをしっかりしましょう。

歯医者に幼少期のトラウマがあった
エンジニアの彼も歯の大切さを伝え、

その後の女性からの対応を
想像してもらい説得したら、

ようやく5年ぶりに歯医者の
診察室に足を踏み入れ、

しっかり歯垢を取り除いてもらいました。

そうすると、彼の歯は
今まで以上に輝かしく白い歯になり

自分で触ってみてもツルツルして
キレイになったのが分かったそうです。

そうして女性からの
好感を得ることができました。

このウェブサイトを読んでくれている人の中に、

流石に「歯を磨かない…」という程
ひどいレベルの人はいないでしょうが、

それでも、プロの手で定期的に
歯をキレイにしてもらう事は重要です。

なぜ歯をキレイにして白い輝く歯であることが
女性からモテル男になるために大切なのか?

…答えは凄く簡単です。

そもそも

スキンシップの延長で彼女の舌を
自分の口内に入れて欲しいと願うならば、

その口の中をキレイにしておくのは
当然ではないでしょうか?

モテる男のオーラルケア、歯の手入れ方法

そしてもちろん、
専門家に頼むだけでなく

日々のケアが大切です。

毎食後の正しい歯磨きを徹底すれば
歯を健康に保つ事が出来ます。

知っているようで知らない
歯の磨きからなど

オーラルケアの仕方について
ここでは紹介します。

ステップ1.

歯ブラシに歯磨き粉を乗せ正しく持つ

歯磨き粉は付けすぎず
1cmほどの長さ分を付けます。

歯ブラシは力任せに握らず
鉛筆を持つようなイメージで軽く持ちます。

またはブラシは1ヶ月を目安に
交換すると良いでしょう。

長く使いすぎると
歯ブラシに弾力がなくなり

歯先が開き洗浄効果も半減します。

ステップ2.

磨き残しがないよう
一筆書きをイメージして磨く

歯ブラシを小刻みに動かして
歯間を中心に磨いていきます。

歯をぐるっと一周するように
一筆書きの揚力でブラシを当てると

磨き残しを防げます。

歯磨きは最低でも1分以上かけて
しっかりと行います。

磨き残しが多い歯の裏や
歯と歯茎の間も忘れずに

モテる男に重要なのは歯より舌磨き

ステップ3.

デンタルフロスで歯間の汚れを落とす

正しい歯磨きを行っても
ブラッシングだけでは

歯間の汚れは除去しきれません。

デンタルフロスで
フロッシングを行います。

舌の汚れは口臭の大きな原因になり、
オーラルケアでも重要です。

専用の舌磨きを使って
忘れずにケアをしましょう。

口臭の原因は歯よりむしろ
舌にある可能性が高いです。

舌に残る菌を毎日丁寧に
取り除き綺麗にするだけで、

寿命が延びるというデータもあります。

ステップ4.

うがい薬で口内殺菌をする

最後に水で数回うがいをした後
市販のうがい薬を使って
口内を殺菌すれば、

日々のオーラルケアは万全でしょう。

案外、普段の歯磨き、舌磨き

などは教わらないので、
自己流で間違ったことをして
しまっている傾向があります。

恋愛と清潔感が密接に関連するのは
本能的に考えれば当然のことなのです。

「芸能人は歯が命!」

などという
表面的な話ではなく、

女性にモテる男を目指す上で

白く輝く綺麗な歯を保つ事は
とても重要な事です。

モテる男のオーラルケアと
手入れ方法をぜひ参考にして下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>