犬が食べてはいけない、与えてはいけない身体に危険な食べ物


私たち人間社会では、

コンビニに行けばたくさんの種類の
お弁当が売られており、

街には世界中の国の
レストランがあるわけです。

好き嫌いはあるにせよ、
何でも食べられるのが普通です。

昔の原始的な生活から見れば
考えられないことです。

そして犬の社会も変わりました。

犬は雑食だから…と言って、

何を食べさせても大丈夫
という訳ではありません。

人間の食べ物の中には、

犬が食べると非常に危険なもの、

身体の健康を害するものが
いくつかありますので、

以下に主なものを挙げるので
参考にして覚えておいて、

絶対に与えないようにしましょう。

スポンサーリンク

犬が食べてはいけない身体に危険な食べ物

以下のリストは犬が食べ過ぎると
中毒症状を起こす可能性があるものです。

・チョコレート類

チョコレートに含まれる
カフェインやテオブロミンが、

痙攣、下痢、嘔吐、発熱を
引き起こすことがあります。

最悪の場合、

急性心不全を起こして
死亡する事もあるので要注意です。

・ネギ、ニラ類

ネギ類に含まれる成分が、
犬の赤血球を破壊し、

溶血性の貧血を起こしたり、
下痢、血尿、嘔吐などの
症状が出る場合もあります。

ネギ中毒と言って
これも死に至る場合もあります。

加熱調理しても
この毒性はなくなりません。

汁だけを与えても
中毒になってしまいます。

ハンバーグや肉じゃが、
すき焼きなど、

中にネギ類の入った料理の
残りを与える事は

非常に危険です。

・生卵

卵は良質なタンパク質ですが、

生卵の白身に含まれる
アビジンというタンパク成分が、

ビタミンB群の一種である
ビオチンの吸収を妨げるため、

ビタミンバランスを崩す
可能性があります。

なおこのアビジンは
加熱によって変性する為、

加熱して与えれば、
何に問題もありません。

・鳥の骨

鳥の骨は、砕けやすく
縦に鋭く避けるため、

消化器官などを
傷つける恐れがあり危険です。

鶏肉自体は問題ないですが、

骨が残っているものは、
絶対に与えないようにしましょう。

愛犬は飼い主さんに食生活を
全て依存しているわけです。

飼い主である人間の管理に
責任があるということです。

しっかり注意しましょう。

食べ過ぎると身体によくないもの

以下のリストは、

絶対に犬が食べてはいけない、
与えてはいけないという程

シビアなものではないですが、

量によっては身体に
危険なケースが多いので、

しっかりと認識しましょう。

・塩分が多いもの

味噌汁やせんべいなど
塩分の高い食品は、

食べ過ぎる
犬の心臓や腎臓に負担がかかります。

・ケーキ、お菓子

ケーキなど甘いものを食べ過ぎると
肥満や歯槽膿漏の原因となります。

・お茶、コーヒー類

お茶やコーヒーに含まれる
カフェインが、

痙攣、下痢、嘔吐などを
引き起こすことがあります。

・牛肉、レバー

牛肉や牛のレバーなどを
犬が食べ過ぎた場合、

激しい出血性の下痢を
起こす腸性毒血症になる恐れがあります。

この辺りは人間も食べ過ぎると

肥満や高血圧などの
リスクが高まるものですから、

理解しやすいでしょう。

特に塩分に関してですが、

汗腺がなくほとんど汗を
かかない犬は、

人の3分の1程度しかミネラル分
としての塩分を必要としません。

そう言う意味で、

人間の食べ物は、
犬にとっては塩分過剰と
なる場合が多いので、

与え過ぎないよう注意しましょう。

また、糖分も犬は
人ほど必要としませんので、

多くを与え過ぎないように
注意が必要です。

味覚は人間ほど発達してません。
シンプルな味付けで良いのです。

また、香辛料は
犬にはまったく必要ないものです。

いたずらに胃を刺激し、
感覚を麻痺させたり、

身体に負担をかけるだけなので
与えないでください。

飼い主が注意すべき犬の異物誤飲

食べ物以外にも、

愛犬の行動範囲を見ると、

口にすると犬の身体に
危険なものがたくさんあります。

犬が誤って異物を
飲み込んでしまう異物誤飲

事故である誤嚥(ごえん)
事故を起こしたり、

人間の食べ物で犬が食べると
中毒を起こすものもあります。

特に子犬のころは、
なんでも口に入れたがるので

飼い主が気を付ける必要があります。

・電池類

飲み込んだ電池が
体内の同じ場所に長時間とどまると、

電池から強いアルカリ液が漏れだし、
胃粘膜がただれたり

胃に穴があいたりする場合があります。

・人間用の薬

風邪薬や睡眠薬を
犬が飲み込んでしまう事故が多いですが、

成分によって症状が異なりますが、

痙攣、こん睡、溶血性の貧血
興奮、呼吸促進などを
引き起こすことがあります。

・エチレングリコールが入っているもの

保冷材、洗剤、化粧品などに
含まれているエチレングリコロールは

急性、慢性の中毒症状を
引き起こすことがあります。

●誤嚥事故の良くある例

ビニール袋や釘、竹串など
飲み込んでしまうと、

手術で取り出さなければ
ならないものが多いです。

物によっては
飲み込んですぐであれば
吐かせることができます。

愛犬が異物を飲み込んだ時は、
同等のものや説明書など、

なるべく多くの資料を持って
早く動物病院に行きましょう。

以上のような犬が食べてはいけない、
与えてはいけない身体に危険な食べ物を
しっかり覚えておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>