犬の健康に最適な食事の量、回数と時間、食事の管理の考え方


私たちも何も気にせず
ばくばく食べていたら、、

気がついたら体重が増え、

体重計に乗ったら、
とんでも無いことになっています。

健康診断では注意され、
病気のリスクが増えます。

さて、犬の場合は、

私たち飼い主の気持ち次第
という部分が多いですが、

愛犬の食事の量で
悩む人は多いと思いますが、

食事は健康の基礎で重要です。

犬種、年齢、性別、季節、
健康状態、肥満度、飼育条件、
運動量の違いにより、

適切な食事の量は個々に違います。

また食事の内容、高カロリー食か
低カロリー食かによっても

適切な量も異なってきます。

もちろん市販のフードには、

体重別の平均給与量や
回数、時間などが記載されている
こと多いので、

それは参考にできるでしょう。

さらにこうした条件を踏まえて
犬の個性により変わってくるので、

今回示すヒントもあくまで
目安にしながら、

最終的には飼い主さんが
判断しなければ行けません。

まずは以下の大枠を参考にしてください。

スポンサーリンク

犬の健康に最適な食事の量、回数と時間の目安

<子犬の食事量と回数>

一日分を五回に小分けして
時間をおいて与える、

3ヶ月齢以降は1日4回、
3〜8ヶ月齢では1日3回にする。

成長期はカロリーが大事です。

が、消火器はまだ発達してないので、

小分けして何どもが基本です。

子犬、若犬専用のフードが
市販されているので、

このようなフードを利用すれば、

成長段階の犬の健全な
成長に必要な量の栄養を
確実に与える事ができるでしょう。

<12ヶ月齢以降の犬の場合>

1日分を二回以上に小分けして
時間をおいて与える、

最近の研究では、大型犬種でも

胃拡張、捻転すなわち
GDV(急性胃拡張捻転症候群)
のリスクを低下させるため、

二回以上に小分けして与えた方が
いいという結果も出ています。

が、基本的に一日2回
というのが基準と言えるでしょう。

<妊娠中の犬の場合>

(過体重でない場合には)
欲しがるだけの量を与えましょう。

妊娠中は食欲が変動しますが、

妊娠後期には食事量を
増やす必要があります。

動物的本能で健康な出産のために
必要な量を感じ取るものですから、

母犬の様子を観察しましょう。

摂取量が増えない場合には、
もっと食べるよう促します。

<授乳中の犬の場合>

妊娠中より食事量を
大幅に増やす必要があります。
(通常量の2〜4倍)

欲しがるだけの量を与える事です。

空腹かどうかが目安になり、
出産時の数が多い程
食事量を増やす必要があります。

<高齢犬の場合>

1日2回を時間をあけて
が基本ですが、

食事量は活力の低下に伴い
恐らく減少します。

高カロリーエネルギー量の
銘柄のドッグフードには
気を付ける事です。

過体重の一因となる
可能性があります。

市販の成犬用のドッグフードを
利用すれば、

十分な量の栄養を
与える事ができます。

犬種による食事の量、回数と時間の管理

犬の食事は犬種に応じても
慎重に選びましょう。

例えば、

一部の大型犬種の場合、

量は少ないものの
過消化タンパク質含量が高く、

関節に有益な添加物が配合
されている食事を選びます。

犬種は一般的に成犬体重により
4つに分類されます。

・小型犬種:
9キログラム以下

・中型犬種:
9〜25キログラム

・大型犬種:
25キログラム超

超大型犬種:
45キログラム超

小型犬種ほど、体重あたりの
エネルギー必要量が高くなります。

一般に、体重4.5
キログラムの犬では、

体重辺りのエネルギー必要量が
体重16キログラムの犬と
比較して約60%高くなります。

北欧犬種
(シベリアンハスキー、サモエド、
アラスカン・マラミュート)

はエネルギーの産生効率が
平均より高い為、

体重辺りのエネルギー必要量は
他の犬種より約20%低くなります。

肥満になりやすい犬種
(ラブラドール・リトリバー、
ビーグルなど)の場合、

体重辺りの食事量を
約10%少なくなる必要が
あるかもしれません。

もちろんビタミンやミネラル
など微量栄養素も大事です。

犬の便をで最適な食事の量を管理する考え方

不適切な食事の量により
肥満や生活習慣病になる
犬も増えているので注意が必要です。

ただし、ダイエットをする場合も、

いきなり食事量を減らすのでなく、

運動量を増やせば、
食事量を増やす必要が出てきたり、

体重をチェックしながら、
体重の大きな増減がないよう

ペース配分をしなければ行けません。

急激な変化は人間もそうですが、

犬にとってもストレスです。

適切な食事量を知るためには
犬の1日当たりの必要カロリーを
把握しておくことが大切です。

ただしあくまでデータは目安なので、

飼い主が愛犬の日ごろの
コンディションを観察したうえで、

肥満度や便の様子などを見ながら
増減する必要があります。

特に便の形態や回数でも、
適度な食事量を知ることができるので、

これは役に立つでしょう。

幼犬は回数が多いですが、
成犬になると1日1~2回です。

起床時の便を見ることにより

ウサギの便のようにコロコロして
硬い時は増量、

軟便の時は増量する必要があります。

一般に動物のエネルギー所要量は、

体重当たり体表面積に
比例すると言われています。

したがって、小型になるほど
高エネルギーを必要とするので、

食事のカロリーも高いものが
必要になります。

季節や運動量によっても、
エネルギーの必要量が変わってくるので、

安静時の必要カロリーを基準にして、
愛犬に合うように臨機応変に増減しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>