犬の健康に理想の三大栄養素、必要なカロリーエネルギー量は?

犬の健康に理想の三大栄養素、必要なカロリーエネルギー量は?
今回のテーマは、

犬の健康に理想の三大栄養素、
必要なカロリーエネルギー量は?

について紹介します。

私たち人間にとって、

健康的な食生活というのは、

御馳走を食べ過ぎない事や、
何かを食べないよう我慢する、、

という事ではなくむしろ、

健康的なライフスタイルを
継続するのに必要なエネルギーを
摂取しながら、

できるだけ良質な食材を選び、
栄養のバランスを整える事、

そしてこうしたバランスを
継続できるよう調整する事です。

急激なダイエットや
食事制限では

ストレスがかかり
リバウンドをしたり、
逆に病気になる事もあります。

だからこそ、少しずつ
改善しながら理想に向かうのが
適切な方法と言えるでしょう。

こうした基本は

人間であれ犬であれ変わりません。

スポンサーリンク

犬に必要なカロリーエネルギー量は?

さて、

犬に必要なエネルギー量は、

犬種、年齢、季節、健康状態、
飼育条件、運動量

などによって異なってきます。

チワワとセントバーナードを
比較すると、

まったく別の生き物だと言うくらい、、

栄養の取り方というのは違ってきます。

或は妊娠中、授乳中の犬であれば、
食事量、カロリーを増やさなければ
行けませんし、

運動量の少ない室内犬と
警察犬などの使役犬を比較すれば、

必要な栄養量が異なって
くるのは当然の事です。

そうした個別の具体例も
今後詳しく紹介していくつもりですが、

このように、
愛犬のために諸条件を考えた
バランスの良い食事が理想的な食事と言えます。

ここでは大きな概念としての、

犬の健康に理想の三大栄養素、
必要なカロリー、エネルギー量
について考えてみましょう。

犬の健康に理想の三大栄養素

特に3大栄養素は、
犬にとっても重要な栄養素です。

いわゆる生きる為の
エネルギー源になるカロリーは

脂肪が1g=9cal
炭水化物とタンパク質が

それぞれ11g=4calとして
計算されますが、

それぞれの役割を
まずは理解しましょう。

<犬にとってのタンパク質の役割>

タンパク質を構成するアミノ酸は、

人間と同じく、

犬の成長、発育及び、肉体の形成
またエネルギーの生成などの必要です。

犬に適したタンパク源は、

肉、魚、鶏肉、卵、少量の乳製品などです。

<犬にとっての脂肪の役割>

脂肪は犬の臓器を保護し、
断熱材の役割を果たしたり、

健康的な脂肪は
(魚油、ナッツ類など)

被毛の光沢を保ち、
健康的な代謝を促し、
免疫系の機能を向上させ、

行動、気分や脳機能に
有益な効果があります。

つまり有益でない脂肪は
不利益を及ぼすという事です。

また、脂肪に関しては、

脂肪は過体重を始めとする、

健康問題の原因となる
可能性があります

<犬にとっての炭水化物の役割>

炭水化物はエネルギーを
作り出すとともに、

一般に豊富な食物繊維を
含んでいます。

米、ビスケット、小麦、
トウモロコシ、大麦、オートムギ

など、

いずれも犬に適した食品です。

ほぼ全ての市販のドッグフードには
炭水化物が含まれていますが、

これもとりすぎると
カロリー過多になり、
太る原因になります。

なお犬は食物繊維から
エネルギーを得る事はできませんが、

食生活に食物繊維を
取り入れる事により、

超の健康状態が改善し、
体重管理に役立ちます。

犬の健康に必要なカロリーエネルギー量は?

以上が犬にとっての三大栄養素で、

活動な必要なカロリー、
エネルギー源となるのですが、

理想の健康を目指す上で、
大切な考え方は

その量と割合のバランスです。

特に犬の健康にとって、

タンパク質の中のアミノ酸の
量と割合が大切です。

体内で合成されない
12種類の必須アミノ酸の全てが
必要量含まれているかが問題になります。

犬は雑食とは言え、

植物タンパク質よりも
動物タンパク質の方が
効率良く消化吸収することができ、

必須にアミノ酸のバランスとしては、
動物性たんぱく質の方が
犬にとっては向いています。

脂肪は、

タンパク質や炭水化物に比べ
2倍以上のカロリーがありますが、

人や犬にとって
肥満の大敵と思われがちですが、

脂溶性ビタミンの運搬役や
ホルモンを作ったり、

体内で合成されない
必須脂肪酸の供給源として
大切な役割があります。

犬の場合、リノール酸が
必須脂肪酸です。

炭水化物には
犬が消化吸収できない
食物繊維があります、

食事のカサをましたり、
肥満防止や腸の運動を活発にする
役目があります。

これらのバランスについて、

「ドッグフードを適切な量
与えておけば問題はない」

という意見もありますが、
実は否定意見もあります。

今後詳しくこうした食事の
方法について紹介していきますが、

まずは基本であるこれらの
犬の健康に理想の三大栄養素
について理解してあげましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>