モテる男の唇、爪、指先の手入れ方法、綺麗な手の男はモテる


今回のテーマは、

モテる男の唇、爪、指先の手入れ
方法、綺麗な手の男はモテる

について紹介します。

前回までヘアスタイルヒゲ
など顔のパーツについてモテル男になる
コツを色々と紹介してきましたが、

ここで多くの男性が見逃してしまう
ポイントがあります。

木を見て森を見ず…

と言う言葉がありますが、

男性が外見や見た目を
意識する時は逆に

森を見て木を見ず…

と言う状態に陥りがちです。

全体の雰囲気は簡単に改善しても

細部や細かい部分は
生活習慣が現れてしまいます。

良い服や靴を身にまとい、
ヘアーカットにお金をかけても、

手先や爪、唇と言った部分に

そういった怠慢が現れます。

女性はそう言った部分を見逃しません。

神は細部に宿る、、というように、

だからこそモテる男はそう言った
些細な部分にまで意識をするのです。

モテる男の唇の手入れ方法

まず最初のポイントは

唇(くちびる)です。

もしあなたがお目当ての女性と
素晴らしいキスをしたいと考えているならば、

唇も柔らかくしておく必要があります。

もしもあなたの

「唇が荒れているなら…」

女性はそれに敏感に気づき
あなたとキスしたいと思わなくなります。

女性はそう言う所をしっかり見ています。

「そんな些細なことで。。。」と、
男性からしたら思うかもしれませんが、

これが真実です。

恋愛というのはおままごとではなく、

生殖本能に根ざした
男女の営みな訳ですから、

ここは大事なポイントです。

モテル男に生まれ変わるために
ぜひ覚えておいて欲しいのですが、

あなたが初めてのデートをするとき

相手の女性はあなたを色々とテストしている

と言う事を覚えておいて下さい。

唇が綺麗な男はモテる

あなたがその女性と

「モゴモゴできたらなあ、、」

と想像の世界に入り
思いめぐらせている間に、

彼女は極めて現実的に、
シビアにあなたをチェックしながら、

あなたをその他大勢の男の
どうでもいいカテゴリーに押し戻し、
いつもの日常に戻ろうとしてしまいます。

唇が荒れているかどうか?

そう言った些細なポイントも
注意深く観察されています。

だからそういった細かい点にまで
あなたは気を配る必要があるのです。

だからこそ、唇も柔らかく清潔に
しておかなければいけません。

唇を柔らかく清潔にする
アドバイスはただ一つ!

リップクリームを使う事です。

簡単な事なので、
ぜひ気を使って実践していって下さい。

モテる男の手先、爪の手入れ方法

次に、指先も女性に
好感を持たれるよう意識しましょう。

書類の受け渡しや名刺交換、
文字を書いたりカップを持ったりと、

指先は折に触れ目につくポイントで

指先のキレイな男性は

女性にとって非常に魅力的に映る
と言われています。

手入れされた指先は

その人自身の優雅さや
心の余裕の現れ、

モテる男になるためには

指や爪のケア、手入れ方法も
身につけるべきでしょう。

綺麗な手をする男はモテるのです。

まず当然の事ですが、

女性と会う前には必ず
爪を切っておきます。

その際、爪切りだけではなく
爪ヤスリも使用し、

仕上げで整える方が良いでしょう。

感触がなめらかになれば
光沢のある美しい爪に仕上がります。

処理の後はハンドクリームや
乳液を塗り、

指先を保湿しておけば万全です。

綺麗な手の男はモテる

手や唇といった部分は、

恋愛における異性との
肉体接触の部分でもあります。

だからこそ手入れをして、
清潔に綺麗に保っておけば、

相手の本能や潜在意識に
好印象を与えるのです。

日々のほんのわずかな
メンテナンス次第で、

こうした細かい部分の
印象は変わってくるのです。

1日5分の意識の差が、

モテるモテないを変えるのです。

またこうした手入れでなく、

唇や手の乾燥などは、食生活や
生活習慣の乱れかも原因となります。

良い栄養、適度な運動、バランス
の良い睡眠やストレス管理など

健康的で清潔な男性こそ、

女性から求められる男なのですから、
日々しっかり肉体管理をしていきましょう。

(基礎から健康管理をするなら
こちらのテーマも参考にしてください)

そう言った根本の
体質管理から行う事で、

モテる男の唇、爪、手の手入れ方法は
スムーズになる事も覚えておいてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>