株式投資による資産運用の手段、基礎知識と考え方の特徴

株式投資による資産運用の手段、基礎知識と考え方の特徴
今回のテーマは、

株式投資による資産運用の
手段、基礎知識と考え方の特徴

について紹介します。

誰でも億万長者になる
チャンスはあるということで、

資産運用の基礎から学ぶ
心構えができた所で

基本中の基本である
「株」について

株式投資による資産運用の
基礎知識を説明します。

もちろん、株だけが
資産運用の手段ではありませんし、

お金持ちになる為に必ずしも
株式投資をやらなければいけない

という訳ではありませんが、

資本主義社会に生きる上で、

株式投資の基礎を知っておく事は
どんな仕事をする上でも重要です。

経済活動の根幹をなす重要な仕組みな訳です。

ご存知の通り、

ウォーレンバフェットは
株で富を築きましたし、

株式投資を手段として
お金持ちになった人もたくさんいます。

株式市場は誰にでも開かれ
いつでも参入できるのが特徴です。

スポンサーリンク

株式投資の特徴と基礎知識

最近ではテレビなどでも
株式取引に関する内容が
見られるようになってきましたが、

未だに「何だかよく分からない遠い存在」
として感じる人も多いでしょう。

まずそんな基礎知識として
覚えておきたいのは

「株」というのは
会社を設立したり事業を
拡大したりするときに

事業内容に賛同して
出資してくれた人に対して
発行する「約束の証」のようなものです。

では「何を約束するのか?」

と言えば、

ずばり、

「儲かったときは配当金を支払いますよ」

と言う約束です。

そのかわり、万が一、
経営が悪化して会社が倒産したとしても、

「出資金はお返しできませんから悪しからず」

と言う交換条件になっています。

出資者は、これに同意した証として
出資金と引き換えに株を得ます。

株は経営側からすれば
資金調達の手段の一つですが、

その為に見返りを用意します。

そこに出資する人には
リターンを得ることができるのです。

これが株を購入するということです。

そして晴れて、
その会社の株主となる訳です。

金融商品はどこで売買されているか?

日本においては
株を始めとする金融商品は

東京、大阪、名古屋、福岡、札幌

などにある「証券取引所」と
呼ばれる市場で売買取引されています。

代表的な市場としては

日本で最も大きい

『東京証券取引所(略して東証)』

新興企業の株が多く取引されている
『ジャスダック証券取引所』
などが有名です。

アメリカでは

ニューヨーク証券取引所
(New York Stock Exchange
略してNYSE)が有名で、

ここは世界最大の証券取引所です。

テレビのニュースで
インカムをつけた男たちが、

電光掲示板に流れてくる数字を見ながら、

忙しそうに指示を出している
映像を目にした事があるでしょう。

あれが市場の日常的な風景の特徴です。

証券取引所にある株の
売買を可能にするためには、

企業側は、厳しい基準をクリアして
株式を「上場」させなければなりません。

誰も知らないような
怪しい商売をしているような

ブラック企業が簡単に資金調達を
されると困るわけですから、

しっかりとした上場の為の
制度が必要なわけです。

株式投資の基礎知識「どこで買うの?」

さて、企業側からしたら

自分の会社を上場させる事によって
誰もがその企業の株を売買できるようになり、

企業は資金調達をしやすくなると言う
メリットがある訳です。

では私たち個人が資産運用をする上で
株式投資を始めようと思た場合
どうすればいいのでしょう?

もしあなたが、

「よし株を購入しよう」

と思った場合は、

直接こうした証券取引所に
出向いて注文する訳ではないので、

お間違いないよう、

野菜を買うときも
市場のそのまま出向くわけではなく
(野菜なら買えるかもしれませんが、)

スーパーや八百屋で買うのが普通です。

株の場合であれば、

まずは証券会社に口座を開き、
証券会社を通じて売買する事になります。

駅前の一等地などに
証券会社がありますが、

そこでお目当ての株式を売買できます。

最近ではインターネットで口座を開き、
オンラインで売買を行うのが一般的です。

どこでも同じ株を買う訳ですから、
手数料を抑えるのが

ここでは大切な考え方になるでしょう。

資産運用を株式投資でするなら

野菜であれば買う場所によって
品質が変わる可能性もありますが、

株の場合はどこで買っても同じものを
買うわけです。

証券会社の信用度を測りながら、

そうであれば手数料が安い所を
狙うのが王道の戦略です。

そしてご存知の通り、
株価は上がったり下がったり
するのが特徴です。

その要因としては
各企業の業績はもちろんのこと、

政府の金融政策や
アメリカ経済の動向など、

様々な要素が複雑に絡み合っています。

もちろんバフェットを始め
世界トップクラスの投資家たちは

独自の考え方、判断基準でこうした
会社の業績を分析し、

自分の資産運用をする訳ですが、

しかし基本的には

「この会社の株価は上がりそうなんじゃない?」

とか

「この会社、かなりヤバいぞ」

といった投資家たちの
「思惑」に左右される事が多いのです。

「え、そんな単純な事で、、」

とあなたは驚くかもしれませんが、

誰かが「この会社はヤバい」
と言う事で大量に株を売り始めると

「自分も自分も」と
連鎖反応でどんどん売りが
進んでいくと言う訳です。

そうです。

市場と言うものは、

実は案外いい加減なのです。

有望な会社を見つけるのが秘訣

とはいえ、将来において、
有望で堅実な経営をしている企業なら、

仮に「100年に1度の大津波(金融危機)」

によって一時的に株価が下がったとしても、

大幅な落ち込みが半永久に
続く事は少ないです。

少し我慢していれば
そのうち回復してくるものなのです。

だからこそ資産運用をして
富を築いていきたい場合、

優良企業に自分のお金を預ける

と言うのが鍵になります。

つまり優良な企業の株と言うのは

価格を上下させながらも
長期的スパンで見た場合には

株式に高い利益をもたらしてくれます。

そう言った企業に目をつける能力が
異常に高いのがバフェットなのです。

バフェットはこの株式投資による
資産運用の手段で、

50年で資産を約7000倍に変えたのです。

株式投資で資産運用する際のデメリット

しかしもし

あなたが将来伸びると予測し
企業の株を買ったとしても、

必ずリターンがあるとは言えません。

某航空会社のように倒産しようものなら

「お金をどぶに捨ててしまったようなものだ」

なんて事もあります。

逆に言えば、

投資した会社が世界トップの
業績を上げることで、

莫大なリターンを得ることもあります。

黎明期のマイクロソフトやグーグルに
投資していれば今では誰もが
億万長者になっているはずです。

しかし当時はそのビジネスモデルに
気づいていた人は少数だったのです。

だからこそ

「儲かっても損しても恨みっこなし」

と言うマインドが、
株式投資で資産運用する際の
構えと言えるでしょう。

こう聞くと

「やはり株はギャンブルだな、、
自分には無理かも」

と思うかもしれませんが、

心配する事なかれ、

なんとバフェットは

11歳にして既に株主に
なっていたのですから。

11歳の少年にできた事が、
すっかり立派な大人になったあなたに
できないはずがありません。

まずは今回お話しした

株式投資の基礎知識を
押さえておいてください。

そしてさらに次回、
あなたに一歩踏み出す勇気を
出してもらうためにも、

11歳のバフェット少年が

どのように株主となり、
そこから何を学んだかについて
お話ししていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>