起業家バフェットが商売、ビジネスをスタートしたのは6歳


今回のテーマは、

起業家バフェットが商売、
ビジネスをスタートしたのは6歳

について紹介します。

誰しもが「投資家」
としてのバフェットを知っています。

しかし「起業家」としての
バフェットはあまり知られていません。

投資家と言えば

お金を右から左に動かす、
ファイナンスの知識に優れている

というイメージがあるかもしれませんが、

しかし商売の基本の基本は

仕入れ、セールスの繰り返し

商売人としての彼のキャリアは
非常に早い時期にスタートしているのです。

もちろんこれが投資家としての
判断基準の土台となっているのでしょう。

幼い頃から数字に強く
好奇心が強かったバフェットは

自然の流れで6歳から
ビジネスをスタートさせました。

そのビジネスと言うのは

「チューインガムの販売」

と言う可愛らしいものでした。

しかしその中身は
しっかりしたものでした。

ビジネスの内容は

バフェットの祖父が営んでいた
食料品店からガムを仕入れ、

専用のケータリングボードに並べて、
近所を1軒1軒売り歩いていたそうです。

希代の投資家のビジネスの
第一歩はまさしく

小さな一歩だったのです。

スポンサーリンク

商才のあるバフェット少年

確かに私も小学生の頃
親戚の手伝いでフリーマーケットで
ものを売った事がありますが、

自分では何も考えず、
言われた通りにやっていただけでした。

お金をもらえるのは嬉しかったですが、

それ以上もらう為の工夫

を考える事はありませんでした。

ところが子供の商売とはいえ、

バフェットは「儲け」を
第一に考えていたそうです。

ガムの仕入れ価格は5枚1パックで3セント

これをバフェットは、

1パック5セントで販売し
2セントの利益を得ていたのです。

前回紹介した儲けの方程式

6歳でビジネスをスタートした際に
既に心得ており、実践していたのです。

儲けの方程式:

販売価格ー必要経費=あなたの儲け

バフェットのやり方

ガムの販売価格(5セント)ーガムの原価(3セント)
=バフェットの儲け(2セント)

さらにバフェット少年は
6歳にして確固たるビジネスポリシーを
もっており、

例えばちょっとケチなお客さんから

「5枚パックじゃなくて1枚だけ売ってくれ」

と言われた場合は

きっぱりと「ノー」を突きつけたと言います。

その理由は、
仮に1枚だけ販売したら、

残りの半端な4枚は商品価値が下がり、
誰も買ってくれなくなると言う
リクスを背負ってしまうからです。

大人の頭で考えれば
もちろん当然の判断でしょうが、

6歳の子供がそこまで機転を
効かせられるのだから、

やはりバフェットは変人です。

素晴らしい商才を幼い頃から
発揮していたのです。

客のニーズを掴むのが上手かったバフェット

さらにバフェットの商売である
チューインガムビジネスは上手く行き始め、

ガムに加えて、コカコーラの
販売もスタートします。

後に大株主になる

この時代からコカコーラには
思い入れがあったのでしょうか。

6本セットを25セントで仕入れ、
1本5セントでセールスすれば

5セント×6セント=30セント

になり5セントの儲けとなります。

ガムと違ってコーラは
バラ売りにしたのは、

「25セント払ってコカコーラを
まとめ買いする客は少ない」と

子供ながらに察したからでしょう。

お客のニーズをいち早く読み取り
柔軟に対応する当たりが、

既のバフェットはできていたのです。

つまりビジネスと言うのは

「儲けの方程式」を守り、
ちょっと機転を利かせるだけで
成立するのです。

もちろん子供が売る可愛さと言う
付加価値はあったでしょうが、

「商売は難しい、起業は怖い」

と感じてしまう大人は何かしら
偏見が植え込まれてしまっている気がします。

6歳のバフェットですらできた事です。

大人の私たちができないはずがない!

と思うのですがいかがでしょう?

ビジネスをスタートするのに必要な事

株価のチャートを見て
売買を繰り返すトレーダーと違い

「株を買う事は、企業を買うこと」

という信念を持つバフェット、

この時期の経験が
彼のビジネスを見極める力
となったのは間違いないでしょう。

起業のビジネスモデルや価値を見ず
チャートを見て数字を追いかけるだけの
トレーダーとは違います。

優れた投資家であるとともに
彼は立派な商売人なのです。

とはいえもちろん、

いくら「儲けの方程式」を
理解できたとしても、

最低限の「資金」がなければ

ビジネスをスタートはできません。

バフェット少年も、

チューインガムやコカコーラを
かっぱらってきて転売したのではなく、

コツコツ貯めたお小遣いや
商売で得た利益を元手に

しっかりと仕入れを行っていたのです。

そしてこの利益を元手に
投資をスタートさせるわけです。

当然の事ですが、

あなたも

「ビジネスをスタートしたい!」

と考えた場合も、

資金と言うのが必要になってきます。

もちろんコツコツとお金を貯めて、
自己資金で起業できるのが理想です。

が、ここで一つ考えてほしいのが、

仮に300万円の資金が必要だとして、

それを貯めるのに5年かかってしまったら…

スピードが命のビジネスにおいて、

その5年のロスが命取りに
なってしまうこともあるでしょう。

もちろんバフェットのように
6歳からビジネスを始めたらならば、

少しくらいのロスタイムが生じても、
問題はないでしょうが、

大人の私たちにとって、

残された時間は多くない…

そんなこともあるでしょう。

そうであれば300万円の
ビジネススタート資金を貯める

と言った悠長に待つ時間はない

とも考えられます。

有限な時間を上手く使うため、
新しい知識が必要なのです。

と言う事で次回は、

お金の勉強にとって欠かせない
「借金」と言う概念について

バフェットを例に学んでいきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>