お金と言う紙切れに振り回されないよう正しい知恵を身につける

お金と言う紙切れに振り回されないよう正しい知恵を身につける
今回のテーマは

お金と言う紙切れに振り回され
ないよう正しい知恵を身につける

について紹介します。

まずはあなたの財布から
紙幣を取り出してみて、

じっくりと眺めてみてください。

さてこれからその

「お金」と呼ばれるものを増やして
行く為の知恵を紹介して行くのですが、

まず大事な事を言って
おかなければならないのですが、

これから人生を豊かに生きていくために、

お金と言う紙切れに
振り回されないように

正しい知恵をつけていくべきです。

「お金は人生のすべてではない!」

と言うのはその通りですが、

いくらキレイ事を並び立てようと、

このお金と言うものがなければ、

ものも買えないし
食べていけないし、
家も借りられない、
サービスも受けられない、

とにかくこの世界で
行きていく事は不可能です。

だからこそ、

私たちは日々、上司に対して
下げたくもない頭を下げ、

面白くないのに愛想笑いを浮かべ、

必死の思いで「お金」という
ものを稼いでいるのです。

ここでお金に無知のままだと、
永遠にお金に振り回されてしまいます。

正しい知恵を身につける事で
お金に振り回されず、

富をコントロールできるようになるのです。

「人生はお金じゃないよ」

というのはコントロールして始めて
口にして良い言葉なのです。

貧乏で借金まみれで

「お金だけじゃないんだ!」

と叫んでもそれは負け犬の遠吠えです。

お金をコントロールできて始めて
お金以外の大切さが見えるのです。

しっかりとした知恵を
身につけていきましょう。

スポンサーリンク

お金は確かに紙切れだが…

ここで改めて、
財布から1万円札を抜き出して
手に取ってじっくり眺めてみましょう。

え?1万円がない…

ならば千円札でも構いません。

とにかく「お札」を
眺めてみてほしいのです。

そしてその手触り、
匂い、デザインを感じてみてください。

私は海外のお札を集めるのが
趣味で財布に入れているのですが、

いつまで見てても飽きません。

こうした紙切れを見ながら、

「ああ、お金って良いな~」

とうっとりしている人もいれば、

「こいつのせいで自分の人生むちゃくちゃだ」

と怒っている人もいるかもしれませんが、

現在の日本において、

1万円札が1枚ある事で
どんな事ができるでしょう?

800円のラーメンであれば12杯食べれて、

1000円の飲み代なら10回飲めて、

100円のおにぎりならば100回も食べれます。

最近のLCCならば
海外にだっていけます。

しかしよく考えれば、

この1万円札の価値は
一体誰が決めたのでしょうか。

そもそも紙幣と言うのは、
読んで字のごとく、

単なる紙切れに過ぎません。

1万円の原価価値は

わずか22円ほどしかない
と言われています。

ではなぜ22円の価値しかない
紙切れで100個のおにぎりを食べれるのか?

なぜ紙切れ数枚を争って人生を
振り回されなければいけないのでしょうか?

紙切れ+国の保証=紙幣

紙幣の価値、お金の価値は

国や中央銀行(日本銀行)が
決めているのです。

つまり単なる紙切れでも、

1万円にはおにぎり100個分の価値が
あると国が保証してくれているだけです。

「お金の価値ってそんな簡単な事で決まるの?…」

と思うかもしれませんが、

「国は嘘をつかない、信頼できる」

と言う信用だけで、
お金の価値は保証されているのです。

あの汚職や嘘が横行する政治家たちの
信用がそのまままかり通っていると言う事です。

そう考えれば恐ろしいものですが、

もちろん紙幣だけでなく、

500円、100円と言った効果も同じで、

500円玉には30円ほどの原価価値しかない
(実は1万円札より価値が高い)

のですが、しっかり500円分の商品、
を購入する事ができます。

極論を言えば、

今日政府が

「今日からプロ野球カードを1万円札と認定する」

と発表すれば、

カード1枚でおにぎり100個を
食べられるようになると言う事です。

つまり、

本来は単なる「紙切れ」「金属の塊」
でしかないお金ですが、

国や中央銀行がその価値を保証
しているからこそ売買が成立している

ここをまず覚えておきましょう。

ちなみに、それほど
日本で偽札作りが流行らないのは、

個人でお札を作るコストがその価値を
超えるからだとも言われます。

高い技術が紙幣には
確かに施されていますが、

それでも紙キレにすぎません。

米ドルの偽札が多いのは
経済目的よりむしろ

社会混乱を目的とする
政治的動機なのでしょう。

決して日本人の
道徳観念が強い訳ではなく、

物事には経済的合理性が
働いていると言う事です。

お金の3つの役割

私もお金は大好きなのですが、

ウォーレンバフェットさんも、
幼い事からコインを大好きだったそうです。

私の知る限りお金持ちで
お金が嫌いな人を知りません。

現金にこだわらなくても
必ず資産を買うようにして、

少しでも増やそうと努力しています。

大好きだからこそ、
もっと集めたい、もっと欲しい

と考えるようになるのですが、

恋人に振り回されるのも
お金に振り回されるのも

相手を良く知らない事から来ます。

正しい知恵を付けるのが大切です。

お金は大切なものですが、
紙切れにすぎない事も事実です。

ここでお金の正体を知れば
その本質的な価値が見えてきます。

好きになった人の事を
もっと知りたいように、

お金の役割はどんなものがあるか
ここでしっかりと知っておく必要があります。

お金には以下の3つの
役割があると言われます。

1.交換の手段
2.価値の尺度
3.価値の保存

こうして並べると難解そうですが、

実は単純明快です。

お金を使ってほしいものは
人それぞれです。

ラーメンでもパソコンでも
サービスでもおにぎりでも、、

基本的にお金さえ出せば

この世で手に入らないものは
ないとも言われています。

だから躍起になってお金集めを
みんながしているわけですが、

でも、お金には興味深い特徴があります。

お金にはただの「紙切れ」以上に
特別な役割があるのです。

そんなお金の本質に気づく事ができれば
お金に振り回される事なく、

あなたがお金を
コントロールできるようになるでしょう。

次回からお金に関する3つの役割に付いて
それぞれ説明しましょう。

お楽しみに

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>