ウォーレン・バフェットに学ぶお金の正しい知識と考え方と思考


今回のテーマは

ウォーレン・バフェットに学ぶ
お金の正しい知識と考え方と思考

について紹介します。

いわずとしれた
アメリカの世界一の投資家

バフェットさんは今や
日本でも有名になりましたが、

『ウォーレン・バフェットに学ぶ
お金持ちになる人の考え方』

と言うのがこのテーマの
の裏テーマでもあります。

私自身がバフェットさんを
私淑にしているわけですが、

「お金に対する正しい知識」

がまず何よりも大切だ
と前回紹介したのですが、

この正しい知識を誰から教われば良いか?

実は、難しい問題ですが、

私の中では答えは簡単です。

お金を生み出すのが
最も得意な人から聞くのが一番です。

そこで、

投資の神様ウォーレンバフェット

が最適な先生となってくれるでしょう。

『お金持ち学』の最高の教科書
彼の考え方と言っても過言ではないでしょう。

一般人とお金持ちの最大の違いは
考え方と言いましたが、

バフェットの思考は
通常の人とは大きく異なります。

スポンサーリンク

ウォーレンバフェットとは何者か?

ウォーレンバフェットを
知らない人もいるかもしれないので、

ここで簡単に紹介しましょう。

・アメリカ長者番付で
常に1、2位を争う大富豪

・「バークシャー・ハザウェイ」という
世界最大級の投資持株会社の会長兼CEO

・1930年生まれ、長い人生経験を持つ

・6歳でビジネスを始め、
11歳で株式投資を始めた投資の大ベテラン

・ネブラスカ州オマハという片田舎に住む
質素で倹約な暮らしを守る賢人

慈善事業団体に約370億ドル(約4兆円)
寄付する慈善家

…と言うのがざっとした
バフェットの特徴ですがどうでしょう?

お金の先生としてこれほど
相応しい人はいませんね。

学校の先生や教授など

机上の空論ばかりを教える人と違い

自分の知識と経験を通じて
実際に富を掴んだ人の話しは
説得力があります。

それもちょっとやそっとのお金ではなく
世界有数の富を築き上げた人物です。

一時的に成功して凋落する人は多いですが、

もう何十年も一線で活躍する
賢人でもあります。

そんな彼が6歳の頃から
実体験を通じて学んできた
考え方や思考を通じて

お金の正しい知識、経済の仕組み

これからできるだけ
分かりやすく伝えていきます。

6歳児でも理解できるお金の本質

「お金の知識を付ける、
経済の勉強をする」

…と聞くと

「難しそう、、めんどくさそう。。」

と言う思いが浮かぶ人も
いるかもしれませんが、

大丈夫です、安心してください。

幼少期のバフェット少年は、

並外れた天才でも秀才でもなく、
学校の成績は中の上程度だったと言います。

つまり極普通の少年だったのです。

ただ一つだけバフェットが
普通の人と違っていた点があるとすれば、

幼少期から

「お金の知識、経済の仕組み」

をお父さんから学び、

実際に6歳で商売を始め、
11歳で株式投資デビューを果たした

ということでしょう。

お金について考え
接してきたキャリアが違います。

あなたは今何歳でしょうか?

10代かも知れませんし、
20代かもしれません、

アラサー、或は40歳を超えている、

…いずれにせよ、もう立派な
大人のはずです。

いくら世界の大富豪
ウォーレン・バフェット

と言えども、6歳の子供でも

「経済の仕組み」
を理解できたのですから、

大人のあなたも理解
できないワケがありません。

もちろん、バフェットのように

できるだけ人生の早い段階で
「お金の正しい知識」「経済の仕組み」
としておくと有利になるでしょうが、

何歳からでも遅くはありません。

これを機に、正しい知識を持ち、

お金持ちへの道
億万長者の第一歩を踏み出しましょう。

誰でもゼロから富豪になる事はできる

正しい知識、正しい方法があれば
誰でもどんな状況でも富を築く事は可能です。

これが封建制ではない、

資本主義社会に生きる
私たちに与えられたルールなのです。

誰しもがお金持ちになれる
訳ではないですが、

誰もがチャンスはあります。

そしてその違いは知っているか
知らないかで変わってくるのです。

「100年に1度の不況」

と言うような不安を煽る言葉を
テレビや新聞を通じて耳にしたでしょう。

そんな暗いニュースを聞いていれば

誰でも気分が落ち込み
チャンスはないものだと
諦めてしまうでしょう。

しかし、

嘆いていても何も起こりません。

こんな時代こそ、ピンチを
チャンスに変える大物が誕生するものです。

そうです。

実はウォーレンバフェットが誕生したのも、

世界恐慌のまっただ中だったのです。

1929年にニューヨークの株式相場の
大暴落から世界恐慌が始まりました。

今から80年ほど前の話しですが、

そんな経済的混乱期の1930年に

ネブラスカ州オマハと言う田舎で
バフェットは生まれたのです。

バフェットのお父さんハワードさんは

証券会社のセールスマンでしたが、
大恐慌のあおりを受けて勤務先が倒産、

バフェット1歳のときに
解雇されていたのです。

「お金持ちはもともとお金持ちだったんだ」

というねたみの声を聞く事もありますが、

バフェットは文字通り、ゼロから
いやマイナスから富を築いたのです。

何もない状態から成り上がった人から
学ぶことには意義があるはずです。

バフェットは早くからお金の知識を学んだ

バフェットには姉がおり、

乳飲み子二人を抱えて大黒柱が失業と言う、

経済的不運な状況から
バフェットはスタートしています。

むしろバフェットの幼少期の暮らしは
貧しいものだったからこそ

早いうちから身を以て
お金の大切さを学んだのかもしれません。

バフェットほど
お金の大切さを実感している
成功者はいないような気がします。

生まれながらのお金持ちには
見えないシビアな知恵を身に付けて
いるわけです。

彼の私生活に派手さはありません。

そこに芯の強さを感じます。

世界1、2位を争う大富豪となっても

約10万ドル(約1000万)という

世界的CEOとしては
安すぎる年俸で働くのも、

運転手やメイドを雇わず、
若い事に購入した質素な家に住み続けるのも

幼少期にお金の大切さを
痛感しているからかもしれません。

しかしこれは嬉しいニュースとも言えます。

今、日本の不況の中だからこそ

お金の大切さを痛感し
大切なお金の正しい知識を
学ぶチャンスがあるのです。

そんなバフェットの考え方
思考はきっと私たち誰にでも
役立つ事になるでしょう。

お金が人生のすべてではないですが、
重要なものと言うのは確かです。

まずはお金の知識、経済の本質を捉え

ウォーレンバフェットのように
堅実かつ大胆な大富豪を目指しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>