モテる男は髪の毛のセットも身だしなみもしっかり整える習慣


今回のテーマは、

モテる男は髪の毛のセットも
身だしなみもしっかり整える習慣

について紹介します。

化粧をする男性というのが、
話題になるくらい、

今では自分の身だしなみに
時間をかける男性が増えてきましたが、

残念ながら、男性の場合、

メイクの時間とモテる具合は
比例しないのが現実です。

化粧道具にお金をかけ、
メイクに時間をかけても、

モテる男にはなれません。

とは言え、、

無頓着ではいけません。

1日5分で良いのです。

その習慣をまずは付けましょう。

モテる男は髪も身だしなみも
しっかり整えるものです。

男は通常メイクをしないので、

ヘアスタイルと言うのが
顔の印象に大きく影響します。

寝癖がピンと立っていたり、

ベタベタやパサパサな髪では
あなたのイメージは確実にダウンします。

まずは髪の毛のセットを整える習慣

「あの人は仕事ができそう」

というイメージが、

モテる男の恋愛ファッション戦略の
基本となるわけです。

身だしなみもヘアスタイルも清潔感を
アピールする事が一番重要です。

ところが、
男性の中では10年ほど

ヘアスタイルを変えていない
と言う人も多いです。

30代以上の男性の
ヘアスタイルに関する情報は
極端に少ないので、

似合っている、似合っていない
に関係なく、

短くてきちんとしていれば

男性のヘアスタイルは
成り立ってしまうので、

近所の床屋で「いつも通りで」
で終わっている人も多いでしょう。

しかし基本形は変わらなくても、

時代によってスーツのスタイルに
変化があるように、

男性のヘアスタイルにも
流行は存在するのです。

女性に好感を持ってもらう
モテる男の髪を作り、

外見の印象を変えるのは重要なのです。

まずはプロの美容師に
聞いてみるのが手っ取り早いです。

数千円の出費の違いは出ても、
それだけで結果が変わったりします。

毎日髪をセットする男はモテる

そして髪は毎日のスタイリングや
ヘアケア、髪の毛のセット、

身だしなみによって
印象がだいぶ変わります。

ヘアースタイルを一変して印象を変えた

前回紹介したモテなかった
エンジニアの彼ですが、

私は次にその彼に
毎日髪をスタイリングしてセット
することも覚えてもらいました。

これも長年彼がやって来なかったことですが

髪型を格好良く決める為に

シャンプーの後、整髪剤を使い
ブローをかけることを理解してから

彼にはそれが日課になりました。

また、彼は髪の毛を柔らかくするため
良質のコンディショナーも使い始めました。

すると興味深い事に、

彼の身の回りは色々な事が
変わり始めたのです。

以前に比べて、会社の内外で
女性から興味を示される事が多くなった
気がしてきたのです。

「これほど女性から注目されるなら、、」

毎日ドライヤーをかけてセットするなんて
メンドイし、煩わしい、と思ってきた事も
問題にするほどの事ではない。

そう考えるようになりました。

髪の毛は放っておくと乱雑になる

髪は放っておくとすぐに
乱雑になり不細工になります。

だからこそこまめなケア、毎日の
セットの習慣が大切なのです。

たしかに、慣れないことをする

今まで気にしていなかったことを
するのは面倒な事も理解できます。

しかし一日5分から
10分の手間をかけるだけで

女性からの印象が良くなり、
自分に自信を持てるようになります。

習慣になれば、歯を磨くくらい
当たり前になりますから、

初めは強引にでも習慣づけていく、

この姿勢が重要です。

モテる男は髪も身だしなみも
しっかり整えるのです。

女性に比べれば
その労力は少ないものです。

最低限、毎日髪をキレイに
しておくことは大切な事です。

脂でベトベトなのもよくないし、
ボサボサの寝癖がついてるのも良くないですし、
もちろんフケがあるのも良くないですね。

ぜひ、美容師さんに

あなたに一番似会う髪型
してもらうよう頼んでみると良いでしょう。

そしてしっかり髪の毛をスタイリング
する方法を教えてもらいましょう。

彼らはプロですから、
丁寧に分かりやすく教えてくれます。

複雑な髪の毛のセットまで
マスターする必要はありません。

まずは簡単なところから、

そして、そのヘアスタイルを
毎日しっかり整えましょう。

それだけ印象が大きく変わります。

モテる男磨きの習慣としてまずは
意識を変えることから始めましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>