モテる男、モテない男の髪型、恋愛に効果の出るヘアタイル


今回のテーマは、

モテる男、モテない男の髪型、
恋愛に効果の出るヘアタイル

について紹介します。

同じ顔であっても

髪型が変わるだけで、
印象が変わるのが普通です。

ヘアサロンで髪を整えるのが
心の癒しになるという女性と違い、

外見、見た目に無頓着な
男性というのは、

放っておくと勝手に伸びてくる
髪の毛の手入れを面倒だと
感じる人も多いでしょう。

が、恋愛で結果を出すためには、

この心の壁を乗り越える
ということが大切なのです。

モテる男、モテない男の髪型、ヘアタイルの
違いと言うのはどのようなものでしょうか。

これからモテる男のファッション戦略
と言う事で見た目、外見を作るための
様々な方法を紹介していきますが、

どれだけ素晴らしいファッションでも、

まずは身だしなみを整えてから
始めてその効果が現れます。

どれだけ高価なスーツに
身を包んでいても、

肩にフケが溜まっていたり
脂ぎった肌や荒れた手では

相手の女性に好印象を与えられません。

ちょっとした毎日の習慣で
あなたの身だしなみは整えていけます。

恋愛に効果の出る男の嗜みとして
意識してきましょう。

まずはモテる男の髪型、
ヘアスタイルから紹介していきます。

ヘアスタイルは大きく印象を左右する

私がコンサルをしていた
女性と縁がなかった28歳のエンジニア

私が始めて彼と会ったときの印象は

「縄文人…?」

髪は長くてぼさぼさで何カ月も
切っておらずクシも入れていない。

そんな状態でした。

ヘアスタイルというのは
モテる、モテないを左右する

髪の手入れは、女性に良い印象を
与える重要なポイントです。

縄文人のようなヘアスタイルでは
モテる男にはなれません。

「でも、映画俳優とかは、
ぼさぼさに乱れたヘアスタイルでも
カッコイイじゃないですか?」

そんな意見もありますが、

確かに、、

でも実は、彼らはそんな
無造作ヘアーを作るために

時間とお金と手間をどれだけ注ぎ
込んでいるか知っていますか?

俳優さんなんかは、

超一流ヘアメイクさんが付いて
ケアをしっかりやっているものですから、

長い髪でボサボサでも
似合うように見えるのです。

素人考えで真似すると
手痛い目にあうヘアスタイルです。

モテる男、モテない男の髪型、ヘアタイル

ボサボサ=モテない男
すっきり=モテる男

という単純な公式ではなく、
もちろん全てにおいて、

短い髪が、長い髪よりも良い

とは言い切れませんが、

若い頃ロングヘアーが似合っていた人も
年を取ると似合わないことが多いです。

もちろん長髪が似合う人もいますが、

男は短くて清潔感のある
ヘアスタイルが無難でしょう。

男性は女性のように、

化粧をしたり、ヘアスタイルに
多くの選択肢がある訳ではなく、

その分、素肌の状態や
髪型など髪回りの要素によって
人の印象に差が出やすいのです。

28歳のエンジニアさんも

10代の頃ロングヘアーが似合うと言われ
そのままの状態でいるらしいのですが、

今はもう少し短くしてきちんとした
印象の髪型にした方が良い
とアドバイスしました。

そして思い切って新しい
ヘアスタイルにした所

印象は一変しました。

「仕事のプロ」と言う雰囲気になり

「私は彼に人生に責任を持てる男」

と見えるようになりました。

恋愛に効果の出るヘアタイル

奇抜な髪型や、おしゃれな
ヘアスタイルで人気になることもあります。

が、それが本当に似合うのは、
モデルや芸能人などごく一部の人です。

結局のところ落ち着くのは、

「仕事のできそうな男」

という印象を与えるのが、
モテる男になる一番の近道です。

つまりこまめにヘアカットに出かけ、
常に清潔感を維持するということです。

ヘアスタイルを変えるだけで

女性からの印象は変わり
モテる男に変わることはできます。

ヘアスタイルを少し変えるだけで、

顔の締まり具合や精悍さ、
明るさなどが見違えるようになるのです。

モテない男性からの相談を受けると、

髪はそのまま放置、
床屋に不定期にいく、
自分で適当に切っている、、

という人が高確率でいます。

そんな人がまず印象を変えるには、

美容院に行って、

「自分に合った髪型にしてください」

と言うことです。

外見のレベルアップのためには
まず取り組むべき行為とも言えます。

というわけで、恋愛に効果のあるという
部分では髪型へのこだわりよりむしろ、

髪型、ヘアスタイルを含む身だしなみと
顔周りのケアが欠かせないのです。

次回、もう少し具体的な
髪の手入れ方について紹介します。

ぜひ参考にして下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>