自宅を快適な空間にする色の法則、自然素材の色の癒し心理効果


今回のテーマは、

自宅を快適な空間にする色の法則、
自然素材の色の癒し心理効果

について紹介します。

仕事で集中する為には
色の効果を使うのが重要ですが、

仕事の成果が出るかは
休息と活動のメリハリ次第…

ここで、自宅の環境をしっかり
充電できるように整えておく
というのは、

現代のビジネスマンにとって
必須の事ではないでしょうか。

「気に入る」という言葉もあるように、

好きなインテリアや色、
香り、音楽などに囲まれていると

良い気が宿ると言われており、

心や運気を上げる力がある
と言われています。

自宅でリラックスして癒されるほど
外でバリバリ仕事が出来るものです。

では、実際にどのようにしたら

自宅が快適に心和む
空間になるのでしょうか?

カラーコーディネートの
観点から考えてみましょう。

家の色の配分には
決まった数字の法則があります。

まず家の中を

「メインカラー70%」
「サブカラー25%」
「アクセントカラー5%」

の三つに分けます。

スポンサーリンク

自宅に癒し心理効果を与える法則

メインカラーは、

天上や壁、カーペット、
床の色など、

サブカラーは、

ソファーやソファーカバー、
カーテン、寝室のリネン類、
ラグマットの色など、

アクセントカラーは、

小物や雑貨類、照明器具、
絵画、写真、観葉植物、花など、

家のインテリアの色は
壁と床で大まかな色のイメージが
決まってしまうと言います。

基本的に明るい色ほど
部屋が広くなる印象があり、

軽やかな感覚を作り出すのに
適していると言います。

少し抑えるほど個性的な印象になり、
重厚な印象を作りやすいです。

しかし自宅はリラックスが
メインのカラーがお勧めです。

70%のメインカラー部分には、

圧迫感のない青みの
強い白ではなく、

少し黄みの入った
アイボリーやオフホワイトを
使うと良いでしょう。

そして、25%のサブカラーが、
実は一番大切な部分です。

サブカラーに、今、

自分にとって必要な
ストレスケアに効く色
取り入れてみると、

かなり癒し効果がチャージ
できます。

イライラしやすい人には、

水色、ミントグリーン、
ピーチピンク、桜色、

不眠症に悩まされるなど
不安感があり、

心身のダメージが深い人には、

青や青緑、深緑、淡い紫、

疲れがたまり、心身の活力を
チャージしたい人には、

淡いオレンジ、少量使いで赤、
茶色がお勧めです。

自然素材の色の癒し心理効果

また、アクセントカラーには

部屋に精彩を与える
効果があります。

自宅のインテリアは
なるべく自然素材で揃えましょう。

日本人は無意識の中に

障子や畳、自然素材で作った
日本家屋のイメージが

私たちの感覚に生きているのでしょう。

ナチュラルな色を好み
安心する心理があります。

人工的な素材である

プラスチック、ポリエステル、
人工皮革、合成ゴム、ポリプロピレン、
ナイロンなどは、

湿度のコントロールが出来ず、

静電気が生じやすくなります。

静電気が発生しやすい
空間に入ると、

イライラしやすくなり、
快適生活を送ることは出来ません。

ぜひ、できる限り
アジアン家具のような

ラタン、木製、紙、木綿、
シルク、ガラス、土、天然石、
観葉植物、花などを

集めて自宅空間を作ってください。

色と自然素材の空間は

あなたの心に癒しと平安と
幸せを招くでしょう。

自宅を快適な空間にする色の法則

最終的にどのような色で
部屋のインテリアを構成して行くのか、

それは部屋の用途のよって変わのです。

そして、自宅を快適な空間に
する色の法則を使うために、

ご自身がどういう
心の状態であるのか、

自分で自分の心に
問いかけてみることです。

「イライラしている状態」

なのか

「不安感で一杯」

なのか

「疲れがたまっている」

のか、それぞれの状態によって
色の心理効果は異なってきます。

ここでオススメしている色も
あなたが気に入らないのであれば、

無理に使用するのではなく、

自分がそのときに気になる
色を取り入れてみてください。

赤色を良く使えば緊張状態を
引き起こすのでリラックスできません。

がそれがパーティールームなら
盛り上がる空間にもなるのです。

理論より直感を優先してください。

今、あなたが気になる
色や引かれる色は、

ご自身の心身の健康維持にとって、
とても必要な色なのです。

自宅のバスルームを快適な空間にする

また、自宅の中でも
バスルームは、

一日の疲れを取り除く為にも

「色の法則」をこだわりたい
空間です。

快適なバスルームの色
としてお勧めなのは、

すこし緑みの入った
淡い青である、

アクア、水色でしょう。

明るく淡い青色なので、
心に活気を与えつつ、

清涼感もたっぷりです。

リフレッシュ効果の癒し
心理効果もあります。

これからマイホームや
マンションを買う予定のある人は、

アクアの浴槽を選んでみて
はいかがでしょうか。

その他にも、

バスローブやタオル、
ボディータオル、観葉植物

を入れる鉢などにも
この色の法則を活用してみてください。

また、アクアと合わせて、

筋肉の疲労を解きほぐす
ベビーピンクなども

バスグッズの色として使ってみると
かなりの癒しが期待できます。

たしかに黒や紺、こげ茶
などは高級感があって
素敵な色だと思いますが、

癒しの色ではないので
バスルームには不向きです。

また最近では高齢化社会に
突入するにあたり、

バリアフリーに適した
部屋空間作りが重要になっていますが、

色というポイントも見逃しては
いけません。

加齢により色の認知は変化し、

同じ色を見ていても
年配の人と若い人とでは
感じ方が異なっているのです。

階段の注意ポイントなど
冷たい寒色系よりもあまり暗くない
暖色系を使った方が、

実際の色との差が小さく
目立ちやすかったりします。

以上、こうしたポイントを踏まえ

自宅を快適な空間にする
色の法則を上手く活用し、

自然素材の色の癒し心理効果
を参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>