男と女の恋愛に関する根本的な違いと矛盾、不公平を受け入れる


今回のテーマは、

男と女の恋愛に関する根本的な
違いと矛盾、不公平を受け入れる

について紹介します。

近代社会システムにおいて、
差別は許されていません。

法の下の平等が前提で、

社会はできるだけ格差をなくそうと
努力しているわけですが、、

確かに差別はいけませんが、
区別は存在するはずです。

人間というのは、
誰でも彼でも同じわけではなく、

違いがあるものです。

男と女の恋愛に関する根本的な
違いと矛盾に気づく事が

恋愛のスキルを高めるための
第一歩となります。

そしてその不公平に対して
文句を言って愚痴を言い続ける、、

のではなく受け入れて
コントロールすることが、

モテる男になるために
大切なマインドセットになるのです。

男と女の考え方の違いは、

原始時代から存在していました。

そして文化の違い、
流行の移り変わりにより、

表面上の差異はたくさん生まれますが、

根本的な部分は太古からあまり変わりません。

恋愛は男が誘い、女性が決定する

前回は、モテる男の恋愛における
共通パターンのルール1.として

肉体の関係を女性に哀願しない

と言う話をしました。

今回は、さらにモテる男に
共通するパターンに関する解説の続きです。

●ルール2.

『モテる男は、誘うのは男の仕事で、
決定権は女性にある事を熟知している』

男と女の恋愛におけるゲームには
様々で複雑な駆け引きがあります。

あるときは追いかけ、
あるときは素振りを見せ、
あるときは拒絶し、
あるときは必死に振り向かせようとしたり…

特に男は、ベッドインに至るまでの
プロセス、過程を楽しむ傾向がありますよね。

で、事が終われば冷めてきてしまう…。

そして、女性はと言うと、

男の愛のレベルを確かめようとして、
時間をかけて、相手に自分が愛情を注ぐのに
ふさわしいかと知りたがる傾向にあります。

男性にとってゴールであるが、

女性にとってベッドイン
が恋愛の始まりのようなもの。。

だから男と女の恋愛ゲーム
ルールには根本的な矛盾があるのです。

そこを理解する事がモテる男と
モテない男の違いかもしれません

恋愛のゲームはいつも不公平

ベッドインを求めて、自分の
欲しいものを追いかける男。

でも、その
最終的な決定権は女性にある。

だから、
男は女性のペースに合わせながらも、

しかも積極的に迫らないといけない。

これは全然公平なルールではありません…

男は目標達成するまでに全ての段階
リスクを背負わされているのです。

男が声をかけ、会話を盛り上げ
連絡先を聞き出さないといけないし、

男からキスを迫らないといけない。

デートプランを考えるのは男で、

よければ喜ばれて、
悪ければ不満を持たれます。

いずれにしてもデート代
大抵は男が持ちます。

でも、女性がノーと言った
らそれに従わなければいけない。

しかも、難しいのは女性が
ノーと言ってるのに従わない場合、
男は危険にさらされてしまいます。

最悪の場合は痴漢やレイプだと
言って訴えられる事もある…

リスクとリターンのバランスが
極端に悪いと感じる事があるでしょう。

矛盾したゲームに打ち勝つ方法

あるビジネスで成功した知人に

ビジネスでの成功の極意を聞きました。

その答えは

「お客様をどれだけ有利にでき、
自分たちがいかに不利にできるか」

がポイントだと言っていました。

私たち人間の心理は

いかに相手に有利に立つか、
少しでも相手より得したい

と言う本能があります。

これが成功の邪魔だと言うのです。

圧倒的にお得なオファーを
お客様に提示できたときに
ビジネスは確実に成功できる。

でもこれはかなり怖い事…

だから多くの人はビジネスが
うまく行かないのだ

と教えてくれました。

これは恋愛においても
同じ事が言えるのです。

恋愛において男は女より不利である…

でも、モテる男は
ここを重々理解しているのです。

男と女の恋愛に関する根本的な
違いや矛盾、不公平を受け入れる

この差をしっかりと受け入れ
理解する事が男女の矛盾したゲームに
打ち勝つ唯一の方法です。

そして最初のステップでもあります。

ただ、不公平の先に待っている
確かな素晴らしいものがあります。

だから努力ができるのです。

あなたもこの男と女の
ルールの違いをまずは受け入れ

そしてしっかりと理解しておいてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>