色の好みは国、性別、世代、年齢で違う、ターゲットで色を変える

色の好みは国、性別、世代、年齢で違う、ターゲットで色を変える
今回のテーマは、

色の好みは国、性別、世代、年齢
で違う、ターゲットで色を変える

について紹介します。

赤い服を身につけると
活発に行動するようになり、

緑の多い自然の中にいると
心が落ち着くという事は、

耳にしたり、実際に
体験した事があるでしょう。

色によって感情を高揚させたり、
鎮めたり、緊張させたり緩めたり、

という事がある訳です。

こでまで、

色には人の心身に与えるパワーがあり、
売れる色には法則がある

という事を紹介したのですが、

「お客さまであるターゲット
の好む色を活用する」

ことをオススメしました。

が、例えば、

日本人女性は、

黄みの入ったサーモンピンクや
オレンジ系のコーラルピンクを
好みます。

しかし、中国人女性は
ツツジの花のような

青みの強いピンクの方を
好む傾向があります。

或は、キリスト教、ヒンドゥー教
を信じている国では、

青色というのは天使や神様の
シンボルカラーでもあるので、

神聖な感情を引き起こす色ですが、

日本では青色を見て
宗教的な気分を味わう人は、

クリスチャンの人以外
あまりいないのではないでしょうか。

このように、

国や性別、年齢により、

色の好みはだいぶ異なるのです。

この違いを知っておけば、

あらゆるビジネスや商品開発などに
活かしていく事ができるのです。

スポンサーリンク

ピンク色の世代別色の好み

例えば、

女性が好きなピンクであれば
以下のように変遷していくようです。

小学生が好きなのは

「パステルピンクのような
可愛いピンク」

10代は、

「ローズピンク」

20代は、

「ラベンダー系のような
薄紫系ピンク」

そして子育て中は

「コーラルピンクのような
オレンジ系のピンク」

45歳からは

「赤紫に近い濃いピンク」

60歳からは

「紫みを帯びた明るいピンク」

「カワイイ」というイメージで
良く表現されるピンク色ですが、

また性別を変えて男性であれば、
性的なスケベな妄想をかき立てる
色でもあるのです。

しかし国を変えればその
イメージも変わります。

大人なビデオの事を
アメリカでは「ブルー」中国では「黄色」
と表現するらしいです。

…というように話が脱線しましたが、

色の効果はターゲットによって変わります。

同じ日本という国でも
年齢、世代ごとに

色の好みが変化していくのです。

ターゲットによって色を変える

女性に人気の高いピンクと
一言で言っても、

世代、年齢によってその
嗜好には、

かなり好みが異なって
いるというのです。

もちろんこの戦略をしっかり
取り入れるのであれば、

あなたのビジネス上のお客様に
アンケートをとるなどして、
リサーチをするのが一番です。

しかしある程度日本人対象に
好まれる色というのは、
分かってきているものです。

女性をターゲットにしている
ビジネスをしている人は、

特にピンクの世代別の
好みを取り入れていけば、

事業的にもいい結果が
得られるでしょう。

ある大学で学生300名に

好きな色、

パソコン、携帯、手帳などに
取り入れたい色を調査したところ、

その結果分かった事は、

男女問わず、

1位から3位までには、

黒と白、青など

シンプルで落ち着きのある
色を好んでいるという事です。

色の好みをビジネスに活かすなら

ピンクはカラーセラピーでは、

女性ホルモンの分泌を活発にさせ、
性格も身体も女性らしくなり、

安心して守られている
愛されているという感覚に
包まれる効果があるようです。

もちろん女性生徒は
ピンクも好きなのですが、

特に男子生徒の場合、

赤やオレンジ、黄色と言った

幼児や子供に人気の高い
原色は好まないのです。

彼らが取り入れたいと望んだ、

携帯電話、パソコン、手帳の色は、

以下の通りでした。

「男性生徒」

携帯電話…

1位:黒、2位:青、3位:白

パソコン…

1位:黒、2位:白、3位:シルバー

手帳…

1位:黒、2位:茶、3位:青

「女子生徒」

携帯電話…

1位:白、2位:ピンク、3位:赤

パソコン…

1位:白、2位:黒、3位:赤

手帳…

1位:ピンク、2位:黒、3位:赤、黄

この結果から、若い世代の人たちは、

シンプルなカラーを
好むかが分かります。

色の好みは国、性別、世代、年齢で違う

色のイメージや好みはある程度
共通性もあります。

青色であれば、
大空会う身の色を連想するのは
ある程度誰でも感じる事です。

そかし、人の主観やパーソナルな
経験の記憶に基づいて、

特定の色が他の人とは
違う感情を喚起させるのです。

ビジネス戦略を考える時、

ターゲットの好む色は
無視できません。

海外へお店や商品を
展開するときにも、

嗜好色をきっちり
押さえて取り入れていけば、

必ず売り上げが伸びていくでしょう。

どの国でも、

青や白、グリーン
嫌いだと思う人は
あまりいないようです。

日本の場合、日照率が
45%と高いため、

水色、ミントグリーン、
グレーの混ざった
濁色が好まれます。

また、一般的に原色よりも
ソフトな色が好まれる事も
理解しておきましょう。

色の好みは国、性別、世代、
年齢で違うので、

自分のビジネスのターゲット
をよく調べた上で

効果的に色を使えれば
仕事の成果も上がってくるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>