TPOに合わせて意識的に服の色を選ぶとうまく自分を演出できる


今回のテーマは、

TPOに合わせて意識的に服の色を
選ぶとうまく自分を演出できる

について紹介します。

ビジネスにおけるスキルアップ!

…と言えば、

普通は、英会話や資格試験、
セールスやマーケティングの知識など、

ついつい内面の部分に
注目をしてしまいます。

しかし、
見た目を意識するというのは
最も手軽でパワフルなスキルアップ
となります。

無自覚に色を選ぶのは、

自分の魅力を落とす事と
イコールになってしまいます。

かくいう私も、

以前は無頓着でとくに
疲れているときは、

服の色まで選ぶ余裕はなく、
適当に選んでいました。

しかし色の効果を知るほど、

適当に近くにおいてあるものを
何も考えずに着る事は

自分の演出として損している
事に気づきます。

そうなれば

「失敗したな。。ちゃんと
今日、会う人に合わせて服の色を
選んでおけば良かった」

と反省したものです。

スポンサーリンク

TPOに合わせて意識的に色を選ぶ

能力や人柄はもちろん
人間関係に重要です。

しかし服装によってその人の
印象は変わってしまうのです。

これは多くの心理学での
調査結果で言われているのですが、

これは脳の性質上当たり前の事なのです。

服装や服の色に無頓着というのは
実際には大きく損をしている
可能性が高いのです。

色を意識するか、しないかで、

ライバルや周りの人たちに
大きく差をつける事が出来ます。

TPOに合わせて服の色を選ぶと、

その場の雰囲気が良くなり、
より好印象が高まります。

仕事も人間関係もスムーズに
なるのは間違いないでしょう。

これまでのイメージを払拭し、

新しい自分を演出し、
イメージを作りたいときは、

意識的に色の心理的効果を
存分に活用するべきでしょう。

色で自分を演出できる方法

まずは、今あなたが持っている
服の色をチェックして

一番何色が多かったか
調べてみましょう。

そこから、
周囲から持たれている

「あなたのイメージ」

というものが分かってきます。

例えば、

黒が多い人は

「仕事が出来るけど近寄りにくい」
「自分の感性やこだわりを大切にしている」
「ミステリアスな魅力」
「美意識が高い」

白が多い人なら

「上品で誠実そう」
「あまり個性が無い、目立とうとしない」
「清潔感がある」
「頭が良さそう」

などというイメージがあります。

そのイメージをあなたの仕事や
環境と照らし合わせて、

良い影響を生むでしょうか?
それとも誤解を生むでしょうか?

良い影響を与えるならいいでしょうが、

悪い影響を及ぼしているなら
色のスタンスを変えるといいでしょう。

意識的に自分を演出する方法

今持っているファッションを
チェックしてみて、

今まで持たれていた
印象を確認し、

自分のイメージアップ
戦略に活かしてください。

ファッション業界では、
その年に流行色は、

インターカラーと呼ばれる
国際的機関がシーズンに先駆け
2年前に年二回の会議を開き、

春夏、秋冬の色を三か国の
提案を元に検討し発表します。

そう言う意味では流行色は
あらかじめ決められているのです。

そのトレンドに乗りあなたも
色を決めているのかもしれません。

それももちろん良いですが、

自分のパーソナルカラーや

具体的にあなたの仕事で誰に
どんな印象を与えたいかを考えて
TPOに合わせて色を選べば、

戦略的に効果を生む訳です。

「自分を知り・色の効果を知る」

これが大切です。

自分のイメージを
変えていきたいときは、

まず

「どんなイメージの
自分になりたいのか」

という基本コンセプトを
考えてみましょう。

そして今すぐ役立つ、
色の心理メッセージを活用しましょう。

人が色を見て感じる印象

色が人に与える印象というのは
基本的に以下のように言われています。

誠実、知性、信頼感

→紺、青色、水色

上品、柔らかい、優しい

→ベージュ、クリームイエロー、
ピーチピンク

安心、安全、爽やかさ

→ミントグリーン、深緑、
ターコイズブルー

頼もしい、おおらか、寛容な

→ごけ茶、レンガ色、カラシ色

元気、溌剌、イキイキ

→赤、オレンジ、黄緑

親近感、ユーモア、憎めない

→黄色、コーラルオレンジ

これらの色の持つ心理効果を
定期的に服や身につけるものに
取り入れていくと、

あなた自身の印象が変わっていきます。

またこうした基本となる印象の他に、

色の分野でイノベーションが
生まれる事があります。

21世紀にはスケルトンが
流行った事はその一つでしょう。

透明でありながらカラフルな
スケルトンは素材と色が合体した
今までに無い色として流行したのでしょう。

女性が持つバッグに透明が
取り入れたとき、

心理学者はコミュニケーション
が上手くとれない世代がゆえに、

心の防衛が高い年代の
心をオープンにしたい心理が、

自分に悪意がないこと、
本当の自分を知って欲しい、

事を反映していると考えていました。

こうした潜在意識があった
かもしれませんし、

むしろ新しい未来を象徴
している色なのかもしれません。

いずれにしれも、色は
他人の印象を変えるものです。

これは、人の潜在意識の中に
カラーイメージが深く
刻み込まれていくためです。

このような効果を取り入れる事で、

結果、人の心をも
変えていくきっかけになり、

より良い仕事や人間関係を
手にする事ができるのです。

色に無頓着にならず
TPOに合わせて意識的に

なりたい自分を色で表現し
自分を演出できるように
してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>