仕事はトラブル、困難ほど頭がフル回転し、アイデアが出てくる

仕事はトラブル、困難ほど頭がフル回転し、アイデアが出てくる
今回のテーマは、

仕事はトラブル、困難ほど頭が
フル回転し、アイデアが出てくる

について紹介します。

世の中では、

怒ったり、不満だったり、
不安だったり、悲しかったり、

というネガティブな感情は
極力否定される傾向があります。

ポジティブな感情以外の示さないで
おくべきという風潮があります。

確かに人間関係を円滑に進める
上では大切な考えでしょうが、

こうしたネガティブな感情は

仕事、ビジネスにおいては
価値があるのです。

例えば仕事で何か
問題が起きたとき、

新たなアイデアを出さなければ
切り抜けれないとなれば、

何としてでもひねり出すはずです。

そのとき、自分自身は
ネガティブな感情に飲まれることなく、

冷静に状況を判断でき、

ポジティブな気持ちを持っていたら、

それはトラブルというより
問題解決のゲーム感覚になります。

いかにアイデアを出して、乗り切るか、

ましてチームで動いているのなら、

アイデアの出し合いになります。

その結果として、

トラブル前より状況が改善していれば、

全員クリアという訳です。

つまり仕事はトラブル、困難
があるほど頭がフル回転するということ、

ともすれば、トラブルや困難にも
メリットが大きいという事ですね。

スポンサーリンク

トラブルに直面するとアイデアが出てくる

何かアイデアを出すという事は、
脳が最も動く瞬間です。

あらゆる仕事の中でも最も
楽しいはずです。

プレッシャーがある分、
当然、頭はフル回転させる事になります。

採用されれば嬉しいし、
不採用なら悔しいです。

これら全ての流れは極めて刺激的です。

まさに加速を要求される事になります。

だから、トラブルは
加速の餌となるのです。

何も問題が起きず平安に
物事が進めば…

もしかしたらハッピーかもしれませんが、
何も生まれません。

仕事では厳しい環境は
実はウェルカムなのです。

平々凡々と安心できる環境で
ぬくぬく育った子供より、

多少過酷な環境に育った
子供の方が強くなるように、

トラブルや困難があるほど
それを乗り越えようと、

頭をフル回転させ、
脳を活性化させようとするのが、

人間の心理なのです。

仕事はトラブル、困難がないと進まない

こうした仕事のトラブル、困難に
実は価値があるという考えは、

なかなか感じられません。

ここで逆に、

トラブルがまったくない仕事
というものを想定してみれば、

もっと分かりやすいです。

要するに先に立てた
計画通りに進む訳ですから、

仕事としては極めて順調という事です。

もちろん、これも大切な事ですが、

予想外のアイデアと言う
ものがでてくる余地もないです。

したがって、特に
加速する事もありません。

予定した通りのものが
出来上がるだけです。

全ての企業が公務員的な
冒険をしない仕事をすれば、

発明もイノベーションも生まれません。

倒産、借金、ライバルの出現…

困難があるからこそ、切磋琢磨し、

資本主義は進化していくのです。

頭がフル回転する環境で生まれるアイデア

世の中にはトラブル、困難を
何とかしようとあらゆる不満から
生まれたヒットというものが存在します。

大きな例で言えば、

ウォルト・ディズニーさんが
ディズニーランドを思いついた
瞬間が挙げられます。

彼は子供と遊園地に行ったとき

自分が「全く楽しめない」と不満に
感じたことがきっかけになったそうです。

そして

「もっと、大人も子供も一緒に
楽しめる施設はできないか?」

という思いからディズニーランド
の構想が思いつき行動に移したのです。

まさにランドはその意志に
沿ったものと言えるでしょう。

また「シャネル」というブランドを
立ち上げたココ・シャネルさん、

彼女がファッションデザイナーに
なったのも不満からだったそうです。

「自分に合う服がない」

という不満です。

スレンダーな体型だった
彼女に合わせた服は、

当時のファッション界には
存在していなかったのです。

そこで彼女が自分で作ろうと
チャレンジしたからこそ

頭がフル回転し、アイデアが出て
行動力も身に付いたわけです。

そしてファッション界に
一代革命を引き起こしました。

頭がフル回転し、アイデアが出てくる状況

仕事でトラブル、困難が
まったくない状況。。

平たく言えば、

これでは面白みがないです。

仕事自体が加速している時、

特に新しい事に
チャレンジするときには、

トラブルが発生する確率は高くなります。

そこで色々とアイデアを
出して対処していくとなると、

必然的に加速度は
大きくなりますし、

そこで色々とアイデアを
出して対処していくとなると、

必然的に加速度は大きくなるし、
頭がフル回転します。

結果的にオリジナリティの
高いものが出来るでしょう。

もちろん、トラブルが起きる
瞬間は誰でも嫌なものです。

辛かったり、痛みを伴い、
苦しい思いをするかもしれません。

出来れば順調に進んで
欲しいと思うものです。

しかし、乗り越えるための
アイデアが出た瞬間から、

むしろトラブルが起きてよかった、

と思えるのではないでしょうか。

子供を産むとき母親は
産みの苦しみを感じますが、

それが愛情ホルモンを育てると言います。

何か価値が生まれる過程には
トラブル、困難が必要なのです。

そしてそれを乗りこえようとする姿勢が

脳二刺激を与え、頭がフル回転し、
アイデアが出てくるのです。

そしてそれを実行に移す人が
成功を手に入れることができるのです。

その繰り返しによって
加速を重ねていく事は、

ある意味で仕事の理想型と言えるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>