仕事も勉強も一つの事にエネルギーを注ぐ、集中できる環境作り


今回のテーマは、

仕事も勉強も一つの事にエネルギー
を注ぐ、集中できる環境作り

について紹介します。

集中力というのが成功者の持つ
最も貴重な資質ではないでしょうか。

英語で言う「Forcus」の力、

散漫な太陽の光はただ温かく
私たちを照らしてくれますが、

力を一点に集中させれば、
物事を焼き尽くすほどのパワーがあります。

一点集中が大事なのは、

仕事だけでなく勉強でも
試験を受ける時も同様です。

受験勉強をして、
本番までもう間がない時は、

なお日常の延長で友人に
会ったりバイトをしたりなど、

勉強以外で忙しくしている人は、

当然の事ながら失敗しやすいです。

そのとき、例えば
試験が三ヶ月にあるなら、

それまでの生活を変える必要があります。

友人とも会わず、バイトも辞めれば、

勉強に集中する時間は
格段に増やす事が出来ます。

勉強にだけエネルギーを注ぐ
環境作りが重要です。

目標がパワーを一点集中させる

まず集中力をつけるには、
明確な目標を作ることです。

あれもしたいこれもしたい…

と思考が散漫になれば、
集中はできません。

また目標を立てる時のポイントは
結果よりもプロセスに置くことです。

「今日の売り上げは○○台」

などと高い結果を掲げてしまえば
逆に手が届きそうもない場合
プレッシャーになることがあります。

集中力の一番の敵はプレッシャーです。

この目に見えない怪物が頭の中に
入り込んでしまえば、

思考を強迫観念が支配し出し、
不安を生み、

その人が本来持っている
「集中力」を乱してしまうのです。

この状態のままでは
良い結果は出ません。

仕事でも勉強でもプレッシャーが集中の敵

我々はなんとか
プレッシャーをはねのけるため
躍起になりますが、

それがプレッシャーの罠です。

「集中しなければ…」

と焦るほど逆に集中できず、
一生懸命取り組むがあまり、

返って集中力が途切れるのです。

だからこそ目標を立てる時の
ポイントが、

「それが自分を成長させて
くれる目標かどうか」

で決めた方が良いのです。

セールスの仕事であれば
クロージングの数にこだわるのでなく、

仕事に打ち込むことを、自分の
成長させる機会と捉えられれば、

誰でも素晴らしい集中力を
発揮することが出来るでしょう。

集中できる環境作りが大切

そして仕事も勉強でも

一つの事にエネルギーを注ぐ為には、

集中できる環境作りも大切です。

先ほどの受験の例で言えば、

3ヶ月は勉強だけに没頭できる
環境を作ることです。

家から一歩もでなければ、

一日10時間は簡単に作れるでしょう。

8時間寝て、2時間だけ
別の事をするとしても、

14時間は勉強にあてられます。

こう言う生活こそ受験生活です。

ここまで勉強に集中すれば、

合格する可能性は遥かに
高くなるはずです。

バイトを休んだ分だけ
収入は減るかもしれませんが、

合格して将来的に
良い職に就いた方が、

よほど大きなリターンを
期待できます。

友人もバイトも逃げません。

後からたっぷり楽しむことが
出来るわけですから、

期限を決めて勉強に一点集中する方が、
チャンスをつかむ確率は上がります。

集中できる環境作りをして
一つの事にエネルギーを注ぐほど、

望んだ成果をあげる可能性が
高くなっていくのです。

これは仕事でも何でも当てはまる
結果を出す人のエネルギーの使い方
の特徴と言えるのです。

一つの事にエネルギーを注ぐメリット

にもかかわらず、

バイト優先の本末転倒な生活を
続けている学生は意外と多いです。

これでは集中力が生まれないため、

生活も伸びきったアメのように
ダラダラになってしまいます。

仕事であっても「平穏無事」な
中で仕事をしていれば、

緊張感がなくなり集中力も
削がれて行ってしまうものです。

平穏無事という言葉は、自分の
成長を放棄した人間の言葉です。

成長を目標とする人は、
守りに入ってはいけないのです。

日頃からでも、

「自分は手を抜いていないか?」

と自問自答することは大切です。

本人にステップアップ
したい気持ちはあるのに、

いざというときに力を
発揮できません。

これは非常にもったいない話しです。

「勉強に集中する環境を作る為、
アルバイトは辞めた方が良い」

こう言うことを言うと、

中には

「生活のためにバイトを辞められない」

と反論する学生さんも
いるでしょう。

しかし、それが本当かどうか
はよく考えると疑わしいです。

仕事にエネルギーを注ぐ環境作り

特に自宅で親と生活している
学生であれば、

家に一日中いる分には
対してお金もかからないはずです。

また今苦しい思いをしても
良い大学に入っていい会社に入った方が、
将来的なお金の苦労は解放されます。

今の中途半端なお金を追ってしまい、
将来のリターンを見逃すのは、
よく考えれば大損なのです。

またこれは、大人になって
仕事をする際も同じです。

大切な事にだけエネルギーを
注げる環境作りができるかどうかは
成功を分けたりします。

作家の村上春樹さんは、

『ノルウェイの森』

の執筆に当たり、

隔絶された環境で集中するために、

わざわざギリシャまで飛んだと言います。

そして、ビートルズの

『サージェント・ペッパー・
ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』

だけを繰り返し聞いていたらしいです。

繰り返す事で脳をセッティングし、

執筆モードを作っていきます。

執筆を完成させる仕事
という一つの事にエネルギーを注ぐ、

集中できる環境作りを
大切にしたからこそ、

大作を完成できたのです。

一つの事に全てのエネルギーを注ぐと…

こうして一点だけに
集中できる状態を作る事が

ステージアップしたい
時には必要なのです。

勉強や小説に限った
話しではありません。

仕事の作業を区切り
一つの事に集中するだけで、

誰でも爆発的なエネルギーを
発揮する事が出来ます。

お金もエネルギーも
全てそこに注ぎ込めば、

何をしていても意識がそこから離れず、

入り込み方が非常に深くなります。

それが加速になっていくのです。

その深みにはまると、

エネルギーを一つの事に傾注する
感覚自体が快感になってきます。

集中力筋力のようなものが
身に付いてくるのです。

もう一度、何かに集中してみたい
という気持ちも生まれてきます。

これは一種のリビドーです。

リビドーはともすれば、

子供やペットなど愛する
対象に過剰に向かいやすいです。

それらを失ったとき、

いわゆるペットロス症候群と呼ばれる、

大変な喪失感とともに精神に支障を
きたすケースもあります。

人間は、それほどエネルギーを
注ぎ込む対象を求めているのです。

もちろん、ペットロスや
バーンアウト症候群には注意して
ほしいですが、

そう言う無意識の欲望を
使わない手はありません。

仕事も勉強も一つの事に
エネルギーを注ぐほど成功できます。

だからこそそれが可能な集中できる
環境作りが成功の決め手のもなるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>