華僑がチーム、仲間に求める能力は、チャレンジ精神の強み


今回のテーマは、

華僑がチーム、仲間に求める
能力は、チャレンジ精神の強み

について紹介します。

華僑の成功者が考える

チーム作り、仕事仲間として
迎えるかどうかの判断基準は、

過去の実績よりも能力主義です。

能力主義と言うよりも
チャレンジ精神を大切にするようです。

チャレンジする人の
過去の実績を問わず、

学歴や年齢なども関係なし、

日本やアメリカなど先進国では

まだまだ学歴や年齢、過去の実績が
評価される文化がありますが、

過去にこだわると言う事は、

新しい可能性を排除するようなものです。

仕事で求められるのは
過去の実績ではなく将来性です。

新たなチャレンジャーのデビューを
後押しして鍛え育てれば、

新たなレバレッジを効かせ、

より多くの利益を生み出す事が
可能になるのです。

華僑のボスと言うのは
自分の天下を広げる事が本分です。

なので能力の高い仲間を増やす事は
メンツの上でもかなり重要なのです。

そしてその仲間を選ぶ際の
チェックポイントは

チャレンジ精神という事です。

スポンサーリンク

過去を見ても能力は見えない

華僑が過去の実績を問わない
もう一つの理由として、

その人にどんな能力があるかは、

過去だけ見ても計れない

と言う前提があります。

その前提で華僑は2つのシンプルな
仮説に基づき能力の可能性や強みを
探ると言います。

一つが「適性」そして「知識」です。

「適性」というのは、

営業はダメだったけれど、
経理には向いているかもしれない。

「知識」というのは、

営業がダメだったのは、
売る方法を知らなかっただけかもしれない。

特に華僑が重視する能力は

2.の「知識」です。

これはノウハウとも言い換えれます。

国を超えて、時代を超えて
通用するノウハウを重視するからこそ
彼らは世界中で活躍できるのです。

つまり、正しい方法なり、
効果的なやり方を教えさえすれば、

そのノウハウを他の人よりも
抜群に上手く使いこなせるかもしれない。

既にノウハウを知っている人が
5の結果を出すのに対して、

10の結果を出せるかもしれません。

そして知識を使いこなせるには
行動を起こす力が必要です。

だからこそ華僑は、過去の出来、
不出来に関わらず、

どんな仕事でもまずはチャレンジをする
機会を与えるのです。

過去の実績をノウハウが超える瞬間

私の経験上、

知識やノウハウが過去の実績を
超える瞬間は良く感じます。

机上の空論とはよく言ったもので、

ビジネスの世界では、
教科書をいくら読むよりも

ストリートで、実践で
勝ち得た経験の方が役に立ちます。

以前、家庭教師をしていた
友人に聞いた話ですが、

難関私立中学校の受験問題は
かなり難しいですが、

中でも算数の問題は大人でも
ほとんどの人が解けないと言います。

なぜなら「方程式」を使わないで
答えを導きだしなさいと言う問題だからです。

方程式を使えば、公立校の
中学生でもすらすらと解けるのですが、

使わない事がルールなので
難しいのです。

思考、方法、技術など

知らなかった何かを覚える事で、
過去の自分には難しかった事が
簡単にできるようになります。

ノウハウと言うのは
そう言った力があるので

過去の実績だけで評価すると
盲目的になってしまいかねません。

これは誰しも人生の中で
良く経験していると思います。

華僑の考えも、

色々な事にチャレンジをし学ぶ事で、

知らなかった自分の能力を
発見できると言うものです。

だからチャレンジ精神が
最大の強みとなるのです。

チャレンジする側も、
マネジメントする側も、

過去の実績にとらわれるのは損です。

合理的な華僑の間には
そんな考え方が浸透しているようです。

できない人もチームに入れる

さらに興味深い、華僑の
チーム、仲間作りの特徴があります。

華僑と言うのは基本的に
個人の能力を重視しますが、

彼らの仕事のチームでは

意外にも仕事の能力が低い
いわゆる「できない人」も
存在するのです。

売り上げトップの営業マンは

その人の力だけで
トップになっているのではなく、

その他大勢がいるから順位が生まれ
トップが生まれている、

トップが輝けるのも、

比較対象となる2番手やトップの
対極となる最下位の人がいてこそ、

と考えるのです。

まるで陰と陽の
太極図のような考えですが、

優秀で能力が高い人だけ
のチームで固めないのが

彼らの特徴の一つでもあります。

つまり、できない人には
「できないとい役割」がある、

「できないと言う仕事」
ができるので、

華僑の成功者は
できない人も大切にしているそうです。

なので、できない人を無理矢理
頑張らせようとせず、

そのままでOKなのです。

能力の高い人と低い人

さらに言えば、

あるコンサルタントが
教えてくれたのですが、

能力の高い、できる人だけのチームより

できない人を混ぜたチームの方が
組織としての機能が高まり、

結果、チーム全体の成績が
上がると言う現象も起こると言います。

スポーツチームでも、

ドリームチームと呼ばれる
各チームのトップスターを集めた

アメリカのオリンピック代表チームが、
格下の相手に負けてしまったり、

各チームの4番打者ばかり集めた
野球チームが優勝できないのも、

こうした理由からかもしれません。

例えば、6人の営業チームで
2人が「できない人」だったとします。

するとその二人がいるおかげで
優秀な4人が自信を増し、

一層力を発揮して数字を伸ばすのです。

また重要な仕事を任されている
優秀な人のミスは大事に
なるケースが多いですが、

できない人のミスはたいてい
謝れば済むレベルで終わります。

その小さなミスを優秀な人が
しっかりとフォローする事で、

かえって顧客から評価されるなど
「できない人」がいてこそメリットも生まれます。

チャレンジ精神が最大の強み
優秀な人だけで固めない
過去の実績を評価しない

など、、

華僑のチーム作り、能力の評価は
そう言った意味でも大変参考になります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>