職場、転職での人付き合いの不安、不満やストレスの対処法を持つ


今回のテーマは、

職場、転職での人付き合いの不安、
不満やストレスの対処法を持つ

について紹介します。

現代社会は確かにストレス社会です。

職場での息苦しさを感じている
人も多くいるでしょう。

例えば最近では会社内でも
いじめが増えていると言います。

これは会社が居心地悪くなる
ように仕向けて、自分で退職する
要に促す為とも言われています。

将来の不安は誰もがあるでしょう。

リストラや成果主義の進行で、

弱い立場にいる社員は気が気では
ありません。

組織の存続の為に、

どうしてもリストラが必要であるならば、

せめて公明正大にその事を説明して
社員の了解を求めるべきでしょう。

陰でこそこそといじめて

本人が嫌気を催すように
仕向けて辞めさせるというのは
恥ずべき行為でしょう。

スポンサーリンク

職場、転職での人付き合いの不安、不満

だからと言って、

そうした動きもないのに、

いつか自分がいじめられたあげく、

リストラされるのではないか
といつも不安に怯えて暮らすのは
精神的に良くありません。

人間心理の状態として、
不満、不安状態を抱えると、

つい愚行を犯してしまう傾向があります。

こうした不安、不満が高じると、

上司や同僚が自分だけをいじめている

と思い込んでしまうと言った
精神状態に陥る事があります。

これではストレスに参ってしまいます。

人間心理の中で
興味深い特徴があるのですが、

よく幼い子供が、自分の下に
弟や妹が生まれた途端、

夜尿が再開したり、

親にまとわり付くような甘え方
ぶり返したりすることがあります。

これは良く知られているように、

かつて自分が独占していた
親の愛が弟や妹に向けられる
ようになった欲求不満から、

無意識のうちに赤ん坊時代に
戻って親の愛を取り戻したい
という心の作用が働いているのです。

退行作用の精神的なメカニズム

何かしらの心理的理由、

多くは不安やフラストレーションにより、

現代の発達段階から以前の
発達段階に戻ることを

「退行」(regression)

と呼ぶのですが、

これと似たことが大人の世界でも
起こることがあります。

自分の能力に自信を失ったとき
そのギャップを埋めようとして

年齢を逆戻りさせようと
無意識的に思ってしまうのです。

子供ほど極端ではなくても、

未熟で幼稚っぽい振る舞いを
起こすことがあります。

不安の中で働くビジネスパーソンの中
にもこうした現象が起こるのですが、

こうした精神状態になった時、

転職するのもひとつの方法でしょうが、

いわゆるつらい環境からの
「逃亡」というわけですが、

しかし、それでは問題の
本質は解決したとは言えません。

むしろ、安易に転職する事は、

今の社会では破滅に
つながる恐れもあります。

転職での人付き合いのストレス

転職する場合は、

友人や知人による口利きや紹介で、
という事も多い事でしょう。

孤独のうちに、

何のあてもなく転職するというのは、

現代では無謀な事になります。

ただ、コネで再就職したときに
には注意しなければなりません。

その環境が自分にフィットする
という保証はありません。

またもや勤めてすぐに辞めたり
などすれば、

友人や知人の信用を潰す事に
なるからです。

コネというのは、

もちろん良いレバレッジになる
ものですが、

それを利用したときに一定の
足かせを受けます。

もし、またもや退職して友人や知人の
信用を潰してしまったら

もうその人たちとの関係は絶たれます。

そう言う事を考えれば転職での
人付き合いもストレスの多い事です。

職場、転職でのストレスの対処法を

不安から来る退行現象は、

より少ない能力でも通用する為に
自分の精神年齢を戻し、

そこで安心しようとする作用です。

その結果、実際に持っている
能力よりも一段も二段も
下の能力に戻るのです。

冷静に考えれば分かると思うのですが、

対抗すれば一瞬安心する
気になるかもしれませんが、

能力を下げてしまえば
それは根本解決ではありません。

いずれにせよ現代の
職場、転職は多くの

不安、不満やストレス
リスクがある事は間違いありません。

そこで、まず対策としては、

やはり今の職場にいながら、

普段から持っている不安感や
不満を解消する事でしょう。

独自のストレス解消法を
しっかりと身に付け、

精神的タフさを身につける
のが近道なのです。

不満解決の方法は、

一人でじっとこもって悩まない事です。

不平や不満がたまりそうになったら、

それを何らかの方法で発散し、

不満の内部留保を
削減しておく事です。

赤提灯で酒を飲みながら

「ウチの課長は、なんという
御都合主義なんだろう」

「あいつは保身だけしか考えていない」

などと次々と
上司を非難したり、

陰口は良くないものですが、

こう言う時の陰口は、

日ごろから蓄積されている
不満を発散して解消しようと言う

本能的な行為とも言えます。

人付き合いの不安、不満はあるが、

このお陰で翌日からまた
元気に仕事が出来るのです。

不満や不安の解決法、
ストレス対処法はいくつもあります。

いわゆる赤提灯のお店は
会社の世場に良くあるのですが、

商売で考えれば、

立地も悪く、料理もまあまあ
それなりの値段がして、

店が小汚い…としても存在意義があるのは、

不安を抱えるビジネスパーソンの
似た者同士のたまり場として、

発散の役割を果たしているのでしょう。

退行現象が極端に形成して
転職して一気に自分を変えるより、

普段から愚痴や不満を言いながら
こまめにストレス発散をしておく方が、

よほど精神衛生上よいのです。

ただし、こう言う場合でも

普段はあまり親しくない人、

ウマが合わない人
盛大に愚痴を言ってはいけません。

相手に告げ口されるかもしれませんし、

または酔いが醒めたときそれが
心配になって

落ち着かない気分になるかもしれません。

現代人にストレス発散術は必須

不満が心に固定すると、

注意がそればかりに
向けられてしまい、

自分だけが苦痛の虜になって
いると錯覚してしまいます。

赤提灯で飲む酒や、

空想以外にも、趣味などを
利用して不満を解消する事は出来ます。

いわゆる心のオアシスのような
場所を確保しておくことは、

精神のバランスを保つ上で
かなり重要なのです。

そんな逃げ道を見つける事が、

心に余裕を与え、対人関係を
スムーズにしてくれるものです。

人間、オアシスなしで
社会という砂漠を生きて行けるほど
強くはないのです。

世渡りの上手い人や

いつも陽気で人を飽きさせず、
人から信頼を得ている人は、

おそらく、自己流の
ストレス解消法をいくつか
持っている人なのでしょう。

ただ、それをおおっびらに
外に出さないだけです。

職場、転職での人付き合いの
不安、不満やストレスの対処法として

あなたもぜひ自己流の
ストレス解消法を持ちましょう。

その際、このサイトの情報を
参考にしてもらえれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>