他人を蹴落とす人、他人をけなす人の特徴と心理、悪口は損する

他人を蹴落とす人、他人をけなす人の特徴と心理、悪口は損する
今回のテーマは、

他人を蹴落とす人、他人をけなす人
の特徴と心理、悪口は損する

について紹介します。

私の知り合いが古くからの野球ファンで
球場に良く足を運ぶのですが、

最近の野球場での観客の態度が
悪くなってきたことを嘆いていました。

選手に罵詈雑言を投げかけ
悪口を叫んでいるだけでなく、

興奮のあまりグラウンド内に
当たり次第ものを投げ込んだり、

相手チームの選手めがけて
当たれば怪我をすると分かっている物
まで投げることもあるとすれば、

試合内容やチームの成績以前に、

こうしたファンの姿を見て
ネガティブな思いを抱く気持ちは
私にも分かります。

こうした態度を心理学的な
見解から考えてみましょう。

会社でも学校でも

たまに見かけるのが、

自分の存在を周囲から
目立たせようとしてか、

他人の足を引っ張り
他人を落とし込めれば、

自分が浮かび上がるのでは
ないかと考える

他人を蹴落とす人が時々います。

誰かをやっつければ、

力学の法則で自分が
優位に立つと思ってるのでしょう。

しかし、本当に期待通りに
事が運ぶのでしょうか?

何年か前に、

アメリカのテレビコマーシャルで

コーラの二大メーカーが
シェア合戦を白熱させたあまり、

互いの商品をけなし合った事があります。

またアメリカ大統領の選挙では、

相手の欠点を並べ立てる、

「ネガティブキャンペーン」

も常套手段となっています。

スポンサーリンク

イメージダウンの悪口はどちらも損する

相手の欠点をあげう…

他人を蹴落とす人、
他人をけなす人の特徴として、

相手に関する悪口を
公言すると言う行為は、

当然、相手のイメージダウンを
狙っているのです。

相手の欠点を大々的に
指摘する
事で、

相手の社会的な価値を下げる事が出来ます。

競争相手のイメージをダウンさせれば、

その反動で、

自分の方のイメージが
上昇していくだろう

という期待を持っているのです。

しかし、あちらが沈めば、
こちらが浮かぶというのは、

実際にはなかなか
成り立たない事のようです。

人間の心理はそれほど
単純なものではありません。

他人を蹴落とす人、他人をけなす人の特徴

というのは、

実際にイメージダウン
してしまうのは、

悪口を言われた方ではなくて、

悪口をもたらした方
である事が多いからです。

他者をけなし攻撃する事で、

かえって攻撃した方の
品位を下げる事が多いのです。

なぜ、攻撃した側のイメージが
逆にダウンするのでしょうか?

まず、たいていの人は、

他人が隠している秘密や
裏側などを知りたいという
欲求を持っています。

だから、他人の
ゴシップやスキャンダルには
強い関心を抱きます。

だからこそ、悪口にも
聞き耳を立ててしまう心理があります。

他人を蹴落とす人、他人をけなす人の対処法

人がなぜ他人の裏側を
知りたくなるのかと言えば、

そうした裏側や秘密といったものが、

普段はなかなか表に
出てこないからでしょう。

興味が引かれる心理が働きます。

しかし、同時に、
そうした人たちは、

そのような負の欲求を
満たす事に対して、

あまり褒められた事ではない
という負い目も抱いています。

このために、

マイナス情報に対して
蔑みの感情を抱くのは当然ですが、

それと同時に、

「あの人はこんな情報を
持ってくるなんて」

と、

マイナス情報をもたらした
人間に対しても蔑みの感情を抱きます。

自分はその蔑み行為に
加担していないと考えたい為に、

マイナス情報をもたらした
ものを蔑むのです。

匿名で他人の悪口を言う人の心理的特徴

こうした心理があるわけですから、
対面で堂々と悪口を言うことを
避ける人も多いです。

インターネットなど匿名メディアなど、

自分に責任が及ばないと分かれば、

どんな悪口や非道徳なことでも
平気でやってのける人もいます。

さらに自分を明かさない以前に、

匿名性が問題になるのが、
群衆の中での行動があります。

「群集の中の孤独」

という言葉があるように、

街の雑踏に紛れ込むと
人は誰でも解放されて気分になり、

普段とは違う行動を起こす
こともあります。

社会心理学者のジンバルドーは
こうした状況を「没個性化」
と呼びましたが、

群集に紛れ無名になった個人は、
自我意識を失い「群衆我」に
巻き込まれます。

そして理性的判断が弱まり、
誰がやっているか分からないからいい

という「匿名効果」が働いて
言いたい放題、したい放題になる

という傾向もあります。

しかしこうしたものも
見ていて気持ち良い物ではありません。

悪口が人に与える影響を
知っているからこそ、

匿名の悪口が増えてしまうのでしょう。

悪口の持つルーズルーズの関係の特徴

悪口は道徳的に良くないとか、
人間同士の社会的常識やマナーなど、

そう言った以前に心理的に考えれば、

悪口というのは結局
言った方が損をする事が多いのです。

こう言う心理があるから、

他人を悪く言う事で、

他人のイメージが
ダウンするものの、

言った当人の方のイメージも
ダウンするという事になってしまいます。

どちらも損という事です。

ウィンウィンの関係ではなく、
ルーズルーズの関係になるのです。

アメリカのセールスマンの世界では

「書いて署名できない
ような事は人に喋るな」

という鉄則があると言います。

他人を蹴落とす人、他人をけなす人も
結局は他人を攻撃しているようで

そのダメージは自分に帰ってきます。

足を引っ張る関係というのは
結局は全員が損をする関係なのです。

そう言う意味でも、どんな場面でも
悪口はやめておくよう意識しておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>