セルフハンディキャッピングの意味や具体例、防衛機制の心理学

セルフハンディキャッピングの意味や具体例、防衛機制の心理学
今回のテーマは、

セルフハンディキャッピングの
意味や具体例、防衛機制の心理学

について紹介します。

前回まで、言い訳や謝罪
の心理学的メカニズムについて

言い訳をする事の
人間関係へのデメリットなど

紹介してきましたが、

ところで、

そもそもどうして人は言い訳を
言ってしまうのでしょうか。。

相手にはつじない、意味もない
ことが頭で分かっていても、

ついつい言い訳してしまう
事は良くあります。

こういった心理状態について、

一般的にはフロイトの言う
「防衛機制」という解釈で
語られる事が多いです。

防衛機制というのは、

欲求が通らない為に生じた

フラストレーションから
自分を守るため、

無意識のうちにとる
自己防衛反応を言います。

しかし、世間一般で
よく見かけるのは、

「セルフハンディキャッピング」

と呼ばれるものです。

スポンサーリンク

セルフハンディキャッピングの意味とは?

スポーツというのは
ある意味実力の世界です。

力のないものは
力のあるものに勝てません。

例えばゴルフでは、

ハーフランドを全てパーの
36で回る人と、

全てダブルボギーの
54を叩く人では、

実力の差が明白です。

そこで紳士の国イギリス生まれ
のスポーツであるゴルフでは、

実力の差に関わらず、

誰でも勝利のチャンスが
与えられるよう実力のに応じた

ハンディキャップを付ける事に
したのです。

こうした数値で明確に表せる
ハンディキャップの考え方は、

人間心理上でも感覚的に
存在するのです。

例えば、

駆けっこで自分の予想に反して
ビリになってしまったような場合、

「足が痛かったら、
今回は上手く走れなかった…」

などという言い訳を
周囲に吹聴します。

それで順位が上がるわけでもない
のにです。

そのように満足な結果が
得られなかった場合や、

大変な失敗をした場合に、

自分の状態が完璧なもので
なかった事を人に告げようとします。

あるいは、

競争などで悪い成績を
とる事が予想され、

それが恥ずかしい事だ
と思っている場合、

その競争が始まる前に、

「風邪のせいか、体調が悪くて」

と体調の悪さをあらかじめ宣伝し、

悪い成果になっても「風邪のせい」
だという予防線を張っておき、

失敗した時の恥ずかしさを軽減
しておくという言い訳という
心理的意味もあります。

セルフハンディキャッピングの具体例に見る心理

このように、

自分をハンディのある状態に
しておくということで、

セルフハンディキャッピング
と呼ばれるのです。

これは自分のプライドが
傷つくのを守る為で、

プライドが高い人が
セルフハンディキャッピング
する事が多いのです。

ただ、それで精神的な
安全をコントロールしている
といえるわけで、

一概に悪い事とは言えません。

他にも、

具体例を挙げれば

「誰でもこんな状況に
おかれれば失敗しますよね」

という同意を求める言い訳も
セルフハンディキャッピング
のひとつです。

この心理学メカニズムは
上手く活用できれば

コミュニケーションを円滑にします。

私の知り合いのスナックで働く
女性は心理学に長けています。

お客さんにカラオケを誘う場合

お酒も入っていい頃合と思うとき
お客さんに「歌ってくださいよ〜」

と言ってもすんなり歌って
もらえない事が多々あるそうです。

スナックで人気者になる心理メカニズム

「ちょっと喉が痛くて」
「今日はそんな気分でない」

などと一言必ず言われるのです。

そこで新人の駆け出しの女の子は

聞き分け良く引き下がって
しまうそうですが、

これで素直ないい子と
褒められるかと言えばそうではなく、

次第にお客さんは機嫌を悪くして
帰ってしまうのです。

しかし心理学に長けた私の知人は
そこで引き下がりません。

これも「セルフハンディキャップ」
の具体例の一つです。

彼女は万が一の失敗に備えて言い訳を
しているのを見抜いているのです。

この言葉の意味はお客さんは
歌いたくないのではなく、

もしうまく行かなくても
恥ずかしくないように
防衛機制が働いているのです。

そこで、

「そう言わずに、何が好きですか?」

とマイクを渡し唄本をめくると

「そうか…じゃあ一曲」

などと歌い始めます。

そこで絶妙な合いの手を入れ

「上手いじゃないですか〜」

などと褒めれば、お客さんは
気持ちよくなってさらにお酒が進み、

常連化してその子はいつも
大人気だそうです。

自分の身を守る防衛機制の心理学

こうした興味深い心理傾向が

「セルフハンディキャップ」

という人間の心のメカニズムです。

さらに言えば、

テストの前に漫画を読んだり
ついゲームをしたくなるのも、

同じ心理から来ています。

自分による自分への言い訳です。

勉強よりも面白いものがあると、

「ちょっとくらいなら試験に影響しない」

などと言って自分の怠惰に言い訳を与えて

勉強に打ち込む事が出来ない
自分の欠点を隠そうとする訳です。

会社などの仕事で
成功した時は自分の力だと思い、

失敗した時は、

「上司の命令の仕方が
悪かったからだ」

と責任を他人に転嫁するのも
セルフハンディキャッピング
の具体例のひとつですが、

自分のミスを他人の責任に転嫁
するのはあまり良くありません。

こういう風にその
特徴を並べてみれば、

セルフハンディキャッピングは、

誰にもありそうな心理
という事も出来ます。

身勝手な論理操作によるものですが、

そう言う論理操作をする
力を持たないと、

世の中は苦しすぎてとても
生きて行けないとも言えます。

以上、セルフハンディキャッピングの
意味や具体例を紹介してきましたが、

私たち人間は動物的本能により
外敵から体を守る仕組みがありますが、

心に置いても防衛機制の心理学
メカニズムが働くのです。

ただしこれらは使い方を誤れば
人間関係に問題が生じるので、

使い方には注意が必要という事です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>