嘘は態度に現れる、嘘を見抜く方法は顔よりも体の変化に注目

嘘は態度に現れる、嘘を見抜く方法は顔よりも体の変化に注目
今回のテーマは、

嘘は態度に現れる、嘘を見抜く
方法は顔よりも体の変化に注目

について紹介します。

人の本音を探ろうとする時、

ほとんどの人は相手の
顔を見て表情に注目します。

しかし、実は表情では相手の本音を
見抜けない事が多いのです。

なぜなら表情は、

比較的自分でコントロール
しやすいからです。

ではどこで見抜くかと言うと
「態度」です。

具体的には顔以外の体の動きの変化です。

ある将棋の棋士をテレビで
見ていたのですが、

彼らは対局中の集中状態で
顔の表情は能面のように動きません。

緊張や心の隙が相手に見抜かれれば
則ち負けを意味するからです。

しかし色々な棋士を観察していると、

扇子を鳴らしたり、空咳をしたり、
体の一部を触ったりと

どこかに心の動きが
体には表れるものです。

これについては精神分析学の
祖フロイトも言っています。

「顔が沈黙していても、
体の中から秘密がどんどん漏れていく」

と、

まったくその通りです。

いくら表情を取り繕っても
体の方はよほど意識しない限り、

コントロールするのは難しいのです。

天性の嘘つきや
よほど訓練された人物でない限り、

体の変化に注目すれば
嘘を見抜く方法になります。

スポンサーリンク

嘘は態度に現れる

例えば、

ビジネスマンが難問を抱えて
その解決策を必死に考えるとき、

無意識にデスクを離れて、
部屋の中をウロウロ歩いたりします。

つまり人は自分の緊張感が
高まった時に、

その緊張感から逃れようとする
本能があるのです。

だからこそやましいことを抱えているとき
嘘をついているときは体に表れる
ことがあるのです。

ところで相手の本音や嘘を
見抜こうとする時は、

あえてオーバーな表現をしたり、

辛らつな言葉で揺さぶりを
かけてみるのもひとつの方法です。

その上でさりげなく、

相手の体の動きの変化を
観察するのです。

例えば、あまり親しくない
相手が利益をちらつかせて

あなたに共同出資しないかと
持ちかけてきたような場合などです。

あなた:
「それって、本当なのですか?」

相手:
「もちろん本当ですよ」

あなた:
「信用していいんですね」

相手:
「当たり前じゃないですか。
信用してくださいよ。」

と言いながらも、

相手が気の弱い人であれば
この一言で体に何らかの
サインが現れる可能性があります。

「もちろん」

という所を

「も、もちろん・・」

と発音したり、

声がかすかに震え気味に
なったりしたら要注意です。

或は前に紹介したように、

手で口や鼻を触れる
人もいるかもしれません。

体の変化を見て嘘を見抜く方法

変化がない場合はとりあえず
一呼吸を置いて、

その後再び、キツい言葉を
投げかけてみてください。

あなた:
「なるほど。提案書を見る限り
では儲かりそうな話しですね。」

あなた:
「…!…?」

この一言で相手は
内心ほっとします。

ほっとした所で意表を
ついてもう一撃加えます。

あなた:
「ただね。最近は悪質な
ケースが多いですからね。。

いや、あなたのことを言って
いるんじゃないですよ。

あくまでも一般論としてですよ。」

相手:
「私がそんな人間に見えますか?」

あなた:
「もちろん見えませんがね。

ただ、こちらとしてもこう言う
話しには慎重にならざるを
得ないんですよ。」

相手:
「…!…?」

あなた:
「ところであなたは先ほど
○○物産に10年勤務された後、

独立をして会社を作られたと
おっしゃっていましたが、

実は私の友人にも○○物産
に勤めていた人間が一人いましてね。

多分あなたと知り合いだと思うんですよ。」

等と切り返してみます。

すると嘘をついている場合
顔は冷静に見えても

体の変化が現れるはずです。

嘘を見抜く方法は顔より態度に注目

もちろん○○物産云々は
嘘なのですが、

相手が過剰に利益を
チラつかせてくるような場合は

あなたを騙そうとしている
可能性も考えられますので、

このくらいの方便を使って
相手に揺さぶりをかけてみる
必要があります。

ここまで辛辣に対応すれば

相手が嘘をついている場合は
必ず何らかのサインが
体に変化が表れるはずです。

こうした心理メカニズムは、

浮気を見抜く方法でも使えます。

深夜に帰宅した旦那さんに
奥さんが何気なく

「遅かったですね」と一言言うと、

途端に能弁になれば
浮気の疑惑があるわけです。

人は心にやましいことがあり、
それがバレないように、

心に緊張感が高まると、
そこから逃げたくなり、

おしゃべりという行動、動作に
逃げ込むのです。

嘘にまつわる心と体のメカニズム

こうした行動を心理学の世界では、

防衛規制の一種「現実からの逃避」
メカニズムで説明されます。

緊張感を和らげようとする
「動作、行動への逃避」なのです。

・手をひざの上で小刻みに動かす

・貧乏ゆすりをする

・手をポケットに入れる

・ソワソワして体の動きが大きくなる

・うなずきが多くなる

・目をキョロキョロさせる

・逆に動揺を悟られまいとして
視線を外さない

…などなど、

これらの反応が頻発するようでしたら、

8割方相手の言っている事は
嘘だと判断して間違いないでしょう。

最もこうした嘘を見抜く方法は、

相手が儀礼を重んじる
ビジネスパーソンだった場合は
失礼になりますので、

通常は使えません。

また嘘と一言で言っても
悪いことをしているのではなく

ただコンプレックスを隠そうとしたり
何かを言いたくないだけかもしれません。

それを全て公開すべきかは分かりません。

そしてもちろん、
相手を傷つける嘘をつく場合も
それを見抜いてしまう場合も、

その人間関係は亀裂が生まれる
事は覚悟しなければ行けません。

あくまでも相手が
うさんくささを感じられた場合に
限定するようにしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>