人間関係の理想はウィンウィン(win-win)の関係を目指す


今回のテーマは、

人間関係の理想はウィンウィン
(win-win)の関係をいつも目指す

について紹介します。

自己啓発のベストセラー
スティーブン・コヴィー博士の
『7つの習慣』においては、

人間関係におけるパラダイムは
以下の6つに集約されるといいます。

Win-Winの関係:
自分も勝ち、相手も勝つ。
Win-Loseの関係:
自分が勝ち、相手は負ける。
Lose-Winの関係:
自分が負けてもいいから相手に勝たせる。
Lose-Loseに関係:
相手が負けて自分も負ける。
Winの関係:
自分の勝ちのことだけを考える。

そして、

Win-Win or No Dealの関係:

これはWin-Winの取引条件にならなければ、
取引しないことにする。

というもので、
これを理想の関係と述べています。

確かに、

本物の人脈として付き合う相手とは、
いつもウィンウィンの関係になる事が理想です。

お互いに相手の事を考え、
自分ができる事は何でもやろうと
すること心構えこそが、

関係を長続きさせます。

それとは反対に、他人の好意の上に
あぐらをかくような人間関係は

危い関係であり
決してうまくいけません。

付き合っている相手が地位や
業績においてひとつ頭を抜くような存在でも、
このことは当てはまります。

自分が相手に対してできる事を
一生懸命に探し、

ただちにそれを実行しましょう。

奪い合いから成長は生まれない

優れた相手にとってふさわしい
人間になろうという気持ちが

自分を成長させる原動力となるのです。

相手から奪って自分が得する
自分は負けて相手だけ得する

…といったウィンルーズの関係でなく、

相手も自分も得する
ウィンウィンの関係を築くことを
常に意識しておくといいでしょう。

そうです。

本物の人脈を作りたければ、
「いつも」これを意識するのです。

今回は自分だけが勝ちたい
今度は相手に勝たせよう…

という物ではなく、

毎回ウィンウィンを目指すのです。

特に目上の人と人間関係を
結ぼうと思うときこれは難しいです。

私も尊敬する先輩に出会ったとき、
このように考えました。

その人に少しでも近づきたい
認められたいという一心で、

自分に何ができるかを
いつも問いかけていたのです。

その後、その先輩に対して
何か意味のある行動ができ、

彼から感謝された時の喜びは
何事にも代えがたいものがありました。

もっとも力量の差が歴然としている
「師匠と弟子」の関係になると、

流石に自分ができる事は限られてきます。

人間関係の理想はウィンウィン(win-win)の関係

学問の世界においては
人類の知的財産を作ることが
個人の出世よりも優先するそうです。

なので先学の人が後学の人に
教育をするのは当然のことわりだそうです。

これは学者の世界に限らず
ビジネスの世界でも通用する
システムだと思います。

というのも、会社というのは
社会に貢献する事によって
利益を得ています。

そのために個人の仕事も
突き詰めれば必ず社会に
役立つことと直結しています。

普段は目の前のノルマや評価に追われて
忘れてしまっているかもしれませんが、

仕事はすべて世の人のために
行っているものなのです。

人間の原始時代の
サバイバル時代の本能が

まだ残っている人もいます。

「自分が勝たねば殺される」

という状況ではないのです。

短期的に奪って、自分が勝てば良い

と思うのではなく、

相手に何が提供できるだろうか?

と、

ウィンウィンを常に意識する事は

恋愛や人間関係だけでなく
仕事面など人生全ての面で
向上していきカギになります。

さらにウィンウィン(win-win)の関係を超えた関係

さらにお互いのメリットを
考えない人間関係を築ければ最高ですね。

ウィンウィン(win-win)の
関係でつながった関係は

「お互い役に立てる条件」が
失ってしまったときに

人間関係が終わる事があります。

仕事の関係上ウィンウィン(win-win)は
最低限のことですが、

メリットがなくなっては
記憶の中の人になるだけ、、

では寂しい気もします。

メリットはお金や取引だけではなく、

この人といたいとお互いが思える関係

これが真に理想でしょう。

確かに人間関係において、
ウィンウィン(win-win)を
目指す事は大切ですが、

条件付きの人脈ばかりでなく

確実で永続的な人脈、
目標や利益を超えた関係性も
重要になってきます。

ここで人間関係についての名著
デール・カーネギーの『人を動かす』
に非常に興味深い記述があります。

「友を得る方法を学ぶには
わざわざ本書を読むまでもなく、

世の中で一番優れたその道の
達人にやり方を学べばよい訳だ。

その達人とは…我々は毎日
路傍でその達人に出会っている。

こちらが近づくと尾を降り始める。

立ち止まって、なでてやると
夢中になって好意を示す。

何か魂胆があって、このような
愛情をしているのではない。

家や土地を売りつけようとか、
結婚してもらおうとか言う下心はさらにない」

つまりその達人は犬である

と言うすごい記述ですが、

たしかに、

「相手からの反応」に惑わされず

素直に、自分の信念に基づいた
行動しして人間関係を築くのは

ウィンウィン(win-win)を超えた
理想の関係となるでしょう。

参考にして下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>