人間関係の基礎となる挨拶コミュニケーションで変わる印象と効果


今回のテーマは、

人間関係の基礎となる挨拶コミュ
ニケーションで変わる印象と効果

について紹介します。

これまであなたが出会ってきた
たくさんに人たちの中で

きちんとした挨拶をする人と
そうではない人がいたはずです。

あなたは人たちを振り返り
どんな事を感じたでしょうか?

一日の始まりには、

誰でも「おはよう」と
挨拶を交わします。

そんなありきたりの事を
するのは無駄だと思う人も
いるかもしれません。

しかし、たかが挨拶ひとつで
人間関係のあり方が違っています。

会社で、

「あの人は何を考えて
いるか分からない」

という印象を周囲から
持たれている人がいました。

彼は朝、出勤してきたときに、

人が

「おはようございます」

と挨拶をしてもまったく
無視をして、振り向いても
くれないようで、

そのためもあって

「なんだ、あいつは生意気な奴だ」

というような事に
なったらしいのです。

挨拶というのは人間関係の基礎
となる大切なコミュニケーション
なのです。

スポンサーリンク

挨拶ひとつで変わる印象と効果

最近では挨拶をきちんとする
人が少なくなってきているような
気がします。

挨拶をしないという事は、

相手の存在を認めていないと
意思表示に受け取られかねません。

逆に言えば、挨拶から
お互いを尊重するコミュニケーション
が生まれるわけです。

かつて、ある学校に
赴任してきた校長先生が、

教職員組合の猛烈な
反発にあいました。

誰一人、新校長の言う事を
聞かずに無視をしています。

孤立した校長は、

ともかく朝、誰かに会ったら、

こちらから挨拶を交わす
事を心がけたそうです。

すると、数週間経ったとき、

ようやく一人の教師が
初めて挨拶を返してくれたそうです。

それをきっかけとして、

だんだん校長と教師たちの間に
あった垣根が取り払われて
いったと言います。

挨拶一言の効果、
そして人に与える印象は
大きいのです。

例えば時候の挨拶などは

意外に人間関係では
重要な要素を占めています。

まず時候というのは、
お互いに共通する話題です。

雨降りの日には雨に降られて
困っているという状況を
同時に体験している訳だから、

それだけで相手と共通点を
持つ事が出来ます。

人間関係の基礎となる挨拶コミュニケーション

挨拶というのは、
その人の生き方を表します。

前向きに生きる姿勢や
自分自身をコントロールする

自制心がなければしっかりとした
挨拶はなかなか出来ないものです。

見知らぬ者同士が対面した場合、

互いに緊張するのが普通です。

これは、まだ互いに相手の
ことがよく分からない為です。

人間は、未知のものや
新しいものに出会ったときに、

それから遠ざかろうとする
自己防衛本能が働きます。

自分がまだあまり知らないこと、

まだ経験した事が
ないことなどに対して、

それの直面する事が
危険な事だと感じて、

そこから逃げようとするからです。

新しいものは危険であり、
怖いものなのです。

だから、初対面の人間には
警戒心を抱く事になります。

「あなたは、どこから来ましたか」

と初対面の外国人に
聞く事があります。

これも相手がどのような
人間なのか分からないので、

その警戒心を解く為に

相手の事を知ろうとする為です。

だからこそ、まずは挨拶から
コミュニケーションを始めます。

挨拶コミュニケーションの印象と効果

こうして、相手が何者で
あるかが少し分かり、

その上で、例えば、

同じ故郷や、同じ学校、

或は同じ境遇の出身だと
分かったなど

自分との何らかの共通点を
見出せた場合には、

それをきっかけにお互いに
警戒心を解く事が出来ます。

良い印象を持つようになります。

結局、見知らぬ同士を
結びつけるきっかけは、

どこまで相手と自分の
共通点を見出せるかなのです。

これがコミュニケーションの基礎です。

その際、見つけ出すのは
どんな共通点でも良いのですが、

例えば、いきなり

「出身学校はどちらですか?」

などと聞くのは非礼になります。

年収に興味があるからと言って

いきなり

「年収はいくらですか?」

などと聞いてはいけません。

そうした質問は、もっと
親しくなってからです。

人間関係は挨拶次第で印象が変わる

相手に土足で踏み込まない
ような話題は

天候に関する話題でしょう。

こうした話題は、

特に誰を傷つけると言った
ことでもないから、

初対面の人に切り出す話題
としては格好のものと言えます。

小説やドラマの中にも、

街を歩いていて突然、

夕立に合い、雨宿りの為に
軒下に逃げ込んだ見知らぬ
同士の男女が

「雨って、本当に嫌なものですね」

という一言から、

急速に親しくなったという
話しがしばしば出てきます。

時候の話題と言えど、
おろそかに出来ません。

時候の挨拶が意外に重要なのは、

例えば、

外で近所の人と会った時、

「今日も寒いですね。
寒さはいつまで続くんでしょうね。」

などと、一言挨拶を
交わせるかどうかで、

近所から受ける印象や評判がずいぶん
違ってくるという事もあるからです。

挨拶の上手い下手で
会話の効果も変わってきます。

挨拶コミュニケーションが必要な社会

挨拶をおろそかにする人は

「心の中で思っていれば良いじゃないか」

と言いますが、

そうではありません。

私たちは目に見え、耳で聞ける
形でないと意思疎通はできません。

お互いに態度や言葉で思っている事を
コミュニケーションし合わなければ

お互いの意志は伝わらないのです。

現代社会では、
アパートやマンションにいると、

隣に住んでいる人が

一体どんな人物で、
どこに勤めているか、

まったく知らなかったという
ことが多くなっています。

隣で独居老人が亡くなっていても
何週間も気がつかない。

そうした場合は、

挨拶さえも交わした事がないと
言う間柄だったという事が多いです。

もちろん挨拶を交わすだけと言う
間柄では、まだ人間関係は薄いです。

とても相手の心情などを
斟酌するまでには至っていません。

しかし

「おはようございます」

の一言をきっかけにして、

人間関係を築く為の
とっかかりが出来るはずです。

挨拶コミュニケーションが
人間関係の基礎となるのです。

「おはようございます」

という挨拶の後に、

「どうですか。

暑さしのぎに、ちょっと冷たい
お茶でも召し上がりませんか」

などと誘えば、

より踏み込んだ好意を
示す事になりますし、

申し出に相手が乗ってくれば、
緊密な関係を築くきっかけになります。

挨拶が下手で嫌われる人、好かれる人

挨拶も出来ない人は

社会生活から取り残される
危険性を秘めています。

近所で、居丈高で、

お高くとまっていて
近づきにくいと噂される人は、

あまり挨拶が得意ではない事が
多いです。

しかし、その人が率先して近所の
人たちと挨拶を交わすようになると、

途端に、

「あの人は物腰の柔らかいいい人だ」

という評判になるものです。

たかが挨拶をするかしないかで、

印象、評判というものは
がらりと変わってしまいます。

きちんとした挨拶をする人は、

信頼感も持てて、
人間関係も良好になります。

人付き合いにうまく 
挨拶を使うのは効果があるのです。

ある大歌手が、

町内会から祭りの寄付を
求められたとき、

最低限の金額しか
出さなかったために。

「あの人は成功したのに、締まり屋だ」

と悪評が立ったそうです。

近所や身近にいる人間が
立てる評判こそ恐るべしです。

その人も日頃、近所の人たちと
せめて挨拶さえしっかりしていれば、

悪評には繋がらなかったかもしれません。

もちろん挨拶をすれば、

それで全て良いという
わけではありません。

「おはようございます」

だけの関係は、

いわば「おつきあい」に
終わっている関係でしかありません。

それをもう一歩踏み込んで

「つきあい」にまで
進捗させる為には

マンネリ化した挨拶の
仕方を辞め、

もっと工夫した挨拶を
する事でしょう。

「緑が芽吹く季節になりましたね。

こんな日には部屋の中に
いるのが惜しいですね。」

などという時候の挨拶も加えれば、

相手との距離をグンと短く出来ます。

会って最初に、どんな話題を持ちかけるか、

それが人間関係を濃くもすれば
薄くもするものなのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>