人間関係に疲れ、挫折し、うまく行かない、心が折れる時の対処法


今回のテーマは、

人間関係に疲れ、挫折し、うまく
行かない、心が折れる時の対処法

について紹介します。

人生には波があり、

思い通りに行かないことが
ほとんどです。

山を上がっていくような
チャレンジの時であれば、

辛い時でも頑張れるものですが、

谷の時期は心が折れる、

ということもあるでしょう。

これまで成長、成功のための
人脈術について紹介してきました。

信頼できる人間関係を築き合い、

つむいできた人脈と協力しあって
一生懸命に努力を続けた結果、

首尾よく目指した夢の
一つが達成されたとしましょう。

その達成された課題は
次の夢を実現する起爆剤になります。

自分の志に新たに賛同する人も現れ、
みるみる新しい展望が開ける事でしょう。

その活躍ぶりに注目が集まり、
脚光を浴びる瞬間が訪れるかもしれません。

あなたは人気者になり、

周りはチヤホヤしてくれる
かもしれません。

これまで出会えなかった人も

あなたを認め尊敬してくれる
かもしれません。

人間関係に疲れる時

もちろんそれは素晴らしい
事ですが、一方で、

夜の灯りに集まる夏の虫のように

様々なタイプの人が、
次々と接触を図ってきます。

今度はその人間関係に疲れ、挫折し、
心が折れる事があるかもしれません。

成功のダークサイドのように、
これまで協力し合ってきた仲間との
間に亀裂が入ったり、

新しい問題が生まれるかもしれません。

そう言ったときにはどういった
対処をすればいいのでしょうか?

人間関係というのは、

もちろんあなたの人生を
サポートして豊かにしてくれるものです。

が、同時に足を引っ張ったり、
苦しめたりもするものです。

陰陽のバランスのように
そのどちらも受け入れる、

ということが大切なのですが、

そのためにはマインドセット
心構えをしっかりしていくべきでしょう。

成功と言うのはある時
突然やってきたりします。

突然、世の中の表舞台に
押し出されてしまったかのようにです。

こういう状況では、いくら冷静に
対処しようとしても難しくなります。

環境の変化は、想像以上の速度と

時には破壊力を持って
押し寄せてくるかもしれません。

人間関係でうまく行かない時

こうなった知人は数人いるのですが、

短期間で獲得した名声や大金が、
あっという間に人の心を狂わせます。

成功が目を眩ませるという
ことは大いにあることなのです。

しかし、自分が苦労していた時代に
自分を助けてくれた恩人こそが

人生にとって大切な存在です。

それをないがしろにするのは
賢明ではありません。

表面だけを見て寄ってくる
相手は本物の人脈ではありません。

新しい人脈は時に
あなたの心を狂わせてしまいます。

ここに十分気をつけなければいけません。

そして多くの人が、

家庭内不和、人間関係のトラブル
喧嘩や裁判沙汰など、

本業の成功した事業以外の
部分から問題が起こってきたりします。

せっかくビジネスがうまく行ったものの
プライベートの人間関係に
疲れ果ててしまう人もいます。

人間関係のトラブルを避ける方法

人間関係に心が折れる…

こうしたトラブルを
避ける事は出来るのでしょうか?

もちろん人生何が起きるか分かりません。

完全に人とのトラブルを
避ける事は不可能でしょうが、

アドバイスとして出来るのが、

目の前の人間関係を大切にする事、
絶対にないがしろにしないこと、

そして全てのおいて
長期的に考える事です。

長い人生において、
人脈との付き合い方は少しずつ
変化していくものです。

仕事のステージが変わることで、
相手との仕事が永続的では
なくなる事があります。

しかしここで仕事が途切れる事は、
人間関係が切れる事では
決してありません。

人付き合いが発展的に変化を遂げることと、
断絶とは全くの別物です。

仕事は離れていてもよい人間関係を
長く続けることは可能なのです。

特に、無名時代に自分をサポート
してくれた人は本物の人脈です。

自分がどんな状況になっていても
こういった本物の人脈に恩返しができるよう
準備をして行くと良いでしょう。

教会で行う結婚式の宣言では、

誓いの言葉として

「病める時も 健やかなる時も~」

という言葉を使いますが、

大切な人間関係というのは
うまく行く時もうまく行かない時も

どちらであってもあなたの
そばにいてくれる人なのです。

短期間で表面的にできた人脈は
あなたの心を狂わせがちです。

そうではなく、長期的に
深く付き合える本物の人間関係を
築いていくべきでしょう。

次回からこのような一生ものの人脈に
ついてもう少し掘り下げてみたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>