人間関係の持続のコツは譲歩と我慢、お互いに許し合える関係 


今回のテーマは、

人間関係の持続のコツは譲歩と
我慢、お互いに許し合える関係 

について紹介します。

私たちは人々の中で、
暮らし、仕事をしているのです。

ですから当然、他の人と
上手く関わりを持たなければ、

良い人生を送る事はできません。

人と上手く付き合う為には、

相手という存在を受け入れる事でしょう。

自分は普通の人間だが、

「相手は特別な人間である」

などと考えてしまうと、

遠慮が出てきたり、
逆に見栄や強がりが出たり、

態度がぎこちないものになって
しまいます。

フラットな態度こそ人間関係を
スムーズに行かせるものです。

自分が普通の人間なら、

相手も普通の人間である

と言う所から人付き合いは
出発すべきではないでしょうか。

友人や恋人になる関係は

ペアを組む事に似ています。

ペアの間では関係は対等であるべきですし、

だからこそ何でも言い合え、

許し合える仲になります。

スポンサーリンク

人間関係の持続のコツは譲歩と我慢

相手を侮辱したり差別したり…

というのは当然NGですが、

相手を特別な人間だと
思い込むのことはどうでしょう。

相手を大事にし、
美化しているとも受け取れます。

相手に敬意を表する良い事の
ようにも感じます。

しかし、この事の弊害は

相手に対して過大な要求を
突きつけがちになるという事です。

これは、相手に期待しすぎる
ことからきます。

相手を信用しているのは良いが、

信用しすぎると、

もし信用が裏切られた場合に
落胆は強いものになり、

必然的に、いずれ別れがやってきます。

自分が完璧な人間ではないように、
相手も完璧な人間ではないのです。

だから、

欠点もあれば長所もあります。

そして、ときには嘘もつけば、

おためごかしをいうこともあります。

そんな人間同士が関係を持続させるのコツは

やはり譲歩と我慢がお互いに必要なのです。

ウィンウィンという関係を以前
紹介しましたが、

言うなれば損も少しずつ分け合える
関係とも言えるかもしれません。

譲歩と我慢なしの完璧主義の弊害

コミュニケーションというのは
テクニックではないのです。

色々な心理法則やノウハウもありますが、

全て絶対ではないです。

だからこそ相手に愛を持ち、
理解をしめす事です。

人というのは多面性を持ちますから

いつでもどんな関係であっても
新しい発見はあります。

そして自分に対しても同じく
強制や押しつけをしては行けません。

人間の心理は奥深いものです。

簡単には行かないものです。

嘘をついてしまったり、
約束を破ったり、

時に傷つけてしまう事もあります。

でも、それを全て裏切りとか、
許せない行為と責めるのは間違いです。

一度嘘をついたから、

もうつき合わないというのは

子供じみた考え方です。

自分自身の事を振り返ってみれば

必ずやどこかで嘘をついたことがあり、

状況によっては

表面上は相手の為のようなフリをして
実は自分の利益のことしか考えない

おためごかしのような事を
言ってしまった事があるはずです。

自分の場合は許し、

他人の場合は許さない

というのはおかしいのです。

自分にもエゴがあり、
相手にもエゴがあるのです。

お互いに許し合える関係が
人間関係の持続のコツです。 

コミュニケーションと人間関係

例えば、

旅行先で土産物店などに
入ったときに

購入したい商品の値段を聞くと

やたらに高い金額を告げられる
事がありますが、

そういったときに

「もっと負けてもらえませんか」

と持ちかけると、

値引きに応じてくれる事があります。

こうしてお客さんの値引きの要求が通ると、

買った方としては

「安く買った。得をした」

という気分になります。

しかし実際は最初からそうした
ものの値段は、

値切られる分も含んだ
掛け値になっている事が多く、

お客さんが安く買った、得をした
という事にはなっていない事が多いです。

むしろ、値引きを申し出ないと
損してしまう場合の方が多いのです。

しかし、お客さんとしては、

値引き要請が通れば満足感を覚えます。

そして、店の方も
商品が売れたので満足します。

始めから高値を表示するのは
ダメな事で間違った事でしょうか?

お互いに許し合える関係 

正直ばかりが世の中を
動かしている訳ではありません。

嘘を上手くついたり
ごまかしの部分があってこそ、

世の中は正常な状態を
保てているのではないでしょうか。

もちろん正直さも大切です。

それを否定している訳ではないですが、

あまりに完璧を求めれば、
そこに窮屈さを感じるものです。

親しくなりたい人がいれば、

相手に対してもあまり完璧を求める
べきではありません。

少々の弱点があっても、

じっと目をつぶっていれば、

いつかはそれが美点に
見える事だってあります。

ある統計によると、

一日の職場で何らかの形で
話をしたり聞いたりと言う

コミュニケーションの時間の割合は
8割にのぼるようです。

他のどんなスキルよりも

コミュニケーション能力のあるかないかで、
私たちの成功は左右されるのです。

正しい間違っているというような
数学のように人間関係は進みません。

自然な人間関係には
温かさというものがあるのです。

相手の弱点や過ちを
徹底的に責めないで、

少しは多めに見てやるのです。

私は人間関係は80点満足
にすれば良いと考えています。

100点の完璧を狙うから

不満が生まれ、
相手に要求を出したくなります。

しかし80点で良いと思えば、

少々の相手のわがまま
弱点も許す事が出来ます。

いわば我慢と譲歩こそが
ウマの合う良い人間関係を
持続させるコツでもあるのです。

他人とのかかわり合いの手段、
コミュニケーションで

人間関係が決まり、仕事の成否も決まり、
人生の行方も決まります。

そう言う意味で大切なスキルです。

しかしコミュニケーションは
「勝った・負けた」と言う
スポーツやゲームの世界とは違うのです。

ファジーで曖昧な世界も
楽しめるようになれば、

人との付き合い方も変わってくる
かもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメント

  1. 匿名 より:

    自分の利益の今年かになってます。

    • admin より:

      コメント、ご指摘ありがとうございます。
      修正させて頂きました。
      今後ともよろしくお願いします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>