お金と人付き合い、金銭トラブルと人間関係とお願いテクニック

お金と人付き合い、金銭トラブルと人間関係、お願いテクニック法
今回のテーマは、

お金と人付き合い、金銭トラブルと
人間関係とお願いテクニック法

について紹介します。

お金は非常に便利なもので
誰にとっても大切なものでしょう。

未だに経済活動が物々交換しか
なければ非常に不便です。

・・・しかし、それは
ある意味諸刃の剣のようなもの、

人付き合いで軋轢を生んだり、

壊したりする原因の中で、

最も大きいものの一つが
金銭関係でしょう。

金銭トラブルは、

親子関係や兄弟関係ですらも
壊す事があります。

そこには欲望や恐怖など様々な
感情が動くわけで、

だから、親子の間も
金銭の貸し借りにはキチンと
証文をとるという人がいました、

貸す側にも、貸される側も、
金額の大小や理由など様々でしょうが、

大抵金銭トラブルはその人間関係を
壊してしまうことになりがちです。

だからこそ人間関係にできるだけ
お金をからまらせないようにするのが、

付き合いを長続きをさせる方法でしょう。

スポンサーリンク

金銭トラブルと人間関係

ただ、どうしても人間関係には
金銭が絡む事が多いです。

特に仕事関係の付き合いであれば
そこにお金のやり取りはどうしても
発生します。

そうしたときに、

付き合いを壊さないようにする為には、

お金はお金、
付き合いは付き合い

と言った境界線をキチンと
守る事でしょう。

また、自分がお金に
困っているときには、

どうしても人からの援助
求めたくなります。

お金がなければ
借りてくるしかないです。

借金が上手くできれば
一人前と言われますが、

お金を借りに行くと言う行為は
かなり勇気のいるものです。

だからこそ

人間関係と金銭トラブルには
関わらせない方が良いのですが、

万が一の為に、

ここでお願いをするテクニックを
知っておいても良いかもしれません。

お願いをするときもちょっとした
心理テクニックを知っているかどうかで、

印象やその後の関係は変わって
きたりするものだからです。

お金と人付き合いの関係

お金が絡まない事なら、

気安く何でも相談に
乗ってくれる人でも、

お金が絡むと、

なかなか「うん」と
言ってくれない事が多いです。

こうした最初から強い拒絶に
あいそうな状況が予想される
頼み事をする場合には、

どうしたらいいのでしょうか。

何度も使える方法ではないですが、

お願いテクニックがあります。

「あなただからこそ、
お願いしているのです。」

という言い方があります。

うまくお願いするテクニック

他の誰でもなく、

私にはあなたしか
頼る人がいないと言う

差し迫った訴えを、

今こうしているという
意味を伝える言葉です。

そういう言葉で
頼み事をされた側は、

きっと色々な選択肢が
あったのですが、

その中で、わざわざ
自分を選んでくれたのかと
自尊心をくすぐられる事になります。

窮鳥も懐に飛び込めば、

という心理も働きます。

自分の懐に飛び込んで
助けを求めてきた相手に対しては、

大抵の人は、

そのまま追い返せないと言う
心理になる事でしょう。

お金を借りたい時も

このテクニックを使えば
お願いが通る可能性が高いです。

この手法はいわば

「選ばれた人の栄光」

という心理を利用しています。

自尊心とお願いの心理学的関係

こうした心理を活用しているのは
ダイレクトメールでしょう。

例えば、

普通であれば、目も通さず
すぐに捨ててしまうDMの類も

ステータスが高いと
言われているクレジットカードへの
勧誘がダイレクトメールできたら

そのままゴミ箱に捨てられない
という気持ちになります。

「お、いよいよ自分の所にも
チャンスが回ってきたか・・・」

と誇らしげな気持ちになるからです。

そしてついつい申し込みを
してしまうことになりがちです。

誰でも簡単に得られるというものには
人はあまり興味を抱きません。

しかし、特定の階層や
地位にある人だけに限定すると
言われれば興味を覚えるようになります。

仮に全く同じものであってもです。

そこには、

自分が特別に選ばれたと言う
自尊心をくすぐるものがあるからです。

お願いテクニックも
こうした心理を使ったものです。

人を騙すときに使われることもある
言葉のテクニックではありますが、

どうしてもという時に切り札
として持っておくのも良いでしょう。

或いはウマが合いそうにない人に

何かを頼む時などに
使えそうなテクニックです。

お金と人付き合い、金銭トラブルと
人間関係には注意をしなければ
いけませんが、

こうした心理を知っておくと
何かと役に立つ事でしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>