最高のお付き合い、人間関係を作る為の手帳術とスケジュール管理


今回のテーマは、

最高のお付き合い、人間関係を作る
為の手帳術とスケジュール管理

について紹介します。

どんな分野であっても、

適切なマネジメント
素晴らしい結果を生みます。

人というのは機械のように
単純なものではありませんので、

そのマネジメントには
秘訣というものがあります。

期待以上の驚きや発見が
あってこその人脈です。

せっかくお互いに時間を取って
話をするのですから、

とことんクリエイティブな
時間にしなければなりません。

なので、人と会う時には
余裕を持ったスケジュールを組むのが
必要不可欠なのです。

そしてその人脈を広げる
スケジュール管理のためにも
多くの人は手帳を使うと思うのですが、

ここでもちょっとした
コツというものがあります。

スポンサーリンク

私が二年分の手帳を使う理由

手帳の使い方としては
当たり前のことですが、

ここで、私も人と会う予定は
必ず手帳に記入するようにしていますし、

会議の予定や、ごく個人的な付き合いでも
同じ手帳でスケジュール管理をしています。

そして、

手帳には出会った人の名前は
できるだけ記入しておくようにします。

私の場合はいつも二年分の
手帳をかばんに入れて持ち歩いているので、

二年前までさかのぼって
過去の付き合いを探索できます。

前年の手帳をぱらぱらとめくっていると
誰とどれくらいのペースで
会っていたのかがわかります。

それを見ながら

「来月は○○さんと会おうかな」
「〇〇さんとこの話を進めよう」

などと考えます。

自分の持つ人脈との付き合い、
人間関係の現在、過去、未来を
こうやって管理するわけです。

ただ未来の予定を
メモするために使うだけでなく、

次元を高くして、
視野を広くその人との
付き合いを考えることができます。

人脈術としての手帳術

そういう意味で、
2年分の手帳を持ち歩く、

というのは私にとっては重要なのです。

もちろんそれ以前の手帳も
家には保管していますが、

私の持つ人間関係の歴史と
これからの未来の計画が、

しっかり紙にまとめられているわけです。

私の人脈術にとって
手帳は良いパートナーになります。

その手帳を見ることで

年に一度くらい会う人がいれば

「去年は○月に○○で会いましたね」

「以前お会いした時は
○○のお話をしていましたね」

などとお話しすることがあります。

そうすると相手からは

「よく覚えていますね」

と驚かれることがしょっちゅうです。

そして

「私の事をそんな気にかけてくれているんだ」

と感心されたりもします。

ちょっとした手帳術で、

人付き合いの質を高めることができます。

人脈プレゼント作戦を進化させる方法

人脈作りのためのプレゼント作戦として
誕生日にプレゼントする人はいますが、

それよりも子供の誕生日
結婚記念日にプレゼントを贈れば
かなり驚かれます。

例えば毎年生産されるワインですが、

自分以外の誰かのため
活用した事があるかもしれませんが、

今年誕生した知人の赤ちゃん用に
今年のヴィンテージワインを20年寝かしておき、

成人したときにお祝いとして
その人にプレゼントして、

一緒に飲んで祝ったりすると、

とても印象に残るでしょう。

ほとんどの人は、
こうした情報を忘れてしまっています。

その日を覚えていると言うだけでも
かなり驚かれるし、

そう言った記念日にゆかりのある品を
渡せば話しも広がるでしょう。

そう言った演出も
メモをしっかり取っておく事が
何よりも肝心なのです。

自分自身の記憶にそれほど
過信をするわけにはいきません。

出会う人について、
過去を復習しておくことで、

内容の濃い話をすることができます。

人間関係の情報源としての手帳術

手帳を使いただ単なる
スケジュール管理だけではなく、

こうして人間関係をうまく
マネジメントしているわけです。

また、こうして一元管理された手帳は
情報のインデックスとしても活用できます。

手帳には、日にちごとに会った人の名前と
場所と簡単な内容が記入されているので、

それを元にクリアファイルのフォルダで
私用を探すという事もできます。

こうした情報の整理整頓は、

自分の仕事のためだけでなく、

自分の人脈をしっかりと
築く上でも使えるのです。

以前も紹介しましたが、

私は頂いた名刺の一部を
クリアファイルに入れて管理しています。

なので一元管理された手帳から
名刺も資料も一緒に引き出せるのです。

その情報を見ながら、
その人について想像する、

現在過去未来のビジョンを
作り上げることができるのです。

一見地味に見えるかもしれませんが、

こうしたちょっとした工夫が
私の人間関係を支えてくれている
と感じています。

ぜひ手帳は有効活用していきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>