つい心を傷つけてしまう人の傷つける一言、傷つけない話し方

つい心を傷つけてしまう人の傷つける一言、傷つけない話し方
今回のテーマは、

つい心を傷つけてしまう人の
傷つける一言、傷つけない話し方

について紹介します。

コミュニケーションは奥が深いもので、

本当の意味での人間関係上手というのは
様々な視点から相手のことを見れる
能力を持つことではないでしょうか。

そう言う意味では知識や経験を積み
精神的に成熟するほど、

コミュニケーションも熟練して
行くのかもしれません。

私もまだまだ未熟ですが、

ひとつでも相手のことを考えられる
視点を身につけたいと思います。

ここで、以前にも紹介したように、
がときには必要だというのは、

ストレートに正直に言えば、
カドが立つ事が多いからでもあります。

例えば、

久しぶりに顔を会わせた
知人に向かって、

「あんた、近頃、
ちょっと太ったんじゃないの。」

などとあからさまに言う人がいます。

もちろん、本人としては、

悪意はなく親しみを込めて、

ざっくばらんに言った
つもりなのでしょう。

しかし、言われた方の人間としては、

「なによ、自分は何様だと思っているの!」

と反発しつつ、怒りを心で抑えつつ、

恐らく、大いに傷ついているはずです。

こうしたつい心を傷つけて
しまう人の傷つける一言があります。

スポンサーリンク

心の傷と体の傷の違い

自分が普段から気にしている事を
あからさまにズケズケと指摘されると、

それだけで悩みを深くし、

心に傷を負う事が多いものです。

傷には二つの種類があります。

体の傷と、心の傷、

つまりトラウマです。

体の傷の方は目に見えるし、
時間とともに次第に治っていきます。

そして、一度治ってしまえば、

痛みも去り、その傷を思い出す事も
少なくなります。

一方で、心の傷の方はどうでしょうか。

身体の傷のように目には見えません。

がダメージは大きかったりします。

不意に痛みがやってきたり、
何かの拍子にダメージを受けます。

こちらの方は傷がついても
目には見えないし、

しかもなかなか治りません。

場合によっては、

傷がどんどん広がっていく事もあります。

そうなると痛みを忘れる
ことが出来なくなります。

もちろんトラウマと一言で言っても
大きい物や小さい物もありますし、

たいてい子供の頃に形成された物で、

その原因を忘れてしまっていたりします。

そして何気ない関係の中で、

ほんの一言で傷つく事があり
傷つけてしまう事があるので、

人間関係を大切にする為には、
傷つけない話し方が重要です。

つい心を傷つけてしまう人の傷つける一言

だから、心の傷になるような事は

不用意に口にしないように
したいものです。

もちろん友人同士では
からかい合うこともあるでしょう。

特に子供の頃は悪口を言い合い
仲良くなることもあります。

しかし、大人になってからは
できるだけ気を付けるべきです。

例えば、

相手が気にしている、

以前にも紹介したような、

肉体的な特徴や欠点、
コンプレックスを抱いている
事柄などは、

ストレートにあげつらうのは
大いに問題です。

太って見えるからと言って、
それは個性である場合もあります。

そして、国や時代によっては太って
いる人の方が尊ばれた時もありました。

例えば、

中国の唐の時代の美人とは
太った女性の事でした。

でも、現代ではやせている方が
美しいと思われています。

今の世の中ではある意味
肥満は罪であり、

男性ですら、自己抑制が
利かないだらしない人間とされて、

エリートコースから外れてしまいます。

そう言う風潮があるからこそ、
傷付けることがあるのです。

何げない傷つける一言

このため、

ちょっと太めの人でも、

自分の肉体に何らかの
コンプレックスを抱くように
なっています。

だから、その事を他人から
触れられるのは、

とても悔しく、苦しい事
になってしまいます。

恐らく自分自身のことであれば
よく分かるのではないでしょうか。

たとえ、そうした肉体的特徴を
指摘をしてきた人の方に

悪意がまったくなかったとしても、

指摘された方としては、

その一言で救いようもないほど心が
傷ついてしまう事が多いものです。

ジョークやユーモアは
会話術
として必要ですが、

それを肉体的特徴を
指摘するような一言であれば、

つい心を傷つけてしまう
一言にもなるのです。

だから、近頃少し毛髪が
薄くなった人に対して、

「最近、頭の毛が薄くなりましたね」

と呼びかけるのも禁句になります。

かつて、毛髪の薄さに悩んでいる人が、

「あの、顔と頭の境目はどこで
分ければ良いのでしょうか。」

と冗談で聞かれて、

その場では怒るに怒れず笑い飛ばしたが、

大いに傷ついたと
教えてくれた事があります。

「あなたはシャンプーが少なく
済んでとても経済的ですね」

というジョークも、

やはり心に傷をつける一言、
言い方でしょう。

傷つけない話し方

本人が言うなら良いのです。

しかし他人が肉体的な部分を
指摘しては行けません。

なぜなら努力では変えられない
部分がたくさんあるからです。

こうした話題に関する言葉は、

表現を変えても

傷つく度合いが変わるだけで、

結局は何らかの傷を
負う事に変わりありません。

また書類作りを命じた新入社員から

「この字はなんと読むのでしょうか」

と聞かれた毛髪の薄い上司が、

その書類を見たら

「毟る(むしる)」

という漢字だったので、

「わざと傷つける為に
聞いてきたのではないか」

と憤慨したという話しもあります。

不用意に人を傷つける
危険性に満ちているというのが、

この種の話題の特徴とも言えます。

もちろん考えすぎて会話に困る

というまで悩む必要はありませんが、

気遣いを意識する態度は重要です。

こうした会話での
失敗を犯さない為には、

日頃から人の欠点や弱点、
そして肉体的な特徴などを
話題しない習慣をつける事でしょう。

つい心を傷つけてしまう人の
傷つける一言で人間関係は
悪化する事があります。

もしであった相手が太っている事を
気にしているようであれば、

「健康そうですね」

といったように、

かなり婉曲的な言い方に
変えた方が良いでしょう。

傷つけない話し方を心がけ

「あれ、幸せ太りかなあ」

というのは、

怒るに怒れない言い方でしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>