人脈を整理して優先順位をつける、人間関係を整理整頓する秘訣


今回のテーマは、

人脈を整理して優先順位をつける、
人間関係を整理整頓する秘訣

について紹介します。

どれだけ素晴らしいものでも、

それが乱雑に置かれていたら、

それは美しくありませんし、
機能しにくいものです。

人付き合いというのも、

放っておくとついつい部屋が
物で溢れてしまうように、

顔見知りを増やすことに
だけ躍起になって、

人脈作りをしていると結局、
関係を維持できなくなる、

ということに陥りがちです。

単なる知り合いから出会いが生まれ
様々なコラボレーションが生まれます。

単なる知人の中から人脈と
呼べる人へ発展させていくために、

この辺りからそろそろ
絞りこみを検討しても良いでしょう。

人脈とは簡単に
成立するものではありません。

また人脈には「限度」があるものなのです。

だからこそ、定期的に
人脈を整理して、人間関係を
整理整頓する必要があります。

スポンサーリンク

優先順位で考える人脈の整理術

人間関係の整理術として

まず考えてほしいのが、

人脈に優先順位を付ける事です。

もちろんその順位を付ける
価値観と言うのは人それぞれですが、

例として紹介するなら、

第一に優先すべきは

「今しか会えない人」

と言えるでしょう。

そして

「身近な人、いつでも会える人」

の優先順位は通常後回しになります。

例えば、彼女とのデートの日に

「今しか会う事が出来ない大物」

のアポイントが入ったならば、

後者が優先されます。

身近な人と言うのは
いつでもまた会えると言う事ですから、

「次に必ず埋め合わせするから
許してください。」

と言える関係です。

知り合いが増えすぎることの弊害

もちろんドタキャンして
そのままであれば、

確実に嫌われますので、
きちんとしたフォローは必要です。

だから逆に言えば、
親しい人からアポを飛ばされても

無闇に悲しむ必要はありません。

それは親しさの証明だったりします。

物は考えようですが、

「また会えるからいいか…」

と言う関係の人間関係ほど
それだけ仲がいいと言う事でもあります。

人脈に優先順位を付ければ
人間関係の整理整頓もしやすくなります。

本当の意味で人生の甘苦を共にできる
人脈というのは、ごく少数に限られています。

人によっては5人かもしれませんし、
或いは2人だけかも知れません。

黒沢明監督の映画「7人の侍」では
7人が人脈のきずなで結ばれていました。

少数精鋭だが本当に強い、

その後この映画は世界中の
映画監督にも影響を与えましたが、

人間関係の機微を
うまく表している気がします。

人脈は多い程良い訳ではない

たくさんの知り合いがいて、
人脈の数が多ければ良い、

と誤解する人も多いですが、

決してそうではありません。

人間関係は量より質

色々な人と付き合った結果、
人脈と呼べる存在が

「たった一人」

であったとしても構わないのです。

1人とゼロ人では
無限の差があります。

そして自分の人生には、何も起こす
事のない100人の知人よりも

確かな1人の方がずっと価値があるのです。

数を競わなければいけない
理由などどこにもありません。

むしろ数が多ければ多いほど
マネジメントに苦労します。

少数精鋭でシンプルに行く、

これは人間関係だけんでなく

あらゆる人生における
うまく行くルールと言えます。

そして良好な関係を維持し、
付き合いの中身を発展させるためには

人脈の整理整頓、メンテナンスが必要です。

人脈を絞り込む作業も重要なのです。

優先順位をつけるといっても
それはやはり限度があります。

自分が丁寧にメンテナンスできる
上限によって、必然的に人脈の
「定員」が決まってくるのです。

もしこうした定員を超えて多数の
人と深く関係を結ぼうとしても

「あの人は結局ただの八方美人だ」

とマイナスの評価を下されるだけでしょう。

人間関係を整理整頓する秘訣

前にも言いましたが、

ときどき思い出したように
社交辞令のように、

「今度飲みに行きましょう」などと
声をかける人も良くいますが、

こんな声かけだけで、

人と新しい仕事ができるほど
人間関係は単純なものではありません。

時間的にも金銭的にも
それなりの投資をしないといけないのです。

体力も気力も必要ですし、

時に言い争いや摩擦、
問題を乗り越えてこそ、

真の絆が生まれるのです。

そして何よりも、相手に対する
「誠意」があるかどうかが大切です。

この誠意も、無限に誰にでも
発揮できるものではないでしょう。

こういった努力なしに、単に
知りあっているだけでは意味がありません。

これでは真に人脈と呼べる
人間関係は構築できないのです。

とはいえ、

今の自分に人脈がないからと言って
「持たざる者」として自らを卑下する
必要はまったくありません。

一つずつマイペースで
初めて行けばいいのです。

周りと比較する必要はありません。

非常に社交的に見えて、
しょっちゅう携帯電話やメールの
着信がある人でも

本当の人脈はゼロだったりします。

大切な事は、定期的に人脈を見直し
人間関係を整理しながら

これからいかにして
本物の人脈を作っていくかなのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>