人付き合いが上手い人、下手な人の特徴、人付き合いに慣れる方法

人付き合いが上手い人、下手な人の特徴、人付き合いに慣れる方法
今回のテーマは、

人付き合いが上手い人、下手な人の
特徴、人付き合いに慣れる方法

について紹介します。

誰であれ人には雰囲気と言うか
オーラのようのような物が漂っています。

周囲に親しい人を多く
持っている人とつき合う時と、

周囲から孤立しがちな
人と付き合う時は、

こちらの気の使い方が違ってきます。

友人や仲間を数多く持っている人、

人付き合いが上手い人とは
すぐに親しくなれるし、

素直につき合う事ができます。

しかし、周囲から孤立しがちな人
人付き合いが下手な人
と付き合うのは、

なかなかうまくいきません。

どうしても壁ができてしまいがちです。

数多くの仲間と付き合いのある人は、

こちらに対してもそれ
相応の気配りが上手く、

場をしらけさせる事はがないですし、

また、こちらを
楽しませてくれます。

しかし、仲間付き合いが
あまりない人は、

突然、会話の流れ
かけ離れたことを言ってみたり、

或は自分勝手な思い込みで、

急に感情的になったり、
こちらに何かを期待したり、

思いもよらぬ要求を突きつけて
くる事があって、

つき合いづらいのです。

スポンサーリンク

人付き合いが下手な人の特徴

このような応対の差は、
人付き合いの上手下手の特徴は、

結局、人付き合いに慣れているか
どうかから来るものでしょう。

結局全ては慣れと言えるのです。

生まれながらに人は才能を
持っているわけですが、

どんなスキルであれ磨かなければ
上達はしないものです。

ピアノを弾く、サッカーがうまくなる
英語が上手くなる、セールスが上手くなる、

全て同じように時間をかけて
上達して行く物です。

人間関係も慣れなのです。

人付き合いに慣れているから、

相手にどのように接すれば良いか
が体で理解できています。

だから、自然につき合う仲間の範囲を
どんどん増やしていけるし、

親友と呼べる人を数多く持つ事が
出来ます。

しかし、

人付き合いに慣れていない人は、

相手にどのように接すれば、

相手が喜び、好意を持ってくれるか
が体で理解できていない為に、

つき合い方もぎこちないものになり、

ときには相手のプライドを傷つけたり、
不快な思いをさせてしまいます。

距離感が掴めない事もあるでしょう。

もちろん、そうした人が

自分が周囲から嫌われても良い
などと思っている訳ではありません。

できれば心を許せる
友人を欲しがっているのです。

しかし、それがなかなか
うまくいかないのです。

人付き合いが上手い人と出会いのチャンス

この原因は、ひとつは、

もともと自分が原因で、

出会いのチャンス
少なくしている事です。

そして、その少ない出会いの
チャンスにすべてをかけようと

意気込みすぎるからではないでしょうか。

恋人がなかなか出来ないと
悩む人がいますが、

チャンスがないから出会いが
ないと悩む人がしばしばいます。

しかし、チャンスというものは、

たぶん、平等にみんなに
あるのではないでしょうか。

出会いというのは冷静に見れば
たくさんあるわけです。

チャンスがないと悩む人は、

むしろチャンスの数が
少ないのではなく、

チャンスを潰しているから
少なくなると言えるでしょう。

ある出会い系の会費制パーティーに
出席した30代の男性は、

パーティーの間中、

イヤホンを耳に音楽を聴きながら
競馬新聞に読みふけっていたそうです。

それなら、わざわざ会費まで払って
こなければよさそうなものですが、

彼は出席した女性の誰かが自分に
話しかけるのを待っていたのです。

しかしそんな奇跡は
起こるはずがありません。

人付き合いに慣れていない、
人付き合いが下手な人の特徴は
こうしたものがあります。

人付き合いに慣れる方法

これは特殊な例ですが、

例えば、

ちょっとした興味で自分の事を
振り返ってくれれた人がいた時

もうその相手が恋人になってくれた
かのような期待感を抱いてしまいます。

そこで、恋人に求めるような要求をしたり、

態度をとったりして
相手を縛ろうとしてしまいます。

しかし、相手はまだ
そこまでは考えていないのです。

そこで意識のギャップが生まれます。

「なによ、この人は。ずうずうしい。
ずいぶん自分勝手な人」

と言ったような不満が生まれ、

敬遠したい気持ちが湧いてくるのです。

結局、孤立しがちな人は、

少ない出会いのチャンスに
全てをかけようとする為に、

最初からあまりにも多くの事を
相手に要求しすぎるのではないでしょうか。

その要求度の多さ、期待感の高さが、

せっかく好意を示して来てくれた
相手をみすみす離れさせる
原因になっているように思われます。

それもこれも、

結局は人付き合いと言う
経験の少なさから来る事でしょう。

つまり、慣れていないから、

相手に何をして、何を言うべき
かが分からないのです。

では人付き合いに慣れる方法
はどのようなものでしょうか?

人付き合いが上手い人の特徴

しかし、全ては思い込みによるものです。

ちょっとしたきっかけがあれば、
人付き合いというのは変わります。

ちょっとした考え方が
変われば人間関係は豊かになります。

だからちょっとだけ心を開いて
このサイトにある情報も参考に
してほしいのですが、

人間関係を上手く取り結ぶ方法など、
学校ではなかなか教えてくれません。

また、教科書に書いてある
わけではありません。

親もに教わらない事かもしれません。

とはいえ、

人間関係は社会生活の基本であって、

誰でも、特別に教えられる訳でもないのに、

専門知識を持たなくても日常生活を
上手く過ごしているのです。

誰でも日常的に使っている
言葉によるコミュニケーション

だからこそ、

簡単だし、同時に難しいと言えます。

しかしよく考えれば
出会いはたくさんあります。

その出会いを一つずつ
丁寧にこなしていけば良いのです。

そしてこちらから声をかけ、
会話を楽しんでいくのです。

そこで最も迷うのが、

どんな話題を出せば相手と上手く
やっていけるかという事でしょう。

しかし、そう緊張する事はありません。

話題は何でも構わないのです。

例えば、
天気の話しでも良いでしょうし、

どこそこで美味しい
ケーキを出してくれると言った、

たわいないことで良いのです。

雑談から始めれば良いのです。

ピアノの練習でもいきなり
難しい局から始めません。

まずは簡単な基本からスタート
なわけですから、

人付き合いが上手い人、
人付き合いが下手な人の特徴は、

小さな事の積み重ねで生まれます。

意外と簡単な事で「ウマがあう人」が
増えていくのです。

これからそんな人間関係のレベルを
あげて行く為の方法について
一緒に考えて行きましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>