会話で避けるべき口ぐせ、否定的表現、でも、どうせ、だって


今回のテーマは、

会話で避けるべき口ぐせ
否定的表現、でも、どうせ、だって

について紹介します。

人は誰もが口癖を持っています。

そしてそれは無意識の習慣になり、
自分では気づきにくいですが、

コミュニケーション、人間関係において、

それは時にネガティブに作用する
事も多々あります。

否定的な表現を
多用しがちな人は、

会話の雰囲気を後ろ向きの
ネガティブなものにさせやすいです。

こうした否定的な表現は、

せっかく建設的に会話を
進めようとしているのに、

それを後戻りさせたり、
ぶちこわしたりしてしまいます。

しかもいった本人はそのつもりが
ないことがあるので問題です。

ふつう

「あいつとはウマが合わないな」

と人から思われがちな人には、

こう言う否定的な言葉
平気で使うタイプが多いです。

できるだけ避けた方が良い、
口ぐせ、フレーズがあるのです。

会話で避けるべき口ぐせ

直接的な悪口や陰口であれば、
それが良くないのは明らかです。

しかし、これらの口癖は
本人も気づかないことがあるからこそ、

注意しなければなりません。

あまり使いたくない
否定的表現に

「でも」「どうせ」「だって」

があります。

「でも、私には出来ません。」

「どうせ、私は無能な人間です。」

「だって、先日、係長が
そうおっしゃったではないですか」

…など、

口ぐせのように

「でも」「どうせ」「だって」

を使ってしまう人がありますが、
できるだけ避ける方が良いでしょう。

また精神的に未熟であると
相手に伝わる事もあります。

まるで子供が、

「でも、〇〇君がそういっていたもん」
「どうせ、僕にはできないし」
「だって、おもちゃで遊びたかったんだ」

…などなど、

これらの否定的表現は、

聞いていて耳障りなだけでなく

言った人の価値評価を
下げずにはおかないです。

というのも、
こうした言葉は、

何かで失敗したり、
ミスを犯したときに、

自己保身の為の言い訳と受け取られ
てしまう事が多いからです。

「でも」「どうせ」「だって」の会話、口ぐせ

これらの言葉を使った
会話をしてしまえば、

自分のミスなのに、

人のミスであるかのように
相手を攻撃してしまう。

そうして攻撃する事で
自分の立場を守ろうとする、

そういった心理メカニズムから
口ぐせになっているのです。

言い訳したい、自分を守りたい、

そんなときに、

このような否定的表現が
しばしば使われます。

しかし相手にとっては、

出来れば言い訳など聞きたくない、

素直に謝って欲しいというのが、

こう言う時の上司が抱く感情でしょう。

できない理由をぐちぐち
言われても気分が良いものではありません。

言い訳をあれこれ考えるよりも、

次の機会にどう失敗を修復するか、

二度と同じ失敗をしない為には、

何をすべきかという事が
問題なのです。

前向きで、建設的な意見を言える人が
ウマが合う」と思われる人なのです。

否定的表現を会話で避けよう

上司はそうした答えが
返ってくるのを期待して
叱責したのかもしれません。

「でも」「どうせ」「だって」

というのは、

話しの腰を途中で折り、

形勢の逆転をはかる効果があります。

そして、同時にその言葉を
発した当人の自信のなさ
表す言葉でもあります。

相手の立場を慮って
言っているのではなく、

自分の立場だけを主張し、

それを押し通そうとしている
ように受け取られます。

それは自己中心的な考えで、
やはり嫌われるタイプなのです。

相手の立場に立って相手の気持ち
をくんだ会話が出来る人、

というのがコミュニケーションが
上手い人なのです。

だから、会話では、

この三つの言葉はできるだけ
避けた方が無難です。

口から出そうになったら、

じっとこらえるくらいの
勇気を持たなければなりません。

口癖はあくまで「クセ」ですから、

新しいクセになるまで馴染ませれば、
問題はなくなります。

「でも」「どうせ」「だって」

をまずは辞める、

特に初対面の人には、

本来以上に強く受け取られる
恐れがあります。

お互い気持ちよい会話をする為に
こうした口ぐせは避けていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>