人間関係に相手への気遣い、優しさや思いやりが生まれる秘訣


今回のテーマは、

人間関係に相手への気遣い、
優しさや思いやりが生まれる秘訣

について紹介します。

人脈作りというテーマで、

「自分のため」より先に
「相手のため」という考えが

頭に浮かぶようになった人から

人間関係はスムーズに
いくようになるはずです。

人間関係に優しさや思いやりが
生まれる秘訣というのは

どういったものなのでしょうか?

人脈術というテーマなのに

前回から孤独と向き合う

というような話をすると、
意外に思うかもしれません。

人が周りに集まっていつも
和気あいあいと楽しそうにする
仲間がたくさんいる状態…

こそ人脈術の目指す所…

という思いがあるかもしれませんが、

しかし本当の人脈というのは、

実はこうした孤独と向き合う
事から生まれるのです。

スポンサーリンク

優しさや思いやりは孤独から生まれる

人間の内部には複数の人格があります。

そうした自分と向き合えて
初めて他人との関係をうまく
築けるようになるでしょう。

自分と向き合って初めて、
他人との関わりが分かります。

自分を軽視したり、
無視するのではなく

痛みも苦しみも、
幸せも喜びも、

喜怒哀楽を理解して初めて、

相手への共感も生まれます。

孤独と真摯に向き合う姿勢の中から、

他人に対する優しさや、
思いやりが誕生するからです。

マックス・ピカートの著作に
『沈黙の世界』という名著があり、

こうした問題を本格的に論じた
本なので一度読むと良いかもしれません。

孤独の問題というのは、
人間関係の大きな課題です。

何よりも、直ぐに他人を頼るという
発想から脱却しなければいけないのです。

まずは一人をマスターしましょう。

その次に誰かと協力をする
ことができるのだと思います。

人間関係に相手への気遣いが生まれる時

孤独の寂しさを紛らわす
ためだけに人脈作りをすると、

いつまでも満たされない
思いを抱えるはずです。

他人から最終的な正解を
もらおうとしてはいけません。

逆に、簡単に答えを与えてくれる
ような人はあまり良い回答を
くれるものではありません。

孤独から逃れるために人に
頼ろうとしても、

報いられる事は少ないでしょう。

ましてや、こういう気持では
自分にとって本当に必要な
人脈なんてできません。

「他人に頼る事」と「人脈を得る事」は

ある意味でまったく
正反対にある考え方です。

他人に貢献して、その上で
ようやく実を結ぶのが人脈なのです。

自分で痛みを経験し、苦しみを経て
問題を解決した時初めて、

相手の気持ちが分かります。

そうして初めて人間関係に
相手への気遣いが生まれるのです。

人間関係の本質を見つめ直す時

例えば

相手が落ち込んでいる時
どんな声をかけてあげるのが
いいのでしょうか?

相手の立場になりきって
自分だったらどう感じるだろうか、

とまず考えてみます。

そしてどんな言葉をもらったら
一番嬉しいか想像してみるのです。

必要なのは想像力です。

相手への気遣いは、
脳を使う作業なのです。

楽なものではありません。

そして想像力は色々な経験や
成長を経て培えるものです。

そして、恐らく優しい言葉をかける

と言う事に落ち着くはずです。

一言であっても、
相手に思いやりをかける言葉を
かける事ができれば、

相手はあなたの言葉に
ありがたみを感じてくれるはずです。

ここで少し勇気を出して欲しいと思います。

人に頼る気持ちで人脈を作るのでなく、

自分の仕事はまず一人でやって
のけるという気概を持ちましょう。

その中からすこしでも余力が生じた所で、

社会や他人に還元できないか、

と自分に問うてみるのです。

人間関係を見直す時

また現在交友のある人との関係を
もう一度見つめ直してみましょう。

なぜ、その人と付き合っているのか

を冷静に問いかけてみるのです。

自分の心を満たすためだけに
誰かを必要としてないでしょうか。

単なる飲み友達として、

自分の周りの人たちを手軽な孤独の
解消手段にしていないでしょうか。

夢や目標と言った大切な話題には
一切触れずに、

その場しのぎの冗談を言い合って、

余白を埋めるような時間を
過ごしていないでしょうか。

週末に予定の一つも入っていないと、
人から聞かれた時に格好がつかない。

友達がいない奴、、と思われたくない。

なによりも

「一人ぼっちでいるのが怖い」と

絶対に知られたくない。

こうした気持ちが、知人や友人を
増やしたいという願望の底に
潜んではいないでしょうか。

そんな世間体のために
人と付き合っているのだとしたら、

自分自身もまた相手にとっても、
お互いに時間の浪費になるだけでしょう。

人と人とが協力して、
一人では成し得なかった事が
できつようになるために、

人脈はあるような気がします。

もう一度、自分の交友関係
静かに点検して見て下さい。

このテーマが目指す人脈術は
本物の人付き合いです。

自分のエゴを満たすためだけでなく、

他人のことを気遣い、思いやり、
何かを生み出して、

それがもっと多くの人に、

社会や世界に影響を
与えられるようになる。

そんなシナジー効果に
人間関係の本質がある気がします。

そして本物の人間関係にこそ
優しさや思いやりが生まれるのです。

自分にとってなくてはならない人間関係が、
いずれ人脈として成長していくのです。

それが取りも直さず一生ものの人脈
になって行くのです。

一緒に頑張っていきましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>