形から入ることの心理的効果、背伸びする事の成長のメリット


今回のテーマは、

形から入ることの心理的効果、
背伸びする事の成長のメリット

について紹介します。

子供が高いところにある
お菓子などを取ろうと、

必死に背伸びをして頑張って
手を伸ばしている姿を見ると、

微笑ましい限りですが、

今回は自分をレベルアップさせる
ちょっとした方法を紹介したい
と思います。

人脈というのは自分の器に
応じてできるものです。

つまり人脈を求める前に
自分の人間的な魅力を

つまり自分自身をレベルアップを
させておく必要があります。

その為に知性や教養を身につける
努力をするのですが、

心がけ次第で今日からでも始められ、
ある程度効果が得られるノウハウがあります。

それは「形から入る」という方法です。

という言う事かと言えば、

ちょっとだけ心理的な
背伸びをして見るのです。

普段は、自由席でエコノミー席
に乗っているのなら、

新幹線はグリーン車、飛行機は
ビジネスクラスを利用してみるのです。

また普通のホテルでなく、

奮発して高級ホテルに宿泊するのも
良い経験です。

デートであれば、いつも行く
定食屋でなく

高級レストランに行って見る、
というのも良いでしょう。

形から入る事の心理的効果

出張の予定に絡めて、
前泊と後泊のスケジュールを組み、

普段利用しているホテルとの
差額を自己負担して泊ってみるのも
いいですね。

さらに外出する時は
きちんとした服装で出掛けるのも
大切なポイントです。

せっかくのチャンスなので、
最初から最後までとことん
形から入っていくのです。

そこでグリーン車や高級ホテルでは
ゆったりとした雰囲気に浸るのも
程ほどにして、

そこにいる人たちを
じっくりと観察しましょう。

彼らの所作、着ている服、
食べているもの、持っているもの
を入念にチェックするのです。

何かいつもと違う雰囲気を
感じられるはずです。

例えば、グリーン車は不思議と静かで
声高に話している人がいない事に気づいたり
するかもしれません。

熱心に読書をしたり、パソコンを広げて
黙々と仕事をしている人を多く見かけます。

高級ホテルのフロントやドアマン
コンシェルジュの物腰や立ち振る舞い
言葉使いなど見習うべき点がたくさんあります。

朱に交われば赤くなる

と言う言葉もある通り、

私たちは環境に合わせて
自分が変わると言う心理的効果があります。

だからこそ自分の理想の
環境を味わえるような場所に
身を置くのは大切なのです。

背伸びのための消費は投資である

もう一つ心理的背伸びをする
という意味で効果的なのが、

憧れの人が持っている物、
行っている場所、
やっているアクティビティを

真似してみるのも良いことです。

もちろん彼らの考え方や
思考パターンというのが、

成功へ導く最も重要なことですが、

いわゆる成功者たちが
やっている外的なことを
表面的に真似れすることでも、

内面の気づきもあります。

こういった背伸びや形から入る事は
ある意味投資のようなもの、

あくまでリターンを見越しての
お金を使う行為と言えます。

そういう意味ではこの投資を
ケチって欲しくありません。

ただ、くれぐれもここで
誤解して欲しくないのですが、

散財に酔いしれたり、
優越感に浸るために
背伸びをするのではありません。

投資だからこそ
自分が何をリターンとして得れるか
を意識しなければ行けないのです。

背伸びをしすぎて転ぶのは
やはり恥ずかしいものですし、

逆に成長を妨げることになります。

形から入って中身が
いつまでも伴わない、、

では困りものです。

背伸びすることの成長が器を変える

この辺りのバランスは
調整しながらも、

自分の成長のためになるなら、

色々と試してみる他ありません。

人間としての器は所得に比例して
作り上げられるものではありません。

背伸びをするのは、あくまで
気品を身につけるためです。

どのような場合でも人間としての豊かさが
周囲の人を引き付けるのです。

世の中にある良いモノに触れることで、
気品があるとはどういう事がを
考えて欲しいのです。

少しは背伸びした場所で見た
光景の中から

自分にとって好ましいと感じた
所作を記憶しておき、

早速真似して見ると良いでしょう。

形から入ることの心理的効果、

背伸びのメリットを
意識しつつやってみてください。

きっと投資に見合う学びがあるはずです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>