自分に合う仕事を見つける方法(意思あるパシリのススメ)


今回のテーマは、

自分に合う仕事を見つける
方法(意思あるパシリのススメ)

について紹介します。

自らの意思で成長し
行動をし続けられれば良いのですが、

人間は弱い動物ですから、

一人になるとどうしても
甘えが出てしまい、

サボってしまいがちです。

だからこそ、

自分の背中を押してくれる
誰かの存在は大きいのです。

誰かに必要とされる
ということは大切なことです。

自分に合う仕事を見つけることこそ、
ビジネス面では成功が近いものです。

ここで、ビジネスを加速する為に

「私を使って下さい」というフレーズは

人脈を確かにするための
キーフレーズの一つです。

「パシリ」と言う言葉や
「相手に取って都合のいい存在になる」

と言う事は、悪い事ではないのです。

スポンサーリンク

パシリを全力でやってみる

「都合の良い存在」と言うのは
相手に必要とされている事だからです。

最初のうちは単なる便利な存在
として扱われるかもしれませんが、

そのうち絶対に外せない存在になります。

学生時代に、

先輩に買い物を命令され
イヤイヤ使い走りに行くような

経験をしたことがある人もいるでしょう。

学生時代のパシリは
ネガティブなものかもしれませんが、

社会に出て意志を持ちながら

誰かのパシリになる事は
実はメリットが大きいのです。

特に尊敬できる人、
憧れの人の役に立つことは、

自分の成長につながります。

前にも紹介した
師匠や先生を見つけたならば

彼らに対しても

「どんどん私を使って下さい」

と申し出てみましょう。

雑用でもなんでもやります!

という意思あるパシリという
スタンスが望ましいです。

結局は考え方の問題

ここでのリターンは、

自分の成長と考えましょう。

最初は本当に雑用を
お願いされるかもしれませんが、

どんな仕事でも厭わずに
全力で処理するのです。

コピーを頼まれればすぐに済ませて届ける。
買い物を頼まれたら二つ返事で引き受ける。

他の人がだらだら歩いていたら
あなたは走ってコピーをとるのです。

そして相手に「早かったな」

と思わせるくらいの
スピードで買ってくるのです。

「頼まれごと」を何件もこなしていると
次第にお願いされる仕事のレベルが
あがってきます。

単純な雑用のレベルを卒業し、

やがて「自分には難しいかも」

と思われる様な依頼を
受けるチャンスも訪れます。

そしてそれはチャンスが到来した瞬間です。

自分が

「難しいかもしれない」

と感じている仕事は

頼んでくる相手も

「ちょっと荷が重いかな」

と思いながら依頼してくるものです。

自分に合う仕事は自分では分からない

そんなちょっと荷が重いかもしれないけど、
この人ならきっとやってくれるに違いない

という期待を込めながら、
オファーを出しているのです。

学生時代のパシリは、

ただの先輩のエゴだったかもしれませんが、

社会に出て、特に結果を出して
いる人が頼む事は

ただ用事を頼むだけでなく
あなたの働きを見ているのです。

そしてその態度で将来の
仕事や出世の差につながるのです。

「社長は儲けているのに
オレらは給料が安い…」

などと愚痴をこぼしても
何も得する事はありません。

「会社にこき使われている」
「会社に利用されている」

と思うとマイナスの方向に向かってしまいます。

これでは意志のない受け身のパシリです。

そうではなく

「自分が会社を利用している」
「仕事を通じて成長させてもらっている」

と思えば、意思のあるパシリとして

長期的に会社内でも
一目置かれる存在になっていきます。

自分に合う仕事を見つける方法

結局は考え方の問題なのです。

「言われたことだけやる」
「時給に合わないことはやらない」
「自分のできることしかやらない」

といった合理的な考え方をしていれば、

いつまでも成功はできませんし、
なかなか成長できません。

そもそも人間は、自分が
いかんなく力を発揮できる仕事を

なかなか自分では見つけにくいものです。

ひところは「自分探し」などという
言葉が社会を席巻していました。

自分に合った仕事でないとしない、、

などという若者もたくさんいました。

今でも、「自分が決めた仕事」を
至上のものとする風潮が幅を利かせています。

しかし私は自分中心の考え方には
あまり賛成しません。

いくら自分にピッタリ合う仕事が
成功のために大切と言っても、

発見できない可能性が
かなり高いと思うからです。

それならばいっそう信頼する相手に
「なんでも自分を使って下さい」と
頭を下げてしまうのはどうでしょう。

見つからないものを探すのでなく
今ある自分の資源を使ってもらい、
自分の素質を開花させるのです。

その資源は相手の方が良く見えているのです。

ですから、相手に対して心を開いて
自分の方から心を広げましょう。

そして信頼する相手からオファーを
じっくり待ち、それをしっかりこなすことで。

一段上のステージへと
ステップアップできるのです。

逆に言えば、
それくらい心から尊敬できる人に
あなたは出会う必要があると言う事です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>