好意の返報性と職場で上司からも部下からも好かれる人の特徴


今回のテーマは、

好意の返報性と職場で上司からも
部下からも好かれる人の特徴

について紹介します。

超能力者でもない限り、

相手の考えている事、感じている
ことは直接的には分かりません。

だからこそ相手の心を推測しながら
人付き合いをするのが私たち人間の
持つ性質と言えるでしょうが、

どんな相手でもやはり嫌われるよりは
好かれているほうが嬉しい物です。

ここで、

他人に好かれる人になりたいが、

なかなかなれないと言う
悩みを持っている人に

アドバイスをするとしたら、

「まず、あなたが相手の事を
好きになってみなさい」

と言えるでしょう。

これは逆転の発想で、

人に好かれたいのに好かれない人は、

多くの場合は、

相手に対して、こちらを
好きになって欲しい

という要求を一方的に
投げつけているだけの事が多いです。

しかし、それでは相手はなかなか
こちらを振り向いてくれません。

それよりもまず、

こちらから相手のことを好きになって、

好意を振り向けてみる、

すると自然に相手の方もこちらの事が
好きになってくるものです。

これは実際には人気者と言える
人が持つ特徴のひとつで、

彼らは自分から積極的に

「相手を好きになる、認める、尊敬する」

という事が自然にできるのです。

だからこそ周りにも好かれるのです。

職場で上司からも部下からも
好かれる人の特徴も同じです。

スポンサーリンク

好意の返報性と好かれる人の特徴

これは前にも紹介しましたが、

人間の心理の中には

「好意の返報性」

と呼ばれるものがあるからです。

一口で言えば、

向こうから好意を示されたら、

こちらも好意で応えようとする
気持ちがわいてくるという事です。

逆に言えば、攻撃されたら
攻撃仕返したくなりますし、

相手に心を閉ざされると、
こちらも心を閉ざされる、

という事で、例えば、

あなたが会社でそれまで一番の
後輩という立場だったとして、

あなたの職場に新人が
入ってきたとします。

それまで社内で一番地位が低かった
あなたに後輩が出来た訳です。

その新人にすれば、

あなたは社内にいる誰よりも
身近にいる先輩という事になります。

そこでその新人は、

分からない事があったり、
聞きたい事があると、

「先輩ここはどうすれば
良いのでしょうか?」

などと何かにつけて
聞いてくる事でしょう。

そういう風に後輩社員や
部下から頼りにされると、

あなた自身も悪い気がしないはずです。

恐らくこの後輩の為に色々と
教えてあげようと言う気になるはずです。

職場で上司からも部下からも好かれる人

年下の者や、自分より地位が
低かったり、経験の浅い人から

頼りにされたり、
持ち上げられたりするのは、

自尊心をくすぐられ
気分のいい事でもあります。

そこでその後輩が少しばかり物足りない
と思えるような人間であっても、

つい後輩の面倒を見てしまう
のではないでしょうか。

逆にその後輩が、

「いや、先輩の助言は不要です!」

と心を閉ざされれば、

あなたも同じくその後輩と
仲良くしようとは思わないはずです。

そのように、

人から好意を示されれば、

こちらも好意で返したく
なるという心理が

「好意の返報性」という事です。

会社員でも、職場でもなんだから
ウマが合わないなという人がいたり、

上司に好かれたいと思った時は、

今の逆をやれば良いという事です。

自分から積極的に、

「自分が望む関係」を作るのです。

つまり、例えば先輩上司との
関係を良くしたければ、

何かにつけて

「課長、課長」などと
相談を持ちかければ良いわけです。

部下や後輩にも積極的に
アドバイスを与えて行くのです。

職場で上司からも部下からも
好かれる人は

この好意の返報性を
自然と出来ている人です。

職場で好かれる人の特徴

課長としては、部下に頼られて、
少しは良い気分になる事でしょう。

その結果、その課長は部下に対して、

何らかの形で好意を
振り向けるようになるはずです。

間違いなく敵対心は持たれません。

そう言った関係が作れれば、
馬が合わないと思っていた人とでも、

上手く付き合えるようになります。

こう考えると、最近でも
直属の上司に親しみを込めようとして、

「○○さん」と名前で
呼びかける部下がいます。

しかし、上司としては、

名前で呼びかけられるのは
部下と対等のように思われて

少しばかり気に入らない事と
思う事が多いものです。

やはり、役職名で呼ぶ方が会社という
組織の一員として尊敬していると言う
姿勢になるのでベターでしょう。

そのように、

人に好かれようと思えば、

まずは自分がその人を好きになる事です。

そして相手を尊重し尊敬するのです。

そして、もちろん、今までも
心の中ではそう言う思いを持って
きたかもしれません。

しかし黙っていてはダメで、

その気持ちをしっかりとコミュニケーション
として取らないと行けません。

相手に対して

「私はあなたを尊敬しています」

という気持ちを示すような
行動や発言をキチンとする事です。

そうする事によって

目上の人との溝を埋めるきっかけが
掴めるのではないかと思うのです。

職場で上司からも部下からも
好かれる人の持つ特徴である

好意の返報性という心理学を
上手く活用して、

人間関係をスムーズにさせて行きましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>