憧れの先生、憧れの人を持つと成長し人生も仕事もうまく行く


今回のテーマは、

憧れの先生、憧れの人を持つと
成長し人生も仕事もうまく行く

について紹介します。

そもそも根源的には人は
何を求めて、

他人と人間関係を持とう
とするのでしょう?

人間が求めるもの…

と言うのは本質的には

「今の自分には出来ない事」
「今の自分には会えない人」
「今の自分には行けない場所」
「今の自分には買えないもの」

です。

要するに、

今の自分とのギャップが
欲望を生み出しているのです。

だからこそ完璧に満たされた
思いを持つ人は、

あえて何かを欲すことが
少なくなるのかも知れません。

しかし、誰もが完璧には
満たされてはいません。

悟りを開けば別かも知れませんが、

人間にとって欲望というのは
人生を豊かにする動力源です。

非常に大切なものでしょう。

ただ、

そう言う欲望を具現化するチャンスは
何もしないうちに巡ってくる事はありません。

だから自分から求めていくのです。

人間力を磨くしか無いのです。

そして自分の人脈を振り返る事です。

人との出会いによって
人間力は磨かれていくからです。

成長をする事が出来るからです。

仕事の上でも先生や憧れの人を持とう

仕事で結果を出すためにも、

自分よりずっと年長の人物を
先生として選ぶことが大切です。

学生時代はなかなか
自分で先生を選べませんでしたが、

社会に出てからは自分で
積極的に憧れの先生を
探し求めるべきです。

社会人の場合、

他社の社長や重役クラスの人
業界の団体の主催者などと

話す機会や同席する
機会があるかもしれません。

或いは本を読んで感銘を受けた
経営者や評論家を選ぶのもいいですね。

自分にとって「この人!」と思う
ような憧れの人がいれば

少しでも近づく努力を試みるべきです。

もちろんその人とは、
経験や立場に差があるのですから、

簡単に交流は望めないかもしれません。

メールや手紙を送っても、

超多忙な相手からは
返事が来ないかもしれません。

しかし「自分がこうなりたい」と
思うような人を

こちらから勝手に「先生」の一人にするのは、
決して無駄な行為ではありません。

憧れの人を持つ事のメリット

こうした人は「ロールモデル」と
しばしば呼ばれるのですが、

自分の将来において人生の
目標となる人物の事です。

憧れの人を持つ事は
仕事や人生での他の面でも結果を
出すのに非常に効果的です。

先人の教えを素直に守れば、

最も効率的に成長し、
成功することができるからです。

そこでは知恵の伝承が行われるわけです。

こちらがその知恵を受け取る
態度を積極的に身につけるのです。

そういう意味で、

憧れの先生、憧れの人を
ロールモデルにすることは、

非常に重要なことなのです。

おいそれとは交際できないが、

心の師としてずっと追いかけ続ける。

著書などがあれば
全部取り寄せて読破する。

もし彼らが公開のセミナーや
講演会など公の場に出る機会があれば
積極的に出かけて行って話を傾聴する。

さらにチャンスがあれば
一言でも会話を交わしてみる

「いつか本格的な話ができるよう努力しよう」
「憧れの人に認めてもらえるような人物になろう」

そういった夢を持つだけでも、
日々の仕事は変わってくるものです。

人間関係でレベルが見える

一人で頑張って、
独学で自分なりにやっても、

できることなど知れています。

人間というのはいつまでも
グループ単位で力を発揮するのです。

だからこそ自分の身の回りの
人間関係がどういう人たちで
囲まれているかは大事です。

ゲーテの有名な言葉で

「誰とつき合っている言ってもなさい。
そうしたら、君がどんな人間であるかを
言ってみせよう」

と言う言葉があります。

人間付き合いと言うのは
その人のレベルをあからさまにするのです。

自分と似たような境遇で
収入で、環境が似たような

友人といる事は居心地がいいです。

しかし成長のためには
居心地が悪くなるような

レベルの高い人と歯を食いしばって
つき合っていくうちに、

自分のレベルも上がるのです。

またその相手は自分より年が若く
異業種で活躍している人を

「憧れの先生」

とするのもいいかもしれません。

あえて年下の人脈作りに
傾聴してみるのはそれなりに理由があって、

社会人としてある程度経験を重ねると、
惰性のうちに仕事をしたり、
慣れからくる慢心が生じるものです。

ここで外に目を向ければ、
鋭い感性で台頭する年少者の姿に、

新鮮な驚きを感じます。

自分にない何かを感じたのならば
年齢は全く関係ありません。

思い切って素直になり
教えてもらう姿勢に徹することで

人生における成長にもつながるので
ぜひ参考にして実践してみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>