話しやすい人の特徴、雰囲気の作り方、打ち明け話の心理的効果


今回のテーマは、

話しやすい人の特徴、
話しやすい雰囲気の作り方、
打ち明け話の心理的効果

について紹介します。

初対面や出会ったばかりの相手は、

基本的に

「どこの馬の骨か分からない」

という存在であり、そう簡単には
打ち解けられないものです。

特に仕事で会う人であれば
警戒心を持って臨んでいるケースが
多いです。

そこで、家族構成や趣味など、
少しでもプライベートな部分を話すと、

人となりがおぼろげながら
分かって一安心するものです。

自慢話にならない程度の
自分の経験談や打ち明け話などを
することは、

人の心をつかむのに有効です。

自分の事を積極的に
話そうとしている時は、

友好の気持ちの現れと
みてよいからです。

逆に言えば、

相手から打ち明け話を
引き出す事ができた時は、

相手との友好関係が
築けた時という事になります。

お互いに話しやすい雰囲気を
作る事が出来ます。

しかし、なかなか最初から
打ち明け話をしてくれない
事が多いです。

どんな態度で相手に接すれば、

相手が最も良く自分の事に
ついて話しをしてくれるかについて、

アメリカの心理学者が
調べています。

それによると、

重要なのは、話しかける
方の態度だと言います。

スポンサーリンク

打ち明け話の心理的効果

この心理学の実験では、

次の4つのシチュエーションが
設定されました。

1.

聞き手がうなずいたり、
相づちを打ったりしながら話しを聞く。

2.

椅子に座る時、聞き手が
相手の体に軽く触れ、

うなずいたり、相づちを
打ったりしながら話しを聞く。

3.

相手が話す前に、聞き手の
方から自分自身の事を話し、

相手の話しにうなずいたり、
相づちを打ったりしながら聞く。

4.

椅子に座るときに、聞き手が
相手の体に軽く触れ、

相手が話す前に自分自身の
ことを話す。

この四つのシチュエーションでは、

いずれの場合も相手が
話しやすくなるような雰囲気を
作る事に成功しましたが、

中でも最も積極的に相手が
自分の事を話してくれたのは、

4.の場合だったと言います。

要するに、会話の
途中でうなずいたり、

相づちを打ったりすることは、

会話を発展させる為に有効で
ある事はよく知られていますが、

それに加えて、

さらに相手の体に触れる
何どして親愛の情を示す事で、

より話しやすい、会話を
弾ませる雰囲気作りに役立つ事
になる訳です。

ビジネスシーンでは自己紹介が
年齢や職業、役職など、

通り一遍等のことしか教えない
事が多いのに対して、

もう少しプライベートな
事を相手に伝えることで、
心が開かれるのです。

話しやすい人の特徴

さらに、相手が自分の事を
自発的に開陳する前に、

話し手の方から、率先して
自分に関する打ち明け話を
することによって、

相手が最も良く、

自分の話しをしてくれる
ようになるといいます。

話しやすい人の特徴をみれば、

確かに上記のような
特徴を持っている人が多いです。

どうして、

相手よりも先に話し手の方から
打ち明け話をすることが
重要なのでしょうか。

これは、

相手との間にある心の垣根を
積極的に取り払う心理効果がある

という事からです。

自己開示には返報性と言う
心理メカニズムが働くのです。

つまり人の心理は

相手から打ち明け話をされると
自分も相手に対して打ち明けよう
という傾向があるのです。

人から本音を告げられると、

自分も相手にあわせて
本音を告げなければ
いけないような

雰囲気になると言う
心理メカニズムです。

これでお互いがリラックスできれば、
その後の会話も進みます。

話しやすい雰囲気の作り方

また、

「この人は、私にだけ特別に
個人的な話しをしてくれている
のかもしれない」

と思い、

「それでは、自分も個人的な
話題を打ち明けて、

この人に応えよう」

という気持ちになってくると
説明されています。

ところで、

このような個人的な趣味や
体験などを他人の前で
表明する事を

心理学では

「自己開示(自己呈示)」

と呼んでいます。

これが上手かったのが
『刑事コロンボ』のコロンボ刑事です。

このドラマの中で毎回

「ウチのかみさんがね…」

と奥さんさんの打ち明け話をダシに
犯人に探りを入れて行くのです。

フッと笑うようなエピソード
を漏らしたりすることで、

つい犯人も口が滑らかになり、
コロンボに事件解決の重要な
ヒントを与えてしまうという筋書きです。

自己開示をする人間関係のメリット

刑事コロンボも利用した
この会話術、

初対面の相手の心をどう開くか
という意味でも、

実に理に叶っているのです。

自己開示をすると、

色々な心理的な効果が
期待できます。

そのひとつは、

自己開示をする事によって
相手と自分との間にある
心理的な距離が縮まる事です。

二つ目は、

自己開示によって、

相手が、

「この人も自分と同じような
レベルの人間なのだろう」

と考えて好感を持つ
ようになることです。

自己開示が上手い人は
話しやすい人の特徴であり、

そういう人は話しやすい
雰囲気の作り方がうまいです。

直撃インタビューのように、

一方的に相手から
話しを聞き出そうとするのではなく、

打ち明け話のようにまずは
こちらから手の内を見せる
という事が、

コミュニケーションでは
重要になってくるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>