心のバリアを解く相手のプライド、自尊心をくすぐる方法


今回のテーマは、

心のバリアを解く相手の
プライド、自尊心をくすぐる方法

について紹介します。

人はどうしても見栄を張り
カッコつけてしまう動物です。

他人の視点が気になり、
ステータスゲームをしてしまう、

これは縄張り争いのような
動物的本能と同じものと
言えるのかもしれません。

が、人間が動物と違うのは、

自分たちを客観視する能力です。

こういった心理的傾向があると
自らを分析し意識することで、

学問として発展して来たのです。

これまでコミュニケーションスキル
という観点から、

相手の心を開くために
「褒める」というのは有効だ、

という話をして来ましたが、

相手を褒めて、

こちらのペースに持っていく
人間関係のテクニックの一つに

相手の知的プライドや自尊心を
くすぐると言う方法があります。

スポンサーリンク

相手の心のバリアを解く方法

例えば、

ある事を自分の知識や判断に
ついて相手に説明するときには、

「これこれについて、

あなたなら既に
ご存知の事でしょうが」

と言った前置きを
しておきながら、

説明したりする方法です。

「あなたの方が、もちろん
詳しいと思うんだけれども」

という前置きも有効です。

こう言う一言を前置きするだけで、

相手は自尊心をくすぐられ、

話しを聞かねばならない
という心理に追い込まれると言います。

こうして心を開かざるを
得ない状況を作ることも可能です。

ではどうして相手の知的プライドを
くすぐる必要があるのでしょうか。

それは、自分自身を無能だと
平気で言ってのける人でも

本心では自分を愚かな人間だとは
思っていないことが多いからです。

賢さというのは人間社会における
ステータスの一つですから、

自分を優位に立てようという
心理が働いてしまうわけです。

誰もがバカにされたくない思いを持つ

また、誰でも人前で

自分が愚かだと思われるような事を
したくないとも思っています。

バカにされたくないのです。

もし、自分の事を本心から
愚かだと思っていたとしても、

他人から自分の愚かさを指摘された
時は嫌な気持ちになります。

先ほどのテクニックを
逆に使えばどうでしょうか。

よくいるのですが、

頭ごなしに

「なんか言いったら分かるんだ、バカ!」

とか

「どうしようもないな、
出来が悪い奴に教えるだけで
こっちも疲れるよ。。

これはだな・・・」

などと無能さをアピールする
ような表現で前置きされては

聞く側も心のバリアを張り
素直に人の言う事を聞けなくなります。

心を閉ざすやり方なのです。

せっかくのアドバイスも聞く耳を
持たれなくなります。

相手のプライドをくすぐる方法

全く同じことを言いたくても、

それを前置きとしてこんな風に
言われたらどうでしょうか?

「よく頑張っている君でも
失敗が続く事もあるんだね。

もう一回教えるけど・・・」

つまり、大抵の人が、

知的だとか、
教養があるとか、

人生に熟達した訳知りの人間である
と思われたがっていると言えます。

それを全否定されては
人の話しも耳に入ってきません。

心にバリアが出来てしまうのです。

しかしこのバリアを説く為に、

相手のプライド、自尊心を
くすぐる前提が有効です。

催眠術師などはこのテクニックを
上手く使っていると言われています。

自尊心が心のバリアを溶かす

催眠術を上手くかけるには、

最初に

「催眠術というものは、

頭のいい人の方が
かかりやすいものです」

…と説明すると
かかりやすくと言います。

なるほど、確かに
そんな風に言われてしまうと、

催眠術をかけられる方の人は

自分は教養が高いから
催眠術にかかりやすいかも
しれないと考え始めます。

そう考えはじめたときは、

そでに自ら催眠術に
かかりやすい心理状態に
追い込んでいるという事になります。

まさに裸の王様という寓話は
こうした心理傾向を皮肉した
物語と言えるでしょうが、

人間の心理を考えると
非常に強力なものなのです。

だからこの人と
仲良くなりたいという場合、

「頭のいいあなたなら
分かると思うけど」

とか

「ファッションセンスの
いいあなたなら」

と言った調子で

相手のプライド、自尊心を
くすぐる方法で、

話すと心のバリアを開き
聞いてもらえるようになり、

好印象を持たれる事になるでしょう。

もちろん、悪用してはいけませんが、

人間関係をスムーズに進めるため
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>