過干渉、お節介も押しつけだと疎まれる、親切すぎる事の対処法

過干渉、お節介も押しつけだと疎まれる、親切すぎる事の対処法
今回のテーマは、

過干渉、お節介も押しつけだと
疎まれる、親切すぎる事の対処法

について紹介します。

人生は算数のように単純ではありません。

良いこと=正解、
悪いこと=不正解、

といったマルバツ式のテスト
のようにはいかないのが、

人間心理であり人間関係です。

例えば、

「お宅のご主人、さっき、
駅前でパチンコしてたわよ」

「あなたのとこの○○君
このごろ痩せてきたんじゃない?

ちゃんと朝ご飯食べてる?心配ねえ」

などと隣近所の奥さんに
言われたらどうでしょうか。

もちろんこれらの言葉は
親切なアドバイスな訳です。

ところが相手は親切のつもりでも、

受け取る側は

「何よ、失礼な」
「ウチの事は放っておいてくれ」

などと思うかもしれません。

お節介や干渉と言った事も、

人から嫌われたり疎まれたりする
原因になりやすいものです。

ただし、
過干渉、お節介が好きな
詮索をしたがる人は

好奇心がとても強いとも言えます。

そして、お節介を焼きたがるのは

もともと人に親切を
施したいというような

犠牲的な心根があって
のことでしょう。

ところがこれが裏目にでる
のですから、

人間関係をスムーズに
送るためにも、

このあたりはしっかり対処
しなければなりません。

スポンサーリンク

過干渉、お節介も押しつけだと疎まれる

親切な事は大切です。

人への思いやりを欠かしてはいけません。

しかし、

それは決して過ぎたもので
あってはいけません。

このあたりのバランスが重要なのです。

誰かに干渉しなければ人と親密
になる事が出来ませんが、

それは過干渉であっては
いけないのです。

人にはそれぞれ介入して欲しくない領域
というものがあります。

心のバリアを張るものです。

過干渉というのは、

その領域に土足で
踏み込むのと同じ事なのです。

友情を築く為には、

その人の持つ色々な
事情を知る必要があります。

しかし、それも最低限
程度にとどめておかないと

過度の詮索になってしまいます。

どれだけ相手の事を
思っていたとしても、

押しつけだと疎まれるのです。

「親しき仲にも礼儀あり」

という言葉がありますが、

それは家族や仲の良い友人、知人
であったとしても、

境界線は意識すべきなのです。

過干渉、お節介の対処法

ただ、そうしても
人の動静に強い関心を持って
しまう性格の人がいます。

そして領域を意識的か無意識かは
別として、乗り越えたがる人がいます。

人が今、何を考え、

何をしようとしているのかが
気にかかって仕方がないのです。

そうした人は、

常に人の動静情報を手にしていないと、

落ち着かず、
不安になるようです。

でも、そうして人の情報を得るのは、

単に自分の欲求を満足させる為
だけの行動になってしまいます。

いわば独りよがりの行動で、

人の事情をないがしろに
したものです。

そのために、

人に不快感を与える詮索に
なってしまう事も多いです。

対処法としては、

人の動静を知らないと
不安なのかもしれませんが、

そうした欲求はひとまず抑え、

相手が切り出すのをじっと待つ
という心の余裕が欲しいものです。

親切心からの行動なら
全てオッケーというのは、

未熟な精神です。

親切すぎる事は
相手の事を考えていない
好意にもつながるのです。

ある芸能人がこんな告白を
していました。

レストランなどにいくと

「これサービスです」

と料理を出してくれることがある。

自分のファンであるのだろうし、
その親切心は嬉しいのだが、

その親切心を無碍に断ることもできず、

結局、それを食べることで、

はじめに自分が食べたかったものが
食べられなくなる。

非常に複雑な心境だ…と、

これもある種のお節介、
親切すぎることが裏目に出た
サービスなのかもしれません。

親切すぎる事の対処法

もともと、

自分の生き方や考え方に
自信やプライドを持っている人は

あまり人のプライバシーには
踏み込まないものです。

自分が堂々と生きて
いるのですから、

人のことまで気にしない
という事なのでしょう。

これに対して、

自分の生き方に
自信のない人ほど、

人のことが気になって
仕方がなくなるようです。

人の事情を知る事で自分と比較し、

一喜一憂し、それで
自分の物足りなさを解消
しようとしているのでしょう。

結局、絶えず周囲に
目を配っておかないと、

いつ自分が傷ついたり、火の粉を
かぶるか分からないという不安が、

他人への過度の詮索という
行動を生んでいるのです。

なのでまずは自分の足元を見る、
土台を固めることから始めましょう。

そして親切との名を借りた
余計な詮索は辞めましょう。

そうすれば自分自身も楽になり、
他人との付き合いもスムーズになります。

過干渉、お節介も押しつけだと
疎まれるので注意が必要です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>