腰の低い人の特徴、丁寧すぎる人間関係は事は逆に無礼となる

腰の低い人の特徴、丁寧すぎる人間関係は事は逆に無礼となる
今回のテーマは、

腰の低い人の特徴、丁寧すぎる
人間関係は事は逆に無礼となる

について紹介します。

相手を尊敬して、丁寧に
礼儀よく接することは、

もちろん人間関係における
大切な美徳でしょう。

それができないようでは

信頼関係のおける人間関係
など作れるはずもありません。

が、ただここでも「過度」な
場合だと逆効果にもなるのです。

もしかしたらこれは日本人
特有のことかもしれませんが、

ある落語家の大師匠は
とても腰の低い人だったらしく、

楽屋で自分より技量も年齢も下の
前座の人などに出くわした時でも、

非常に丁寧なおじぎを
したと言います。

それも、まるで畳に額をこすり
つけるほど深く体を折り曲げるそうで、

本人にしてみれば、

「前座であろうと真打ちであろうと、

人間というものは分け隔てなく
接しなければいけない」

と言った人生哲学を
持っていたそうですが、

お辞儀をされた方の
前座の人たちには、

師匠の腰の低過ぎる丁寧なおじぎが
とても評判が悪かったそうです。

丁寧な事は普通は肯定的な事ですが、

腰の低い人、丁寧すぎる人は
逆にデメリットもあるのです。

スポンサーリンク

嫌われる腰の低い人の特徴

「過ぎたるは猶及ばざるが如し」

と言う諺があるように、

これが人間心理の面白い
ところでもあります。

目上の人、偉い人が
あまりに腰が低いと、

自分たちのような
ペエペエを揶揄する為に

わざとそんなバカ丁寧な挨拶
しているのではないか

と受け取ってしまうことがあります。

つまり、

師匠がよかれと思ってやった事が、

弟子たちには通じていなかった

…ということです。

コミュニケーションというのは

一方的なものでなく
あくまで双方向のもの

ともすれば伝わっていない
という時点で、

師匠の方にも問題がある訳です。

腰が低い人の特徴はどこでも
うまくやっていけると言いますが、

慇懃無礼という言葉もあります。

丁寧すぎたり、腰が低過ぎると、

弱に相手を尊重していないと
受け取られる事があります。

人間関係では適度な敬意
というのがあって、

それを超すと逆に無礼に
なる事があるのです。

丁寧すぎる人間関係は事は逆に無礼となる

人から疎まれたり、

嫌われたりすると言う
原因の一つは、

そうした何でもない事が
原因になっている事が特徴の
ケースが非常に多いです。

誤解から生まれることですが、

言葉というのはそもそも
不完全なものなのです。

そこから関係がギクシャク
することもあり得る訳です。

それは、親しい間柄でも
ちょっとした気の使い方が

ボタンのかけ違えを起こして
いるときによく起きます。

例えば、

お金持ちの人が知人に

「いやあ、すごいブランド
のハンドバックねえ。

とてもそんないいものを
私は買えないわ」

と、お世辞のつもりで
言ったとしたらどうでしょうか。

言われてみた方としてみれば、

バッグを褒められて嬉しい
という思いよりも、

何か皮肉を言われた嫌味を
言われた気にならないでしょうか。

同じように、

腰の低い人、丁寧すぎる人も
そういった印象を与えかねません。

丁寧でも何事も過度は禁物

「全然そんなつもりで
言ったんじゃないのに…」

と金持ちが言ったとしても

その言葉から通じる場合と
通じない場合があるのです。

人間性が極端に良くない
為であるとか、

欠陥人間であると言った事よりも、

むしろ本人の思いが周囲の
人たちには通じないものである為に

自ら不興を買っている
という事が多いです。

要するに、

そういう人は、自分を
演出する方法が下手なのでしょう。

他人から理解される為には、

自分だけの思いを
貫き通すのではなく、

相手がどのような人間で、

どう感じているかという事を
察して近づいていく事が

必要なのではないでしょうか。

それこそコミュニケーションスキル
を伸ばす道ともいえます。

自分本位で行けば、どんな態度
でも無礼になりかません。

単に、誰にでも
腰を低くしていれば、

人が心を開いてくれる
という訳ではありません。

もちろん腰が低い事は
悪い事ではありません。

丁寧な人間関係を
心がける事も悪くないです。

でも、過度の平身低頭は、

かえって評価を下げこそすれ
上げる事はないのです。

この辺りのバランスを
注意しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>