信頼できる友人、親友の作り方、友情を築くには努力が必要

信頼できる友人、親友の作り方、友情を築くには努力が必要
今回のテーマは、

信頼できる友人、親友の作り方、
友情を築くには努力が必要

について紹介します。

あなたは「努力」という
言葉にどんな印象を持ちますか?

友情を築くのに努力なんて…

という思いを感じる人も
いるかもしれませんが、

何かしら理想的な状態に
持っていくのに、

努力なしでは不可能だと思います。

バラでも菊でも、

手をかければかけるほど
美しく大きな花が咲きます。

アートでも音楽でもスポーツでも

練習という行為を通じて
上達していくものです。

自分は何もしないのに

人との出会いに恵まれない、
友人が中なかなか出来ない

と嘆く人がいますが、

これは何か勘違いしている
と言って良いでしょう。

スポンサーリンク

人間関係の絆作りに手間暇かける

確かに、心から信頼できる
友人を得るのはなかなか
難しいです。

ただ、

人は星の数ほどいるのですから、

ウマが合う人、気が合う人を
得るチャンスは、

それこそ無限にあるのです。

しかし、

数の上では多くの人たちと
出会いはあるものの、

その中で本当の親友になれる人は
ごく少人数に限られるものです。

だからと言って、

自分には絶対に本当の
信頼できない友人は出来ない

と決めつけてかかるのは
よくありません。

適切な順番で適切な行為をする、

そうすれば必ず、

信頼できる人間関係の
絆を作り出すことができます。

そうです。

絆というのは天から降ってくる
訳ではありません。

あなたとその人の間で
築いていくものなのです。

信頼できる友人、親友の作り方

先ほど言ったように、

友人関係を作るには

雑草のように何の手を
加えてなくても

自然に生えてくるもの
ではないのです。

友情も自然発生はしません。

仮に発生したとしても
そこに手入れを加えなければ、

必ず枯れてしまうのです。

植物ですら、

自分でタネをまいて、
水をやり、肥料をやらねば、

立派な花をつけてくれません。

それと同じで、

努力をしない所に人間関係は
花も実もつかないのです。

友人の作り方、友情の築き方

というケースでも
本人の努力が必要なのです。

もちろん人間関係は相手も
関わってくる事柄ですが、

やはりまずは自分からです。

友情を築くには努力が必要

では、どんな努力をすれば
良いのかと言えば、

やはり人が多く集まる場所に出掛けて

多くの人と話しをするのが
早道でしょう。

あるいは、今、自分がいる
周囲の人間関係を見直して、

誰かともっと親しくなれないか
と考えるのも良いでしょう。

このサイトで紹介する
ノウハウやテクニックを

一つずつ実践してもらうのも
良いでしょう。

ただし、注意したいのは、

ウマが合わないと感じる人
嫌いな人と仕事をしたり、

つき合うときになりがちな
ことですが、

あるいはプライベートと仕事を
切り分けて考えてしまう場合、

感情をあまり入れないで、

ビジネスライクに遣り過ぎて
しまう事が多いという事です。

「これをいつまでにやってほしい」

ではなく、

「お忙しいでしょうけど
いつまでにお願いできると
大変助かります」

というだけで、

相手のあなたに対する
印象は大いに違うはずです。

目の前の人を一人ずつ
大切にしていく態度こそが

信頼できる友人、親友の作り方
の第一歩なのです。

信頼できる友人を作るには相手中心

努力といってもほんの少しの
気遣いからで構わないのです。

つまり、

自分中心ではなく、
相手中心で考えるのです。

自己中心的な考え方では、

なかなか人の心を
掴む事は出来ません。

「あなたは私が信頼できる
友人であるべきで、

親友になりなさい」

という相手の事を考えない
自分中心の態度では

真の友情は生まれません。

自分の利益やプライドを
守る事はもちろん必要ですが、

一緒にいる相手の事を
まったく考えに入れないで
行動する事は出来ません。

残業続きの同僚がいたとしたら
自分のやる事は終わっているから、

さっさと帰っても
良いではないか、

という理屈もあるでしょうが、

帰るときに一言

「何か手伝う事ある?」

と声をかけてあげるだけで、

単に挨拶代わりと
分かっていても、

相手は感激するものです。

あくまで会社は共同作業の場
であるという認識を持つ事です。

そうした他人への思いやりが、

結局は、あなたが他人から
理解される道へとつながって
いくのです。

あなたのコミュニケーションスキルは
こうして伸びていくものです。

自分本位でなく他人の事を考える

それが信頼できる友人、
親友の作り方の極意なのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>