自分の欠点は他人には魅力に映る、欠点を長所、特徴にする方法

自分の欠点は他人には魅力に映る、欠点を長所、特徴にする方法
今回のテーマは、

自分の欠点は他人には魅力に映る、
欠点を長所、特徴にする方法

について紹介します。

木を見て森を見ず…と言う
言葉がありますが、

悩みや問題を抱えそこで
身動きが取れていない人は、

視野が狭くなっていることがあります。

少し視点を変えたり広げたりすれば
解決方法は簡単に見つかったりします。

「自分に自信が持てないから
人と付き合うのが億劫だ」

と思っている人がいます。

最近は外見、特に肉体に
関する悩みから、

人付き合いが嫌になって
引きこもってしまったり、

或は過食症や拒食症などの
摂食障害になる人が
多くなっています。

しかしそれは一方的な
思い込みに過ぎないわけです。

自分は自分の欠点を強く
認識してしまう動物です。

「少しばかり唇が厚い」

とか

「太っていて格好が悪い」

とか

体臭が強い」

とか

「年齢より老けてみられる」

など、さまざまな
肉体的コンプレックスが
悩みのタネになっています。

しかし問題は、

欠点そのものではなく、

その欠点にこだわり、

それが全てだと
思い込む所にあります。

「こんな冴えない私は
会社の落ちこぼれだ・・」

「太っているから彼氏が出来ない」

他人から見れば欠点には見えず、
むしろ魅力とすら見えていても、

自分が欠点と強く思い込みすぎて
人生損している事が多いのです。

スポンサーリンク

うまく行かないのは欠点のせいでない

例えばパンダという動物を
見てあなたは何を感じるでしょう?

多くの人が可愛いという
印象を持っていますが、

私はパンダは怖いと感じます。

クマを見るように恐ろしい
と感じてしまうのです。

このように同じ対象を見ても
感じることは様々です。

自分が感じることは
あくまで一つの視点です。

横から縦から斜めから見ると、

全く違うように見えるから不思議です。

「私は目が細くて一重だから
彼氏もいないし、モテないんの・・」

と悩んでいる人がいます。

このように、

例えば一重まぶただから
彼氏が出来ないと思い込むのは、

自分が恋愛が下手であることを
一重まぶたのせいにしている
にすぎないのです。

できることはたくさんあります。

それならば、
そういった悩みを持つ人が、

整形をして二重まぶたになれば
モテるようになるのかと言えば、

そうとも言えないのです。

外見の変化に注目する人は
いるでしょうが、

内面が変わらなければ、

結局はモテない自分の
ままであることが多いです。

欠点を見てクヨクヨするのでなく

むしろ欠点を長所、特徴して
相手に近づけば良いのです。

そうすればその欠点も他人には
魅力に映るようになります。

あなたの知人の中にも

「え、あの人が?」

と思うような正直あまり
整っていない外見の人が

あなたもうらやむような
異性と結婚して驚いたという
経験はないでしょうか。

そういった人は、

内面から恋愛上手、
人付き合いが上手であるのです。

欠点もうまく長所や特徴に
する方法を心得ているのです。

自分の欠点は他人には魅力に映る

例えば、

そういう女性であれば、

男性と食事に行ったときに、

御馳走してもらえば、
必ずお礼のメールを入れたり、

次に会うときには、

負担にならないものを
手みやげに持っていったり、

誕生日をキチンとメモしておき、
カードを送ったり、

これだけでも、

なんと細やかな神経を
持った女性なのかと、

グッと株が上がるというものです。

外面がどれだけ綺麗でも
内面がひどければ

やはり魅力は感じません。

もちろん、

美容整形を否定する
訳ではありません。

最近のプチ整形ブームで
自分に自信が持て、

性格まで明るく
なれるというのなら、

それも悪い事ではありません。

外見が武器になることを
否定はしません。

しかし最も肝心なのは、

コンプレックスに苛まれて
いる人の多くは、

何事にも消極的になりがちで、

ネガティブな思考に
陥りがちになるという事です。

内面の切り替えが重要です。

むしろ魅力をアピールして
長所で勝負すべきなのです。

欠点を長所、特徴にする方法

このネガティブな思考が

実はコンプレックスを
生んだのであり、

それを解決しなければ、

本当の意味でコンプレックス
から解放されたとは言えません。

もし劣等感がなければ、

人は努力しようとは
しないでしょう。

劣等感は生きる為の
バネのようなものであり、

人生を生き抜く為には
不可欠なものなのです。

例えば、

目が小さくて細いという事に
コンプレックスを持っていたら、

それを欠点と思わず、

自分の個性を売り出す為の
道具だと考えれば良いのです。

ヨーロッパでは

東洋人のモデルに西洋人並みの
スタイルを求めている訳ではないです。

あくまでも東洋人にしか
見られない個性を求めています。

例えば、

細くて切れ長な目、
あくまで黒い髪、
きめ細かな肌等々で、

低い鼻であっても、高い鼻の
モデルの中では個性となるのです。

「欠点」を「長所」や「特徴」
にしてしまうのです。

それが人とうまく付き合う
ポジティブな方法なのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>