人間関係構築の為の贈り物・プレゼント術のテクニックと効果


今回のテーマは、

人間関係構築の為の贈り物・
プレゼント術のテクニックと効果

について紹介します。

ただ価値のあるものを渡せば良い

と簡単に考えられがちな
贈り物一つでも、

人間心理を踏まえて贈れば、

より効果的になります。

まず最初に考えたいのは、

プレゼントやお土産と聞くと、
普通は本人に直接手渡す

と考えられがちですが、

直接本人に手渡すばかり
とも限りません。

人と仕事をするときには、
仕事相手だけでなく、

その背後に別の担当者がいたり、
チームを組んでいるケースもあります。

そこまできちんとフォロー
してこその人脈術です。

そうなると、手土産やプレゼント
と言うのはひとつだけでなく、

三つ必要な場合もあるでしょう。

人間関係はネットワークである

と言う事を忘れてはいけません。

点と点だけで人のつながりを
考えている人は、

人脈作りの初心者と言えます。

その人とつながっている人間関係まで
踏まえて準備をする、

これが贈り物・プレゼント術の
基本となります。

スポンサーリンク

家族への贈り物・プレゼント術は喜ばれる

あなたと直接関わりのある、

その人のためを思って
プレゼントを考えるというのは、

もちろん大切な心遣いですが、

その人の周りにいる人まで
想像力を働かせて、

喜んでいる姿をイメージしながら
贈り物をすれば、

もっと効果的なテクニックになります。

また、親しく付き合っている相手には、

その家族へのプレゼントが
効果的だったりします。

取引先の男性と仲良くなったら
その人の奥さん、子供へ

何かプレゼントできないかと考えます。

私の知人の経営者は
取引先の相手でなく、

その奥さんに演劇のチケットを
プレゼントします。

それだけではなく、
非公開の場所に案内したり

サプライズ的なプレゼントを
用意する事もあるそうです。

そこで奥さんの好みを把握して
仕事につなげているという事です。

ちょっとした心遣いテクニックの効果

またこういう例もあります。

ある有名な著者に
出版契約書が届いた時に、

著者はいつもと違う
雰囲気に気が付きました。

書類がウサギのマーク入りの
クリアフォルダに入っていたのです。

その著者がウサギのキャラクター好き
と言う訳ではなく、

その編集者は、著者の
マネージャーである女性が、

契約書を管理している事を
知っていたので、

最初に封筒を開ける
マネージャーに見てもらうために、
このクリアフォルダを用いたのでした。

著者の先生と気持ちよく仕事をするために
マネージャーの心を掴んでおくことが
最善である事を、

その編集者は理解しているのです。

本当にちょっとしたことなのです。

しかしそれが人の心に残るの
ですからこれも非常に効果的です。

できる人の仕事に仕方だと、
この話を聞いて感心しました。

人間関係を作るお歳暮、お中元の秘訣

また贈り物と言う意味で

お中元やお歳暮を贈るべきか?

と言う話ですが、

個人的には、

仕事関係でなくても、お世話に
なった外部の方に贈り物をするのは、

大変素晴らしい事だと思います。

ただし、お中元やお歳暮
という名目で贈り物をすると

その後もずっと継続する必要があります。

何か品物を送るのであれば

「御礼」という形式で
自分の気持ちを伝えるのも
一つのテクニックと言えるでしょう。

何か一つの仕事が完成した
区切りを持って、

御礼の品を送っておくと、
次の展開につながる事があります。

記憶にも残りやすくなります。

私はある仕事で打ち合わせをした後、

相手の方から筆ペンを頂いた事があります。

持ち帰りの邪魔にならずに
大変使いやすいもので、

行き届いた心使いに感激した事があります。

筆立てにおいてある
そのペンを見れば、

今でもその人の事を
時折思い出すこともあり、

また仕事をしたいと感じます。

またお中元、お歳暮をもらったとき
のテクニックとして、

すぐに相手に電話で連絡を取ると
その後の人間関係はスムーズになります。

感謝と言うのはなるべく早く
生の声で届けた方が良いからです。

単にお礼を言うだけでなく

「美味しかった」「良いものだった」

など感想も伝えるようにしましょう。

この人脈作りのためのプレゼント術と言うのは、

大切なのは、相手を大切にしている
という誠意をさりげなく物の形で
あらわしてみると言う事なのです。

こうしたちょっとした
テクニックを意識すれば、

より人の心を掴む贈り物
ができるようになるでしょう。

ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>