長期的な人間関係を発展させるのは電話よりメールにメリット


今回のテーマは、

長期的な人間関係を発展させる
のは電話よりメールにメリット

について紹介します。

人類がもたらすテクノロジー
の進化は凄まじいものがあり、

未来においても非常に
楽しみな部分があるわけですが、

コミュニケーションツールとして、

電話の出現というのはまさに
社会を変える発明だったわけで、

一気に人々の距離が縮んだものです。

そして次のコミュニケーション
ツールにパラダイムシフトが
起きたのは、

電子メールではないでしょうか。

最初はパソコンマニアだけ
が使うマイナーなものでしたが、

現代社会ではすでになくては
ならないものになっています。

とは言え、やはり
コミュニケーションの手段として、

メールにもメリットと
デメリットがあるわけで、

その使い分けができてこそ、

人間関係もスムーズにいきます。

ここで私的な見解ですが、
簡単なアドバイスをしたいと思います。

スポンサーリンク

電話よりメールにメリット

長期的な人間関係を発展させるのは
電話よりもメールだと私は思っています。

初対面の人とでも、
一度くらいはメールのやり取りが
成立する事があると思うのですが、

「本日はありがとうございます。
これをご縁に今後ともよろしくお願いします」

「ご丁寧にありがとうございます。
こちらこそよろしくお願いします」

とお互いにメッセージを交換する。

人間関係の始まりと考ええれば
とてもいい感触だと思います。

一方で、最初の滑り出しは好調ですが、

いかんせん後が続かないという
事もよくあります。

次のメールのきっかけがつかめないまま、

気がつけばあっという間に、
時間が過ぎていきます。

たくさんの方とメール交換したとしても
こういうパターンって案外多いですね。

人間関係は長期的に発展するもの

ここからどうやってメールのやり取りを
続ければいいのかを思案する人も多いでしょう。

ここで理解して欲しいのは

人間関係と言うのは得てして
「そういうもの」であるという事。

すぐに関係が発展しなくても、
ちっとも焦る事はありません。

ここで気をもんでしまい、
脈絡もなく「元気ですか?~」
などとメールを送っても

ビックリされる事が関の山でしょう。

相手の都合を無視して、
コンタクトを取ろうとしたのでは
逆効果です。

むしろ長期的に考える方が
うまく行くものなのです。

人間関係を悪化させる電話の活用法

特に挨拶程度の要件で
電話をかけてしまうと、

先方の仕事を中断する恐れもあります。

忙しい相手によっては

「こんな事で電話をかけてくるなんて…」

と不快に思われる可能性もあります。

もちろん大切な用がある場合、

メールよりも話しができる
電話と言うのは便利ですが、

基本的に電話や携帯電話をかけるのは
緊急時に限るとして、

通常はできるだけつつしんでおくのが
礼儀だと感じます。

以前の固定電話であれば、

9時以降くらい夜にかけることは
よほどの急用でなければ、

無礼にあたるものでした。

携帯電話に変わりこの辺りの
気の使い方を忘れてしまいがちですが、

いつでも話せる電話な分、

印象的にはデメリットにも
なりかねません。

また個人的には
メールの文章にも

もっと気を使うべきだと考えています。

例えば

「お世話になります」

などとメールの文頭に
書く人が多いですが、

まだ余り面識の無い人からの
メールにも書かれている場合もありますが、

正直

「私はあなたにどれだけお世話をしたの?」

と感じてしまいます。

メールの文面も意識しましょう

こう言った何気なく使用する文言を
「紋きり表現」と言いますが、

こうした紋きり表現を使って
メールを送ってくる人は

本気で人間関係を築く
意思があるのかと疑問に思ってしまいます。

メールの言葉遣いというのは
案外見られているものです。

友人に気軽に送るメールなら
もちろん構いませんが、

仕事につながるかも知れない、

長期的に関係を築きたい人への
メールの文章には、

しっかりと気を使うべきです。

紋きり表現を使っている限り
相手の心の中に入っていく事は
不可能だと考えておきましょう。

もちろん長期的な人間関係の
発展もあり得ないのです。

メールでは文字は相手の
ペースで読まれますし、残るものです。

だからこそ一字一句を
大切にする意識を持つべきなのです。

これまで「紋きり表現」を
無意識に使っている人がいれば

この辺りを意識してみましょう。

コミュニケーションツールとして
様々なメリットがメールにはありますが、

うまく使いこなせてこそ
初めて役に立つものです。

いずれにせよ、相手に心理的な
負荷をかけるのは得策ではありません。

時間的な負担を掛けるのは論外です。

ここではじっくりと時期の到来を待ちましょう。

仕事が動くときには、本当に動くものです。

しかし動かないときは、
いつまでも動かないものです。

人と人との関係もそういうものだと割り切って

ゆっくり機が熟すのを待つのが肝心です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>