人生前向きに生きる人は、人に助けられる、支えてくれる人がいる

人生前向きに生きる人は、人に助けられる、支えてくれる人がいる
今回のテーマは、

人生前向きに生きる人は、人に
助けられる、支えてくれる人がいる

について紹介します。

人間関係という言葉がありますが、

関係というのは、

関わって、係わる、ことです。

二つ同じ意味を重ねるほど、

人間同士は関わり係わり合い
助け合い、サポートしあい、

繋がって生きているのです。

あなたはこんな風に
思っていないでしょうか?

泣き言なんて言ったら、

人から

「可哀想な人」

とみなされてしまうから、

歯を食いしばって一人
頑張っていないでしょうか。

愚痴なんてこぼしていたら

弱い人間である事を
自ら認める事になる、、

と虚勢を張って孤独に
頑張っていないでしょうか。

人に助けを求めること
なんてしたら、

自分自身に負けるのだと、

一人で頑張っていないでしょうか。

精神的なタフさを求める
あなたにあえて言いたいです。

「そんなに頑張る必要はないですよ」

と、

スポンサーリンク

助け合いながら生きていくのが人間

ときには、泣き言を言い、
愚痴をこぼしたり、

人に助けを求める事も、

「上手な感情コントロール」

であると心得て欲しいのです。

人生前向きに生きる人は、
人に助けられる事を知っています。

必ず支えてくれる人がいるのです。

人間が一人でできることなど
たかが知れているのです。

人は一人では幸せに力強く
前向きには生きれません。

辛いときには助けを求める…

これが大切な事なのです。

もちろん誰かが困っていれば、

助ける、支えることも重要です。

一人で歯を食いしばって
頑張っているとどうなって
しまうのでしょうか。

ストレスが溜まり、
感情の浮き沈みが激しくなってきます。

全てを投げ出したい
そんな気持ちになってきます。

不安で、いたたまれない
気持ちになってきます。

その為に結局は、

自分に負けてしまい

心身に傷を負うような出来事に
巻き込まれてしまいます。

結局、誰かから手を貸して
もらわなければ行けなくなり、

弱々しい人間の仲間入り
をする事になるのです。

本当の意味での精神的な
タフさは身につかないのです。

人生前向きに生きる人の特徴

一人で強がっていると、

やがて何かしらのダメージを
受けてしまうようになります。

しかしそこまで放ってくと、

その手を貸してくれる相手は、

あなた望んだ人でなかったり、、
メリットなしでは助けてくれなかったり、

これでは前向きに生きる
事なんて難しいでしょう。

その意味で大切な事は、

良き家族、良き友人を

持つ事でしょう。

そして彼らを大切にすることです。

当たり前のことですが、

人生を豊かにする最高の
成功法則はここにあると思います。

自分を包み隠さす事なく
泣き言を言い、

正直に愚痴をこぼし、

恥も外聞もなく助けを
求める相手がいるかどうかです。

人生前向きに生きる人は、
支えてくれる人がいるのです。

そうやって支えてくれる人が
身近に一人いるだけでも、

あなたの人生はだいぶ
前向きなものになります。

本当の意味で

「頑張りが利く人」というのは、

一人で頑張っている人よりも、

人に支えられている人の方です。

支えてくれる人がいること

一人でもあなたの理解者がいれば
あなたの人生は確実によくなります。

ですから、あなたも誰かの
真の理解者になって欲しいのです。

大きなチャレンジをして、

自らから背中を押してしまい、
倒れそうになったときでも、

肩を抱えてくれ、

励ましの声もかけて
くれる人がいる方が、

感情に振り回される事なく、

着実に、しっかりと
前へ進んで行く事が出来ます。

そういった人たちなしで
人生を歩むということは、

安全ネットのない状態で
綱渡りをするような、

常に精神的にビクビクした
不安定な状況で生きるようなものです。

精神的タフさを持つ感情の
コントロールがうまい人の後ろには、

必ず、その人を支えて
くれている人たちがいるのです。

その人たちのおかげで

何倍もの力を発揮
しているのです。

そしてそういう人を
助け、支える事ができるのです。

こうした助け合い、支え合いの
人間関係
の中で、

真の成功や、充実した人生
は生まれてくるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>